2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

メインサイト

« はふうでお好み焼き。 | トップページ | GRAND MARBLE。 »

2011-01-12

『教育の職業的意義』

『教育の職業的意義ー若者、学校、社会をつなぐ』本田由紀・ちくま新書

教育に職業的意義は必要か?
企業は特に大学に職業訓練を期待していない。
だからどこを出たか、ではなくどこに入ったかが問われる。つまりどんな大学に入れる程度の頭を持っているか、大学はその程度にしか見られていない。多分、それは評価者の実体験に基づく判断だろうし、それが間違っているなどとも言えない。多くの人々が実際にそう感じていることだろうから。

新書にふさわしく、本書は問題提起をしているに過ぎない。高等専門学校の有用性について書いてはいるが、私には納得できるほどの内容ではない。
結局、社会、教育機関、受益者(≒若者)のいずれの視点に力点を置いているのかも見えない。
なんとももどかしい1冊だと思ったが、あとがきで得心がいく。
やはり読むべき1冊。

« はふうでお好み焼き。 | トップページ | GRAND MARBLE。 »

コメント

Excellent entry. I have been previously seeking ages and you offered me a lots of information.

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105683/50564831

この記事へのトラックバック一覧です: 『教育の職業的意義』:

« はふうでお好み焼き。 | トップページ | GRAND MARBLE。 »

最近のトラックバック