2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

メインサイト

« 『さよならもいわずに』 | トップページ | 『世界音痴』 »

2010-11-18

『万延元年のフットボール』

『万延元年のフットボール』大江健三郎 講談社文芸文庫

学生に「おもしろいですよ」と薦められた一冊。
うねうねとどこにも行けそうに無い物語がつづく。その閉塞感は、『破戒』も似た。

顔と頭を真っ赤に塗って肛門にきゅうりを刺して死んだ友人。
生まれた子どもは障がいを抱え、主人公と妻は施設に預ける。
安保運動で傷ついた主人公の弟。そのシンパの若き二人。

彼ら、主人公・蜜、妻でアルコール中毒に静かになりつつある妻・菜採子、蜜の弟・鷹四、
シンパの星男と、桃子は、鷹四と蜜の故郷へと向かう。そしてそこで鷹四は万延元年の一揆をなぞるように、村の若者とフットボールをはじめる。

クライマックスでのめりこみすぎて、通勤電車の途中で気持ち悪くなる。グロテスク、というか残酷なシーンがいくつかある。「あ、このまま中途半端に終わるのかな?」などと思ったら、結構しっかりオチていた。
五木寛之の『戒厳令の夜』や、村上春樹や村上龍の源流になんだか触れたような気分になれた作品。
お薦めしてもらったとおり、面白い1冊でした。

« 『さよならもいわずに』 | トップページ | 『世界音痴』 »

コメント

Thanks a lot, I appreciate it!

"I was basically a novice to your Facebook globe in 2009 and they're several difficult critics. That they in fact assist you to own it, yet I merely started out tallying along. 'Yeah, you might be appropriate, I just blaster, I'm just awful, I needed an undesirable online game. Broca begun the technique of localization within the 1860s, regarding his story of this system of the remaining hemisphere the cause of presentation perform, then Hughlings Jackson's bottom line through the scientific studies that will convulsions during one facet of this physique are generally because of put out coming from selected convolutions of this cortex for the complete opposite end with the mental. (Hippocrates obtained spotted the following connection to some extent previously around the documents about accidents to your mind, though the know-how ended up being immersed.) Scientific studies upon electro-mechanical delight of this human brain from wildlife inside 1870s guaranteed Hughling Jackson's suppositions. Within following a long time, electroencephalography progressed a prognosis involving epilepsy, as well as the localization from her website from origins while in the mental.

http://www.monroussillon.ca

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105683/50059445

この記事へのトラックバック一覧です: 『万延元年のフットボール』:

« 『さよならもいわずに』 | トップページ | 『世界音痴』 »

最近のトラックバック