2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

メインサイト

« 白パルムにコーヒーがけ。 | トップページ | 意外によいなあ。 »

2010-09-13

『トーマの心臓』

周りの漫画好き女性陣からぜひ読めと言われていた萩尾望都『トーマの心臓』(小学館文庫)読了。
物語としてはよくできているがもりこみ過ぎ。キャラクターが薄っぺらい、と感じてしまう自分は所詮は狭量な男に過ぎない。でもまた世界は少し広がった。
ギムナジウムで死んだ少年トーマ。彼の死が遺された仲間たちに残したもの。日を経ずしてやってきた転校生。彼は亡くなったトーマにとても似ていた。しかし、天使のように優しいトーマと違い、転校生エーリクは生命力に満ち溢れた活発な少年だった。トーマの上級生であったユーリは、トーマの死、トーマによく似た転校生の登場に激しく心を乱される…。
漫画といえば私は共感できてなんぼ、なんだが、みるもりさんいわく、この漫画は感覚を伝えるものだ、と。なるほど。価値観自体変えなくてはならないのか。
ひとつまた勉強になった。

« 白パルムにコーヒーがけ。 | トップページ | 意外によいなあ。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105683/49431612

この記事へのトラックバック一覧です: 『トーマの心臓』:

« 白パルムにコーヒーがけ。 | トップページ | 意外によいなあ。 »

最近のトラックバック