2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

メインサイト

« 『カンガルー日和』 | トップページ | 『水木しげるの遠野物語』 »

2010-08-15

『夜と霧』

『夜と霧』ヴィクトール・E・フランクル みすず書房
いつだったろう?かなり前に、「リーディングラボ関西版」におじゃました際にご紹介頂いた1冊。
ナチスによる強制収容所に送られたユダヤ人の精神医が、その悲惨な体験をできる限り感情をこめずに冷静に記録した作品。どれだけ冷静に客観的に書いてもその悲惨な体験は目をそむけたくなる。彼が生き残れたのは数々の奇跡的な偶然が重なったことによる。しかし、戦後も体験した人々の精神的な傷は癒えない。ともに強制収容所に送られ、帰ってこなかった家族が居た人々。あるいはその時の体験を周囲の人々が十分に理解できない(あまりに大変なその体験を体験できない人が認識できるはずもない)ために、1人で苦しみ続ける人。逆にその体験があるがゆえに傲慢になってしまった人。そしてそういう極端でなくともやはり人に語ることのできない傷を心の底に残す人々。

わたしたちは、おそらくこれまでのどの時代の人間も知らなかった「人間」を知った。では、この人間とはなにものか。人間とは、人間とはなにかをつねに決定する存在だ。人間とは、ガス室を発明した存在だ。しかし同時に、ガス室に入っても毅然として祈りのことばを口にする存在でもあるのだ

人々はただ、泣き叫び絶望するのではない。収容所でも人々は生き続ける。悲惨ではある。しかし同時に人はどんな環境でもやはり生きているのだ、ということを実感させられる。しかし、あまりに惨い。
読んだのは確か7月。日本人にとって戦争を特に意識する8月を前にこの本を読んだことがとても大事な体験だったと思った今年の夏であった。

« 『カンガルー日和』 | トップページ | 『水木しげるの遠野物語』 »

コメント

I really liked your blog post.Really looking forward to read more. Keep writing.

There is certainly noticeably a bundle to know about this. I assume you made certain nice points in capabilities also.
isabel marant boots http://www.shop-isabelmarant.com

Freytag referred to as sense of balance your "use the item as well as shed it" idea. "There are usually a lot of instruction during fitness gyms with regard to individuals more than sixty, inch the woman explained. "The largest element those of you that are usually sportsmen by now would be to hold beneficial and look at the undeniable fact that you'll coach wiser.

http://www.monroussillon.ca

you have a fantastic weblog acceptably here! would you prefer to make a little invitation posts on my blog?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105683/49156475

この記事へのトラックバック一覧です: 『夜と霧』:

« 『カンガルー日和』 | トップページ | 『水木しげるの遠野物語』 »

最近のトラックバック