2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

メインサイト

« 昨日から沖縄。 | トップページ | どこへ通じているのか? »

2010-08-30

『琉球歴史の謎とロマンその一』

『琉球歴史の謎とロマンその一 総集編&世界遺産』亀島 靖 沖縄教版

沖縄県立博物館・美術館を訪問した。しかし携帯電話が圏外。さすがに仕事上まずいだろう、ということで博物館をざっくり拝見後退館。でも情報をもっと知りたかったのでミュージアムショップで一番、沖縄のことをざっくりわかりそうだった本書を手にする。

全体として、著者の推測の域を出なさそうな部分が多々見られる気もするが、タイトルである「謎とロマン」という意味ではまさに双方を感じた良書。まさに名が体をあらわした、ということで。風水信仰の強い沖縄なのに、なぜ首里城は南ではなく、西を向いて建てられたのか?という疑問はなるほど、と思うし、倭寇と琉球王朝との関係の謎とかも興味深い。総体としてとても面白い1冊でした。

« 昨日から沖縄。 | トップページ | どこへ通じているのか? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105683/49292734

この記事へのトラックバック一覧です: 『琉球歴史の謎とロマンその一』:

« 昨日から沖縄。 | トップページ | どこへ通じているのか? »

最近のトラックバック