2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

メインサイト

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010-07-31

駅の壁で。

駅の壁で。
蛾ではないよなあ?でも羽を広げてるなあ。

2010-07-28

あちこちでかもし気味?

帰りの電車。隣のお兄さんはいい感じに発酵した臭いをただよわせて寝てた。
研究室棟の給湯室からもまた別の発酵スメル。しかも引き出しからはGからはじまる黒光りするニクイヤツがかさこそと。
食堂の女子トイレの前からもそんな臭い。
そして帰り道の池の周りの草地からもなかなかな蒸れた臭いが。

いやあ日本の夏だね。

5月病かも。

学校に行きたくない。日々テンション低め。

異動後2ヶ月してるところから、なんだか5月病のような体で。

今一つ何をやっているかよくわからないのが原因だろうなあ。

加えて、前期のばたばたが一応終わったことに起因するのかも。まだ相変わらずばたばたはしているのだが。

2010-07-27

さるすべり。

この間、バスから外を見ていると、満開の桜のような色合いの木を見かける。近づくと、さるすべりだった。
夏、というと花より青々とした葉ばかり、という印象があるのだが、さるすべりがあったね。そういやあ近所ではひまわりも見かけないなあ。

うん。夏も楽しい。

2010-07-26

今日も今日とて。

朝は8時出勤。5:40くらいに起床。6:10ごろに出て、出町柳のロッテリアで朝食後、出勤。着は7:50ごろ。みんなもう来ていた。早い人は7:15に来ていたそうで。無理っす、そんなの。
今日ですら5分ほど寝ちゃったし。
いやあ、眠いわ。

2010-07-25

今日記。

まあ、いわゆる日記ともいう。
今日は他大学の同年代飲み会。2ヶ月に1回くらいペースで。暖かい雰囲気にとても癒される。こういう場があるって幸せだなあ。

大阪梅田の新阪急ホテルのビアガーデン。なのにホテルから上がれずまた遅刻。ふう。
人数は10人くらい。
天神祭りの花火の音だけ聞きながら。

22日記。

22日は図書館のIさんとBさんと飲み会。最初に予定していた京都ゆず家は臨時休業。第二候補の亀甲屋へ。その前に松之助でケーキを買って。
のんびりといろいろと話す。楽しいひととき。

そうそう、私はタフだそうで。まあ図々しいをよく言えばタフとも言えるか。

2010-07-24

日曜日記。

日曜日記。
みるもりさんのサークルの先輩みやちゃんが似顔絵イベントをされていたので東山三条のギャラリーへ。
みるもりさんの似顔絵を描いて頂く。実物の3割増しにきれいめで。
その後おとなりの帆布屋さんでシャツを買い、さらに一辻隣の大阪屋こうじ店に立ち寄る。みるもりさんに涼んで行こうと言われたのに彼女が頼んだのはお味噌汁ご飯つき。つられて私が頼んだのも雑煮。涼めない。でも出された雑煮は甘ったるくなく、鰹だしも効いた美味。扇風機の回る薄暗い店内でくつろぐ(決してほっこりもまったりもしていない)。
あまりに心地よかったので食後に冷やし甘酒も。これも砂糖も入ってないのに本当にあっさりおいしいの。
実に有意義な1日でした。

しかしまったりとほっこりって重ねるとまっこりになるね。そうかまったりとほっこりするとまっこりになるんだね。

今日の朝食。

今日の朝食。
ロッテリアのめざましoneバーガー。アボカドが良い。朝にしては値段が高いけど。日頃のロッテリアの朝のメニューは種類が貧し過ぎる。

2010-07-23

曖昧じゃだめだよ、ニュータイプ。

と言いたくなる職場の現状。
そう、曖昧じゃ、だめなんだ。「曖昧でいいじゃないですか」と、物事を曖昧なままに進めてきたから今がこんなことになってしまってるんだよなあ。

2010-07-22

『駄美術ギャラリー』

『駄美術ギャラリー』現代美術二等兵・マガジンハウス

異動して2ヶ月になろうとしているsheepの元気の無さを心配して同僚のOダさんが貸して下さった1冊。
「自由の毛蟹」「サモトラケ2ケ」など名前でくすりと笑う作品、サトちゃんシリーズなど見て癒される作品などただただ楽しい駄美術の数々。

1200円か。安いな。買おうかな。

無線にした。

先週(だったと思う)、我が家のLANを無線に替えた。7、8年前に付けた有線より今の無線は早いことを知る。
これでNINTENDO DSもテレビもiPadもつなぎ放題である。…どれも持ってないけど。
問題なのはやはり7、8年前に買ったパソコンのUSBの空き。デジカメやiPodなど、都度使うための空きに入れてしまい、空きが無い。さらに私のパソコンを起動しないとみるもりさんはプリンターもスキャナーも使えない。
ということでプリンターやスキャナーの無線のUSBハブ的なものを昨日、アマゾンで注文した。
これでノートパソコンで家のどこからでもつなぎ放題である。パソコンは夫婦ともにタワー型であるが。

2010-07-17

祇園祭の名残の中で。

帰宅。今年も祇園祭とは無縁に過ぎそう。

好きなもの

職場に向かう駅の階段を駆け降りるときの「カン、カン」という音。

2010-07-16

昨日は。

ちゃんと休んだ。

髪を切りに行った。世界は2012年に終わるらしい(マヤの予言)。
鉢がやばかったコーヒーの木を植え替え。
LANを無線に交換(ずいぶん早くなった)。
たまってた洗濯。
たまってアイロンがけ。
『GENTE』オノナツメ・太田出版、『ガンダムオリジン』安彦良和・角川書店を合間に読む(というか逆)。
夕食は鳥レバーを炊いたもの、麻婆豆腐、ニラのおひたし、きゅうりの酢漬け、牛肉の炊いたもの、あさりの味噌汁とご飯。デザートはキウイヨーグルトと白玉。
ツィッターをしてたら就寝は2時前。

「やりましょう」。

今更ながらツイッターを始めて、孫正義氏のフォローとかしている。
なんでかっつうと、さとなおさんのページで例の浜崎あゆみさんとのコラボの件とか読んで、すげー、と思ったから。
で、そんな感じで「やりましょう」ではじまったいろいろがリストになっているのを知る。現在61件。面白い。

@masason「やりましょう」進捗状況

2010-07-14

本日2つめの

本日2つめの
固形物。

今日、口にしたもの。

ウィーダーインゼリー、ロッテリアのコーヒーを朝。カロリーメイト的ケーキと午後の紅茶エスプレッソを夕方。
そんな現在21時。
さすがに意識が遠退きつつある。

食べ損ね、帰り損ねた。

先日、職場で。

先日、職場で。
猫たち。

浸水。

休みの朝。職場のメールを見ていて、急ぎの内容の対応をしようと事務所に電話。「浸水してるんです」と言われる。行かなくてもよい、と言われる。まあ片道2時間かかるし…と高をくくってパソコン起動。職場の方のツィッターを見ているとどうも洒落にならない雰囲気。床に置いた段ボールの資料のこととか不安になる。
無駄であっても行かないよりまし、と思って行くことに。
着いたら想像してたほどにはひどくはないけどやはり大変な状況。機能性よりデザイン重視な構造だし。

予想どおり役には立たなかったけど、まあ行って良かった。
ただ、起きてから夕方まで固形物を全く取らなかったのは失敗。まだカロリーメイト的なケーキ2切れしか食べてない。なんか食べなきゃ。

2010-07-13

職場までは、何マイル?

昨夜は久しぶりにまともにみるもりさんと会話。
ああ、もう少しゆっくり働きたい、というより問題は職場との距離だろうか?

ベネズエラとボリビア

「彼が見た文字はボリビアではない。ボリバルなんです。ボリバルはベネズエラの通貨です。シンプソンはベネズエラに向かったんです!」シモン・ボリバル・ユース・オーケストラを昨日観ていた時、そんなNHK放映の熊倉さん吹き替え名探偵ポワロを思い出した。そう。シモン・ボリバル・ユース・オーケストラ「・オブ・ベネズエラ」なんだよなあ。

2010-07-11

選挙のこと

ツィッターでさそうあきらさんが、「僕の一票で世界が変わった、ということにしといてやる」とおっしゃってた。
私は今回、仕事なので不在者投票をしてきました。
みんなも行きました?
まだの方も、あなたの一票で世界を変えたということにしてみません?

だめ人間。

無印ソファークッションを買って依頼、酒を飲んだあとのうたた寝が与える体への負荷は減った気がする。
昨夜も0時過ぎに帰り、1時ごろまでうたた寝。
今朝は40分ほど寝坊。
やれやれ。

2010-07-09

会議が踊る。

みんな話し好きで困る。
疲れた。頭がまわらなくなるし。
しかし場は明るいんだよなあ。救いといえば救いだが。

2010-07-08

夏の風物。

夏の風物。
みるもりさんお手製みょうがの酢漬け。
みょうがで忘れてサヴァランで思い出す、そんな循環w

失われた時を求めてごっこ

失われた時を求めてごっこ
買ったサヴァランはあまりにブランデーがきつくて紅茶にひたさないと食べられなかった。

2010-07-07

今日は国立市〜

今日は国立市〜
一橋大学のシンポジウムを聴いてくる。質疑応答が活発でとても楽しかった。
講演の内容もとても勉強になった(数回撃沈したけど)。
同僚のWさんお薦めのネパールカレー屋さんミトラで昼食。食べ放題のナン。できたてだし大きい(写真)。
お薦めのケーキ屋さん白十字のシュークリームは残念ながら売り切れ。職場用に国立ポテト、うちにはサバランを。

飲みに行く。

教務課へ異動して1ヶ月。日々の予定がつかめず、飲みに行くのも至難の業。
昨日は行くべきかどうかも悩ましい程度の出勤日で、そんななのでりゃまさんと飲みに行くことにした。

前にも連れて行って頂いた四条木屋町下がったところのバル。
ソービニョンブランのデキャンタを飲みながらにんじんとくるみのサラダ、鴨のコンフィ、鳥レバーのペースト、マッシュルームのオイル煮込み、ピクルスなどで。
しかし毎度の悩みの種は鴨のコンフィはおなかとしては早いうちに食べたいのに、時間のかかる料理だから早めに注文しても出てくる頃にはおなかがくちいこと。

目標は22時解散だったのに、解散は23時前。いやはや。

2010-07-06

ある種の麻薬。

ツイッターのIDを取得した。有名人を数人フォローしてみた。途端にはじまる活字の奔流。うわっ、活字が押し寄せてくる…。
この流れに飲み込まれたら、もう立て直せないかもなあ…。
精神的に追い詰められてる時とかこの流れに耽溺したくなりそうで怖い。

大内順子さん。

最近のお気に入り。
ファッション通信の解説がたまらない。
ていうか、資生堂提供のファッション通信。あの30分ほどの様式美。資生堂のCMしかやらず、毎回、同じコーナーが規則的に並ぶ。
そしてあの大内順子さんの語り。
wikipediaもあるような有名な方なんだなあ…。

2010-07-04

俺は好き。

俺は好き。
みつ豆。

2010-07-03

すごい雨。

朝、家を出るとき、夕立のように音を立てて雨が落ちる。
こんな大雨の中を歩くのは久しぶりだ。
そう思える自分は恵まれているのかもしれない。

しかし本当にすごい雨だ。

2010-07-01

『カラーパープル』

アリス・ウォーカーの『カラーパープル』柳沢由実子訳・集英社文庫を読了。

物語は黒人差別の根強い戦前の北米で暮らすセリーが神への手紙を書いている、という形式ではじまる。
父親から暴力を受け、十代になるとレイプされ、さらには父親の子どもを2人妊娠させられる。生まれた子どもは父親がどこかに連れていってしまう。妹まで父親の怪しげな視線の先に感じたセリーは身を犠牲にして妹ネッティをかばう。父親からミスター***に譲られたセリーは夫となったミスター***からも過酷な労働と暴力、愛の無いセックスを繰り返される。
さらには父親から逃げてきたネッティもミスター***から襲われそうになり、拒絶したネッティはミスター***から家を追い出され行方を絶つ。

というのがあらすじに書かれていた前半。
てっきりずっとこんな感じの話かと思っていたので、差別の歴史を知るために読もうと思いながらも気が重くて仕方がなかった。

しかし、セリーは強くて聡明な女性であり、読んでいても想像していたほどにはひどい描写のされ方ではなく(内容はむごたらしいけど)、それ以上に、セリーの強さ、たくましさが印象的。ネッティもまたたくましく生き延びていた。
そしてクライマックス!
涙無しには読めない。

ネッティの手紙の追伸欄で1度、涙が出そうになった言葉があるが、そのシーンもまた、歳月の重さを感じずにはいられない場面である。

セリーとネッティの優しさ、強さ、たくましさ。
勇気づけられる1冊だった。

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

最近のトラックバック