2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

メインサイト

« 『とろける鉄工所』 | トップページ | 読み続けたい本。 »

2010-06-22

『大学教育の思想』

『大学教育の思想 学士課程教育のデザイン』絹川正吉 東信堂
国際基督教大学元学長で、高等教育の世界ではその名も轟く絹川氏が、折に触れ書いてきた論文をまとめた1冊。
重複する箇所も多くあるが、いわゆる「一般教育」に力点を置いた高等教育のあり方に関する書籍としては実にわかりやすく興味深い。そして国際基督教大学(ICU)はこの規模の大学としては数少ない成功した大学のひとつだと思う。

なぜ成功したのか。象牙の塔とかいわれる旧態然とした大学のあり方に一石を投じ、教育重視のやり方で運営することで、エリートから広がりいわゆるユニバーサル化したといわれる誰でも入れるといわれる大学群でも1歩抜きんでた存在として注目を集めるからこそ、今のような成功を導けたのだといえる。

ということで、皇族も入るようなそんなICUに興味を持ったお父様、お母様も、もちろん大学業界関係者も必読の1冊なんじゃなかろうか、と思う今日この頃でありました。

« 『とろける鉄工所』 | トップページ | 読み続けたい本。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105683/48689979

この記事へのトラックバック一覧です: 『大学教育の思想』:

« 『とろける鉄工所』 | トップページ | 読み続けたい本。 »

最近のトラックバック