2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

メインサイト

« 『現代アートを買おう!』 | トップページ | 『新版 組織行動のマネジメント』 »

2010-05-23

『劇画ヒットラー』

『劇画ヒットラー』水木しげる ちくま文庫
ヒットラー、というと20世紀の最低人間の一人、20世紀が生んだ最悪の人間、という印象があるし、あのユダヤ人や少数民族などの虐殺のことを思えば、「生まれてこない方が良かった」という人であろうとは思う。
でも、そのあまりのむごたらしい行為のことがあっても、あれだけドイツを熱狂させ、世界中の人々に一時的に出あれ、信者を作ったこと。それまでの彼の半生の特異さ。ユニークという括り方をするわけにはいけないのだが、しかし非常に特異な存在であることは否定できない。

本書のはじめは弾圧されたユダヤ人からはじまり、結末もまたヒットラーがドイツに与えた「千年王国」の姿、という悲劇で終わるのだが、本編は決してヒットラーを極悪人として描こうとはしていない。
どちらかというと、人間ではなく、妖怪、として描かれている印象が強い。彼の書く南方熊楠なんかもそうなんだけど、本書もまたヒットラーを「変人、いや妖怪」という感じである種ユーモラスに描く。南方で片腕を失った水木さんだけど、どこまでも彼の人間を見つめる目は優しい。そんな括り方はあまりに短絡的過ぎるかもしれないが。

もう1つ、面白いな、と思うのは「普通のマンガ」というと背景をシンプルに、主要人物の描き込みを強調して、というものが種だと思う。しかし、水木さんはむしろ、主要人物の方が線がシンプル。そんなことをみるもりさんに言うと、「ガロ的じゃない?つげさんもそうじゃない?」と言われ、なるほど、と納得。水木さんはガロじゃないけど、でもそういう時代、なのか、そういう人たち、なのか。でもそういうことだね。

« 『現代アートを買おう!』 | トップページ | 『新版 組織行動のマネジメント』 »

コメント

I do enjoy the way you have framed this specificdifficulty and it does provide me personally some fodder for consideration. However, through what precisely I have personally seen, I simply trust as other opinions stack on that individuals keep on issue and not get started upon a tirade associated with some other news du jour. Still, thank you for this superb point and though I can not go along with it in totality, I respect your point of view.

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105683/48436134

この記事へのトラックバック一覧です: 『劇画ヒットラー』:

« 『現代アートを買おう!』 | トップページ | 『新版 組織行動のマネジメント』 »

最近のトラックバック