2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

メインサイト

« 昨日の飲み。 | トップページ | GW明け初日なのに。 »

2010-05-06

元気になるコンサート。

グスターボ・ドゥダメルとシモン・ボリバル・ユース・オーケストラ・オブ・ベネズエラによるライブ作品。
曲目は、ベートーベン・ピアノ、ヴァイオリン、チェロ、管弦楽のための協奏曲ハ長調作品56(マルタ・アルゲリッチ、ルノー・カプソン、ゴーティエ・カプソンとの共演)
ムソルグスキー・組曲展覧会の絵
アンコールに
ヨハン・シュトラウス1世・ラデツキー行進曲
ヒナステラ・終幕の踊り/マランボ
ボーナストラックはザルツブルク大学でのマーラー交響曲第1ニ長調・巨人の公開リハーサルを収録。

こんなに楽しいオーケストラなんて見たことが無い。(注意:そんなに見たことは無い)
30分も喝采が続いたという。
先日見た、NHK衛星第1のスラムの子どもに音楽を通じて生きる喜びを伝えるエル・システマを見て、その後、ドゥダメル自身がこのエル・システマ出身だと知り、ドゥダメルとエル・システマの選抜チームであるシモン・ボリバル・ユース・オーケストラ・オブ・ベネズエラのDVDが無性に見たくなり購入。

何度も涙が出た。
邪道なのかもしれないけど、マランボ。祝祭。まさにそんな感じの演奏を見ているととても元気が出る。
展覧会の絵でも感じられた躍動感はラデツキー行進曲で高まり、マランボで爆発した。いやましに見ている側の気持ちも高まった。
ゴールデンウィークに見て良かった。五月病も吹き飛ぶ元気なコンサート。

« 昨日の飲み。 | トップページ | GW明け初日なのに。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105683/48283401

この記事へのトラックバック一覧です: 元気になるコンサート。:

« 昨日の飲み。 | トップページ | GW明け初日なのに。 »

最近のトラックバック