2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

メインサイト

« 『地球へ・・・』第1巻 | トップページ | お宅訪問。 »

2010-03-21

『どろろ』

『どろろ1~3』手塚治虫 秋田文庫
手塚治虫の有名作品で、読むならこれかなあ、と思っていたのが本書。
ブラックジャックや火の鳥、ブッダも興味はある(特にブッダ)のだが、日本の近代が舞台で妖怪退治とあれば、個人的には入りやすいモチーフ。
そう思って読み出した本書なのだが・・・。オチは打ち切り感が漂う。どろろの抱える秘密もいいんだけど、その発覚の仕方がどうも唐突。面白いモチーフの散りばめられた作品だとは思うのだが・・・いろいろと残念。

« 『地球へ・・・』第1巻 | トップページ | お宅訪問。 »

コメント

手塚は「ライオンブック」なんかも面白いですよ。
なかなかダークな内容が多いです。

一番好きなエピソードは、
魔女が出る、という星に一人で住んでいるばーさんの処に、
不時着してしまって云々、という話です。

ははあ~。
気になりますね。今度買ってみます。ありがとうございます!

Say, you got a nice article.Much thanks again. Will read on…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105683/47863731

この記事へのトラックバック一覧です: 『どろろ』:

« 『地球へ・・・』第1巻 | トップページ | お宅訪問。 »

最近のトラックバック