2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

メインサイト

« 『長い道』 | トップページ | 美大の野外水道。 »

2009-09-28

黄色い本―ジャック・チボーという名の友人

『黄色い本―ジャック・チボーという名の友人』高野文子 講談社
確か再読。前述のこうの史代『長い道』と同じくなんとなく疲れていて逃げ込みたくなる。
で、ふと手を伸ばす。
高野文子さんは『るきさん』が大好きなんだけど、他の本は『るきさん』ほどのんびりした印象がないので、あまり手が出ない。
本作も『チボー家の人々』を愛読する少女が読み終わるまでの日々を淡々と描いている感じなんだけど、ほのぼのという感じではない。決して暗くも辛くも無いんだけどね。不思議な、叙情的?な。現実の体験を本の場面と重ね合わせつつ。友だちとの関係もやや希薄で、家族との約束よりもつい本に手が出てしまったり。でも読書への渇きというか、日常を放棄してしまうくらい熱中できる本ってなかなかないよなあ、と思うとうらやましくもあり。

« 『長い道』 | トップページ | 美大の野外水道。 »

コメント

I appreciate you sharing this blog.Thanks Again. Much obliged.

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105683/46332113

この記事へのトラックバック一覧です: 黄色い本―ジャック・チボーという名の友人:

« 『長い道』 | トップページ | 美大の野外水道。 »

最近のトラックバック