2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

メインサイト

« 『魍魎』 | トップページ | パウンドケーキ。 »

2009-07-26

『ロング・グッドバイ』

『ロング・グッドバイ』レイモンド・チャンドラー 村上春樹・訳 早川書房
総頁数、711頁!コンパクト版なんだけど、何しろ分厚くて重い。
ハードボイルドな小説ってほとんど読んだことがないので戸惑った。
フィリップ・マーロウ。タフなナイスガイなんだろうけど、なんで言わなくていいことばかり言うのか?「ああ、そんなこと言わなきゃいいのに」と思うことばかり。
事件は唐突に起き、マーロウはどんどん巻き込まれていく。関係が無さそうだった個々の事件はつながり、最後には1つの輪になる。
村上春樹が解説に書くとおり、いささか女性の描き方はありきたりだが、男性の描き方が非常に多様でリアル。実に男くさい連中ばかり。
村上春樹が翻訳をするとなんだかみんな村上春樹の「僕」が主人公に見えることが多いのだが、マーロウの個性はそう感じはさせなかった。しかし、マーロウとテリー・レノックスの関係性は「僕」と「鼠」の関係にも思えなくも無い。「五反田くん」にもね。
こまごまとしたくどい描写。逆に極めてあっさりとした重要な場面。この軽重の落差にはびっくりだが、一場面一場面どれもなんどか読み直したくなるのは確か。清水俊二氏による訳との読み比べも楽しみになった。

« 『魍魎』 | トップページ | パウンドケーキ。 »

コメント

Major thankies for the blog.Really looking forward to read more. Cool.

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105683/45746388

この記事へのトラックバック一覧です: 『ロング・グッドバイ』:

« 『魍魎』 | トップページ | パウンドケーキ。 »

最近のトラックバック