2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

メインサイト

« 比内屋さんにて。 | トップページ | 通勤占いはずれ。 »

2009-07-27

鉄塔武蔵野線

伊藤淳史主演の映画。小学校6年生の見晴が、両親の離婚を原因に母方の長崎に引っ越すこととなり、かねて気になっていた鉄塔武蔵野線の1号鉄塔を目指し、3年生の友達・暁とともに旅に出る。
学生の頃、スモーク、バグダットカフェを教えてくれた友人が教えてくれた作品。なかなか見つからなかったのだが、先日、深夜に放映されていたので録り、昨日見る。
夏休み。友達と自転車で東京から埼玉までひたすら自転車でたどる。舗装された道、草むら、畑、森、川。途中、大人に怒鳴られ、パンクし、夜を迎える。
彼らは1号鉄塔にたどり着けるのか?
おおたか静流の透明感のある歌とともにひたすら鉄塔と周りの風景の描写が続きのんびりと楽しい。

« 比内屋さんにて。 | トップページ | 通勤占いはずれ。 »

コメント

初めまして!お立ち寄りさせて頂きます この作品もいいですが 子役時代と言えば ベルリン国際映画祭で 約5分間のスタンディングオベーションをもらい受賞を獲得した 「独立少年合唱団」も いいですよね 内面を表現する寡黙な演技が 絶品だと思います   

淳史ファンさん、はじめまして!
あ、その作品の名前、聞いたことあります。
「内面を表現する寡黙な演技」っていいですね。
また機会を見つけて観たいと思います。
ありがとうございます!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105683/45753438

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄塔武蔵野線:

« 比内屋さんにて。 | トップページ | 通勤占いはずれ。 »

最近のトラックバック