2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

メインサイト

« 最近つい観ちゃうCM。 | トップページ | 四個名辞の虚偽 »

2009-06-02

人間の腹の底

なんでもできちゃうすごい力があるらしい。
『プラネテス』前半のハチマキはそれを怒りと定義し、タナベは愛と定義した。
私は基本的に怒りの力の強さをよく感じるが、やはり愛の力の方が強そうな『プラネテス』には概ね賛成。でも日常的には怒りを原動力にする機会の方が圧倒的に多い気がする。
で、毎度ながらつくづく思うんだけど、30代前半のうちらジャンプ世代にとってやはり力の原動力は怒りと友情なんでないかな、と。世代で区切ったのはなんとなくです。同意を得られる範囲はあんまり広くないかなという消極的発想です。
みなさんはどうでしょう?

« 最近つい観ちゃうCM。 | トップページ | 四個名辞の虚偽 »

コメント

そーいや懇談会で「ハラの話」というのを聞いた事が。
原動力はハラにあるんだぞ、みたいな。

僕の原動力は…
「思いつき」それだけw

それ大事。「思いつき」いい響きだなあ。素晴らしい!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105683/45214520

この記事へのトラックバック一覧です: 人間の腹の底:

« 最近つい観ちゃうCM。 | トップページ | 四個名辞の虚偽 »

最近のトラックバック