2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

メインサイト

« 塞翁が馬。 | トップページ | 静かな京都の片隅で。 »

2009-05-21

『社会調査法入門』

『社会調査法入門』盛山和夫 有斐閣ブックス
今、ちょこっと参加させて頂いている授業の教科書。
社会調査というか分析に興味があり、んで、SPSSというソフトを導入するという
話も有り、気になって無理を言って。
授業自体は入門編ということで、なんだか無邪気なムードに包まれている。
この本は逆に真剣そのもの(当たり前か)。
「量的調査」と「質的調査」などの社会調査の本質への問い。概念としての入門
から平均、確率などの計算手法。質的調査の意義など非常に参考になる。
とはいえ、計算方法は文系人間にはちんぷんかんぷんで読み飛ばしちゃったけ
ど、これはたぶん、実際使う段になることがあれば、そのときに復習すべきだろう。
最後には章ごとの参考図書まで掲載されているので、本当に入門書としてありが
たい。かといって、決して理論に振り回されるのではなく、著者自身の思いも
しっかり伝わってくる。とてもためになる1冊。

« 塞翁が馬。 | トップページ | 静かな京都の片隅で。 »

コメント

My brother recommended I might like this blog. He was entirely right. This post truly made my day. You can not imagine just how much time I had spent for this info! Thanks!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105683/45080373

この記事へのトラックバック一覧です: 『社会調査法入門』:

« 塞翁が馬。 | トップページ | 静かな京都の片隅で。 »

最近のトラックバック