2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

メインサイト

« 目覚めは「太陽にほえろ」 | トップページ | 『社会調査法入門』 »

2009-05-20

塞翁が馬。

この間、「夜の慣用句」という落語に登場した会社の上司の座右の銘が「人間万事塞翁が馬」だった。
どんな座右の銘なんだ、と思ったがそれはそれ。

決算はある程度落ち着いたものの、なんやかやと面倒な話があり、やや憂鬱気味。
しかしそれも今日一定の成果が得られた。
鬱々とした中に多少の喜びもある。
禍福は糾える縄の如しとも言うがささやかな禍福の繰り返し程度の人生はこれはこれでありがたい。
ビッグウェーブばかりじゃ身がもたない。
ところでこの2つの慣用句。多少、意味には違いがあるのだろうか?電子辞書では「塞翁が馬」は人生何が起こるかわからない喩えとあったが。

で、私のここ数年に贈りたい言葉は「ケセラセラ」。あるいは「そのうちなんとかなるだろう」です。

« 目覚めは「太陽にほえろ」 | トップページ | 『社会調査法入門』 »

コメント

僕の座右の銘は
「悪口は言った分だけ人に言われる」
出典、中学ん時の友達。
悪口言われて嬉しい人なんていません。

しかしこれは逆を考えると。
褒めてもらいたかったら、他人を褒めるのですww
なので自分が幸せになりたかったら、
他人のアラ探しをするより、
いいところを探す方が幸せになれるのですww

中学の時の友達というのがたこすけさんらしくて素敵です。言葉自体も。でも悪口言ったりとか自分にやましいことがあると被害者意識も高くなりそうでなんだが悪循環ですよね。
プラスなことばかりしていると逆に良いことも多そうだし。
日頃の行いって大事ですねえ。

またまた来ました(⌒v⌒)/
ここは平和な場所ですね。
管理人さんとたこすけさんの掛け合いが良い感じです(笑)
ノンビリしたいのでブックマーク!っと
というわけで
管理人さんとたこすけさんヨロシクです!

ありがとうございます。ここは平和ですよ~。怪しげではありますが。
私の師匠(自称、弟子ですが)たこすけさんのページはもっと穏やかな空気が漂っています。ぜひそちらも行ってみてください。
どうぞ引き続きよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105683/45070118

この記事へのトラックバック一覧です: 塞翁が馬。:

« 目覚めは「太陽にほえろ」 | トップページ | 『社会調査法入門』 »

最近のトラックバック