2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

メインサイト

« 「ビスケット」 | トップページ | 『作家のおやつ』 »

2009-05-10

『戦争と平和』読了。

『戦争と平和』一~四 トルストイ 工藤精一郎 訳 新潮文庫
読了。各巻600ページというボリュームには圧倒された。
でもとても面白かった。
印象的な風景、場面、数々有り。wikipediaで中身を見ながら読んだんだけど、十分に楽しい。

しかし、エピローグがやたら長い。2部構成とはどういうことか。
しかも第2部のトルストイの歴史観はとてもくどく、かなり読み飛ばした。
ということでエピローグ第1部まではとても楽しく読ませていただきました。

« 「ビスケット」 | トップページ | 『作家のおやつ』 »

コメント

2400ページですか!
そらボリューム大変なものですね~
でもそれを読ませるぐらい面白い…
ってエピローグ飛ばしてるんですねw

いやあもうエピローグが…。最終巻は500ページでしたんで、エピローグ除いてまあ実質2200ページですw

Fascinating. I believe you made helpful and valid points on this writing. Certainly with you one hundred percent and am grateful I had to be able to see this.

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105683/44973791

この記事へのトラックバック一覧です: 『戦争と平和』読了。:

« 「ビスケット」 | トップページ | 『作家のおやつ』 »

最近のトラックバック