2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

メインサイト

« 五劫の擦り切れ。 | トップページ | 旅日記の続き「失せ物、出るが役に立たず。」 »

2009-01-02

ということで。

やたら前ふりが長くなり、ご挨拶が遅れました。

みなさま、あけましておめでとうございます。
本年もなにとぞよろしくお願い申し上げます。

このブログをはじめましたのは2005年の5月。メインサイトは2003年7月に開設したようです。そもそもがテキストベースでひたすらうだうだ書くことを目的としたサイトでした。今もそれは変わりません。ロクにスキルも無いし、変わりようもありません。自分の思考を辿ると変わった面も有り、変わらない面も有り。変わってほしい面ほど変わらない感じがしますが、しかし変わって良かったと思える面も有ります。成長した、ということですね。

幸いにして過去のテキストを読んで、頭を抱えて恥ずかしがり、「もうやめよ・・・」と思うほどには変わっては居ません。それが幸いなことなのかどうかはわかりませんが。
ふとでも、PO-SO-RIのFiroswiさんの言葉を見て今更に考え込んでしまう箇所がありました。氏はいつの間にか自分のブログは「誰かの為に」書いている、ものに変わって行ったと言います。
しかし、私のブログはいつまでも自分の為にあります。ただ自分の吐き出したい言葉を自分の為に吐き出しているだけです。
ブログはあくまで、個々人の為の道具に過ぎないものだから、そのどちらが良い、というものでももちろんないんだけど、ふと立ち止まって考えるべきことではないかと思った次第。
「誰かのために」そう言えるほど素敵な文章を書ける自分ではないので、ここはあくまで自分のためのブログです。逆に「誰かのために」と構えてしまうときっと私は萎縮してしまうし。

人を傷つけすぎないよう配慮すること、たまに人に幸せを提供できるようなことができるかな、と思いながら文章を書けるよう努力すること(実にまわりくどい)。後は自分の中のもやもやをテキストに起こして整理するための道具とすること。そして備忘録。
で、あるんだけど、ここを通じて思いもかけぬ人とのつながりができたのも事実。その喜びはすばらしいものです。かけがえが無い。しかしスタイルは変えられないので、このままいきます。
ですけど、どうか、みなさま。これからもよろしくお願いします。

みなさまにも今年が良い年でありますよう。心からお祈りしております。

« 五劫の擦り切れ。 | トップページ | 旅日記の続き「失せ物、出るが役に立たず。」 »

コメント

何と誕生年も月も一緒だったんですねぇw。
今年もよろしくお願いいたします。

実は、今度僕がやろうとしてるのがその原点回帰と言いますか。
ブログにしようと、思っております。
どうも何だか、誰かに読んでもらおうという、
笑わせちゃおう、みたいな意思が見えみえで。
もっとシンプルに僕の日々の試行錯誤をつづるだけのものにしようと思ってます。
でもそれって実は結構難しいんですよ、僕には。
出来るかどうか分からないし、続けられないかも。
でも取り合えずはじめてみようと思います。

Firoswiさんってきっと、自己中心的な人間ではない(非常に控えめな表現をすれば)だと思います。PO-SO-RIを拝読しているといつも、「誰かのために」というとても暖かい心が感じられて、だから仕事前だというのに、拝読していて涙が出そうになったことが何度もあります。
私はあくまで自分本位ですので、こういうブログを書くことは苦ではないのですが、「原点回帰」をされるのはFiroswiさんには大変なことなんだろうな・・・と思います。どんなスタイルになられてもきっとFiroswiさんの文章は暖かいものになるのではないかと。だからまたこれからのことも楽しみにしております。
方向性は相当違いますが、お互い生まれた年月が同じであることを縁にどうぞ今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105683/43608257

この記事へのトラックバック一覧です: ということで。:

» ●そして ぽそり。 [● PO-SO-RI ●]
.  2005年、5月27日。 このPo-So-Riは、生まれました。  当時僕の頭の中には、いろーーーんな考えや思いが渦巻くようにたくさんあって。  それを、パソコンの中に「ぽそり」というフォルダを作って溜め込んでいたのです。  きっかけは、2年以上溜めてきた、書評がふっとんでしまった事でした。  それからBK1という所にお世話になり、全て書評はそちらに上げました。  そうすれば、パソコンがふっとんでも書評は消えないからです。  であるなら。「ぽそり」の中身も..... [続きを読む]

« 五劫の擦り切れ。 | トップページ | 旅日記の続き「失せ物、出るが役に立たず。」 »

最近のトラックバック