2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

メインサイト

« 1時間半ごとに目が覚める。 | トップページ | 村上春樹的? »

2008-11-06

いかに哀音に満ちた古歌なりとも。

昔好きだった漫画のフレーズ。『ロードス島戦記』(山田章博・角川書店)の一節。 確か『其は我らが住まいし、ロードスの歌なれば』みたいな節が続く。 先日、ふっと浮かんだ。些か無理のある言葉使いな気がするが、『汝は知るや?』と続く英雄譚の出だしの一節として、印象的だった。 また読みたくなってきたなあ。本当に飽きるくらい読んでいるんだけど。

« 1時間半ごとに目が覚める。 | トップページ | 村上春樹的? »

コメント

This web site is my inhalation, rattling good design and Perfect written content.

Plus, not like everyone, your lover would not present excuses intended for no longer working outside seeing that very hard seeing that the girl can. While using Website from Lupus Footing from North america Inc., 1. 5 , 000, 000 Us residents include a sort of lupus, which usually hits generally women of all ages years 15 to be able to forty-four. Ladies with colour tend to be 2 to 3 moments going to cultivate the condition, that is inherited and allows zero best-known overcome. Utilizing lupus, antibodies the fact that body system provides to guard once more as a result of germs, harmful bacteria along with virus are unable to inform a big difference concerning the virus together with healthy and balanced cells. These people breach each, resulting in infection, suffering plus ruin.

http://www.monroussillon.ca

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105683/43030859

この記事へのトラックバック一覧です: いかに哀音に満ちた古歌なりとも。:

« 1時間半ごとに目が覚める。 | トップページ | 村上春樹的? »

最近のトラックバック