2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

メインサイト

« 昨日の晩ご飯。 | トップページ | 子供を作れということだろうか? »

2008-11-03

『猫楠』

『猫楠 南方熊楠の生涯』水木しげる 角川ソフィア文庫
水木しげる先生の本って気になるものばかりなのだが、なかなか買えない。
買うほどではないが、すごく気になる、という本ばかりである。

しかしやはり買うものもある。南方熊楠。奇人。奇人だとは聞いていたが、偉人だとも思っていた。この本がどこまで実話に基づくのかは不明だが、端々のエピソードを読む限り、やはり奇人。すごい奇人。学者としても偉人だが、奇人としても偉人だと思う。周りでおられたらたまらんだろうなあ。描き様によっては不世出の学者として描くこともできると思うが、そこを下ネタ満載で奇人として描ききった水木先生もまたすごい。

個人的に「日高川」にあんな演出があることに驚いた。あれは水木先生の全くのフィクションではないだろうなあ。世の中、奥が深い。

« 昨日の晩ご飯。 | トップページ | 子供を作れということだろうか? »

コメント

Perfect merely what I was sharp for! .

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105683/42990222

この記事へのトラックバック一覧です: 『猫楠』:

« 昨日の晩ご飯。 | トップページ | 子供を作れということだろうか? »

最近のトラックバック