2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

メインサイト

« 『グーグーだって猫である』 | トップページ | ぐだぐだ。 »

2008-10-26

『教科書でおぼえた名詩』

『教科書でおぼえた名詩』文藝春秋編 文春文庫PLUS
やはり買ったのはずいぶん前。基本的に当たり前だけど読了したらここに記載する習慣なのだが、この本の場合、読了というよりぱらぱら開く、といった感じであり、さらにしばらくマガジンラックで埋もれていたので、記載するまでずいぶん時間がかかってしまった。
ちょっと寂しかったのは、ヴェルレエヌの「巷に雨が降るごとく」が「都に雨が降るごとく」となっていること。ガンダムの影響に過ぎないのだが、個人的にはここは「巷」版にしてほしかった。「都」より「巷」の方がなんだか郷愁を感じる。ただそれが誰による訳かを知らないのだが。
谷川俊太郎の二十億光年の孤独という詩をはじめて読んだが素敵。

(前略)
万有引力とは
ひき合う孤独の力である

宇宙はひずんでいる
それ故みんなはもとめ合う
(後略)

いいなあ。同じ詩の「或はネリリし キルルし ハララしているか」というのも良い。

« 『グーグーだって猫である』 | トップページ | ぐだぐだ。 »

コメント

I genuinely liked going through essay, you not just pointed out the subject perfectly, and also the method that you continued in-depth on the problem indeed made it a wonderful choice.

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105683/42908393

この記事へのトラックバック一覧です: 『教科書でおぼえた名詩』:

« 『グーグーだって猫である』 | トップページ | ぐだぐだ。 »

最近のトラックバック