2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

メインサイト

« 『ウェブ進化論』 | トップページ | たまには辛辣なみるもりさん。 »

2008-09-05

『ニーチェ入門』

『ニーチェ入門』竹田青嗣 ちくま新書
かなり前にshibataさんが推薦してくださった本書。

とても面白い入門書。学生の頃に読んでおきたかった。哲学に興味があるけど、何が良いかわからない方にぜひお薦め。

出かける前に片手間で感想が書けるほど薄い本ではない。しかしなかなか感想が書けないのでとにかく読んだと言うことと、本当に私的な呟きを。

一部の小説とかアニメとかって、ニーチェやらその他の哲学者の本を読んだ人がバーチャルな世界で彼らの思い描く世界を再現しているようなものがあるんじゃなかろうか、と読んでてふと思った。ニーチェの思想がナチズムに影響を与えたとか言われて、ニーチェ本人はあくまで自分の考え方で社会に改革をもたらしたい、という意識は無かったようだが、フィクションであれば、そういった思考実験というようなものもできるわけで。

55歳で生涯を閉じた氏の一生は本当に「思考する」ことに終始したようにも見える。
実際のところはもちろんそれ以外の面もあろうが、明らかに私のような人間とは違った生き方である。それが少し羨ましくもあり、気の毒にも見える。こうして氏の作品やその解説などを見ると、いくつかの書籍に収められた氏の思考。これが55年の集積だと思うと、果たしてそれはどういう意味を持つのか。
などと、ニーチェの思想がどうこうよりそれ以外の面ばかり気になってしまった本日。

『善悪の彼岸』を先般読んだわけだけど、今後、果たしてニーチェの他の書籍を読むかはわからない。でもそのきっかけとしてこの『ニーチェ入門』は実に良かった。

shibataさん、本当にありがとうございました。

« 『ウェブ進化論』 | トップページ | たまには辛辣なみるもりさん。 »

コメント

先日差し入れしてもらった雑誌の中の特集で、
塀の中で読んだ本、というのがあって。
誰だったか忘れたけど雑誌とかは読まないで、
ずっと思想の本を読んでいた、というのがあって。
僕も今時間だけはしこたまあるので、
ちょっと難しい思想の本でも読んでみたいな、と思っていたり。

マルクスの「資本論」とかw
もちろんワタクシアカになるつもりなぞ更々ありませんが。

『共産党宣言』はうちにもあります。親父の本棚からもらってきたのですが。でも、全く、読めてないw
スターリンとかレーニンと違い、マルクスは結構興味深いですよね。しかし、『資本論』は・・・・分厚いですね。

お薦めした本を読んでもらえるってのはうれしいですね。
竹田青嗣さんは「噛み砕きすぎる」というのがよく指摘される哲学読みですが、彼がどこかの本で書いていた、「哲学の用語が難解のになるのには理由がり、たしかに平易な言葉では伝えたいこと、思い至ったことを描ききないことがある。しかし、どんな偉い人でも、難しい概念を難しい概念のまま保持しているんでなく、自分なりに肝をつかんで平易な形で保持しているものだ」というのは、その後、僕が本を読むことについてポジティブにさせてくれたものの考え方です。
『共産党宣言』も楽しいですよ。短くって、でも彼らの思想のエッセンスをぐっと味わうことができます。冒頭の「ヨーロッパに幽霊がいる」というくだりなんか結構ドラマティックで、読み手の気持ちを盛り上げてくれます。

竹田青嗣、わたしは「はじめての現象学」が面白かったです。
これも確かshibataさんに教えてもらったような…
「ニーチェ入門」も読みました。
でももうずいぶんと前であんまり覚えてません;
また読もうかな。

shibataさま。
なるほど、引用されている言葉、良い言葉ですね。
私もその言葉、すごく納得できます。
『共産党宣言』・・・何年か前に読もうと思って結局、数ページで挫折したんですが・・・今なら読めるかな?本棚にあるはずなんで、気が向いた時に、出して読んでみます。

明楽さま。
明楽さんも、shibataさんからですか。『はじめての現象学』・・・確か有名な本ですよね。また書店に縁を探しに行ってみます。ありがとうございます。

そしてどのCDでも(権利は)一緒だ思うにiTunesも、権利の扱い(と値段)がどの曲でも全て一緒だということが、。
銉嬨偝銉?d40 銉兂銈?300mm http://www.curtlo.com.br/images/tvcurtlo/uglopox_l4t7.html

内容量:1本360mL 高知産・マミーソース(ウスター・ソース)。
銉戙偆銈儖銈?銉娿儞 銉愩兗銈搞儳銉炽偄銉冦儣 http://www.multimoveisrp.com.br/indica/temps/stepewv_y1b4.html

半貸切は6名様お店貸切最大34名様までOK。
銉嗐偅銉炽儛銉笺儵銉炽儔 銉曘偅銉笺儷銉夈儢銉笺儎 http://www.swimcam.co.uk/files/upload/ryn514_docsz-275.html

キーワード:【smtb TK】「欲しいっ!」が全部揃ったコーナーソファ 1台で3通りのレイアウトパターン!スツールクッションの移動で自由なレイアウト!このソファの最大の特徴は、好きな時に思い通りのレイアウトでくつろげること。
銉ゃ優銉忓瓙渚涗箺銇涜嚜杌㈣粖 http://www.casalidesign.com/site/inc/filcvzs_8915563_3n80o.html

スピーバ:着地衝撃をやわらげるとともに、高い反発力でキック力を効率よく歩行エネルギーに変換します。
f3-64xs http://www.acostawilliams.com/wp-content/themes/Polished/gxdu_8gi6f62-54049sh.html

プロも愛用するADMIRAL GOLF BLACK」シリーズのNEWモデルです。
銈广儓銉┿偆銉€ 銈偣銈裤儬 http://alkhan.com.pk/wp-content/themes/poyiytlh-18925-t1b7to.html

週末.またまたこの日も天気が悪かったので近場で室内で遊べるところを探してみた.そーだ前から行ってみたかったプラネタリウムへ行こうってことで行ってきましたえっと.名前なんだっけな科学館みたいな名前のとこです色んなコーナーがあって息子も大興奮あっちへこっちへ走りまわっていたのですか.ある箇所で立ち止まり固まってしまった怪獣ま、ま、まさかこのイノシシが怖かったらしくまさかのギャン泣きなまはげを目の前で見ても泣かなかった息子がなぜだ?!前世で猪に畑でも荒らされたツラい過去があるのかそんなことを考えていたら.もういない追いかける母は息切れよちょっと休憩しましょうかね.『ママここをこうしてこうよ』出たA型怪獣バラバラになっちゃってるものは一列に並べないと気がすまないからねそしてお目当てのプラネタリウム軽い気持ちで行ったんだけどここのプラネタリウム.想像していたよりもはるかに人気があるらしくチケットを買うには発売時刻より前から並ばなきゃいけないみたいチケット売り場のお姉さんに聞いてみたところ.『この一回前の上映分もすぐにチケットが完売してしまい買えなかった方々が次回の分に並ばれるとのことなので今から並んでてもらった方がいいかもしれないですね』とのこと.さらに息子の年齢を伝えると『真っ暗になるので小さいお子さんだと泣いちゃうかもしれませんね上映時間は50分なんですが途中退室が基本は出来ないので.』と.例えトイレであっても1度出ちゃったら再入場はできないんだって迷ったけどダメなら出ればいっかと入ってみたというかこの人 なんて期待もしながらここを歩いてプラネタリウムへ上映が始まるとほんとに真っ暗で何も見えませんでした何人か泣き出してる子供さんもいて即退場してる親子さんも息子大丈夫かな?と不安だったのですが.まったく問題なしむしろ暗闇を楽しんでいる様子 が.別の問題が発生星空が天井全体にうつしだされると.『うわぁ綺麗』『あれ何』まじ息子よ.あんた声でかすぎだから怒られるかヒヤヒヤしたけど周りの優しい福岡県民の方々、息子発言の度にずっと笑ってくれていました星座の説明のたびに絵が浮き出てくるのですが.白鳥座が出てくると『うわぁ大ち(き)いチュンチュン』うるさいけどここはまだ我慢できたが.いて座の絵が映し出された瞬間『あれ馬おっさん』ん確かに下半身は馬みたいだし上半身はおっさんだわこのイラストをまだ素直な一歳児が表現すると『馬おっさん』になっちゃうのか.?いや.一歳児だからこそなおさらありえないなおっさんじゃなくておじさんって言わなきゃ息子よ.育ちがバレちゃうじゃないか.そんなこんなでお昼寝するどころか50分ずっとしゃべり続け上映終了『あたのっかった』とのご感想をいただきましたその後も遊び続け.夕方4時車に乗った瞬間就寝30分で起こしてご飯を食べに行ったのにまた夜寝ないという.そんなこんなで先週末も母はクタクタになりました.『僕、体力には自信あるでしゅよ』さて明日も息子に付き合い頑張らなきゃ【初登場アイテム!現品モニター100名様募集】リペアパウダーファンデーション超濃縮美容液グリーンムーンミルクエッセンス 8,208円(税込)現品30名様
carrozzeria 銈点偆銉愩兗銉娿儞 http://writeplace.co.za/wp-content/gallery/oh8762-xlkthz_ef3267.html

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105683/42386751

この記事へのトラックバック一覧です: 『ニーチェ入門』:

« 『ウェブ進化論』 | トップページ | たまには辛辣なみるもりさん。 »

最近のトラックバック