2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

メインサイト

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008-07-31

UDON

最近はレンタルビデオショップで借りたビデオをちゃんと観ている。これは快挙といえる。大体都合がつかず観ずに返却、ということが多かった。

んで、「UDON」。うどんブームも落ち着いた今だから観たかったとも言えるし、旧作になったから観たとも言う。
しかし、良いですな。ユースケ・サンタマリア、トータス松本、小西真奈美、鈴木京香、木場勝己、小日向文世など。脇を固める役者も多彩。物語も楽しい。
物語の核は麺通団と1軒の小さな製麺所。小さな2つの「奇跡」を描く。
しかし、あれだ。図らずも物語で描かれる通り、うどんは「どん!」と画で観せられるより、テキストの方が食欲が湧く。
作中何度も何度もうまそうなうどんが出てくるがあまり食指が動かない。「シコシコとした歯触り」とか「ぷんと漂うだしのにおい」とか、「私の顔より大きなげそ天を頬張る」とか「ゆがきたてのうどんにじゃっ、と生醤油をかけ、ずずっとすすりこむと」などとテキストで読む方が私のうどん欲を掻き立てる気がする。うどんは想像することを楽しむ食べ物だと言えまいか。うどんの画自体は実にシンプルなものでどの店もさほどは変わらないわけだし。だからこそあの香川で食べるうどんの蠱惑的な麻薬のような魅力。いくらでも食べたくなり、一度体験したら何度でも行きたくなる陶酔感。これは画ではなかなか表現できまい。ちなみに私は香川でうどんを食べた経験がないのだが。
また同時に、うどんをうまそうにすすりこむのもなかなかに高度な技術を求められる。この点においても映画の難しさを感じた次第。思えば「食」に主眼を置いた映画というのは難しいもんである。
それでも映画としてはこの作品は実に楽しめた1作だった。役者も良く、テンポも良い。ユーモアと暖かさのたっぷり利いた作品。

うれしい知らせ。

高校の時の友人から就職が決まったと知らせがある。かなり紆余曲折のある生き方をしている人で病気がちでもあった。そんな彼女からの一報はすごくうれしい。幸多からんことを。

2008-07-29

陽気なギャングが地球を回す

おもしろかった。何にも考えずに観られるまさに痛快娯楽映画。

さすがは伊坂幸太郎原作。テンポ良く物語りは進み山場の連続。
鈴木京香がとてもきれい。他のキャストも楽しい。実に面白い。
(恐らく)誰も死なない。極端に不幸になる人もいない。
オチも楽しい。しかしあのなぞなぞはなぞ。
リュック・ベッソンのヤマカシみたいに気楽に観れた。
ひまで、元気を出したい時に観るのにたぶんお薦め。

陽気なギャングが地球を回す

2008-07-28

蟲師

観た。蒼井優きれい。江角マキ子もいい感じ。オダギリジョーもかっこいいっす。

・・・以上。

原作を知らない作品を観ることが増えた。結局、オチがよくわかんなかった。
途中、目をこらしててもよくわかんないシーンとか、なんやかやと目を離していたシーンも多かったからだろうが。世界観も音楽も良かった気もするのだが、どうも煮え切らないものが。世界観にも音楽にも。

都より客人来たる。

土曜日は研修後懇親会。これで毎週の研修は終わり。長かった。ホテルでのパーティ後、先手町のバーにて二次会。会員制のお店ってはじめて入ったなりよ。
しかし内心、戦々恐々。みるもりさんのサークルの後輩のお二人と旦那さんが来宅されているのに飲み歩きだから。
帰宅は23:30。すぐに後輩のお一人は終電車でご帰宅。ご婦人を夜遅くお一人で帰らせてしまった…。
お泊まり下さったご夫妻と3時まで歓談し、就寝。
翌日、お昼過ぎにお二人はお帰りに。
沈黙が怖くないというのがうれしい、とみるもりさんがおっしゃった。
本当にそう思う。
ありがとうございました。

2008-07-27

『戒厳令の夜 上・下』

『戒厳令の夜』五木寛之 新潮文庫
数年前。当時の上司と民俗学の話を確かしていて薦められた本のうちの1冊。
他に薦めれたのは半村良の『産霊山秘録』や折口信夫など。当時、大体読んだのだが、この1冊は見つけられず。しかし職場の図書館にあったのは盲点だった。基本的に本屋でのめぐりあいをいつも楽しみにしているので。
食事中に別の人と話題になって、思い立ったが吉日。借りる。往復の電車で3,4日で読む。

非常に意欲的な内容。ナチス、日本の疑獄。右翼。スペインの内戦、山人。サンカ。海女。炭鉱。チリの平和的な社会主義への移行と陰謀。詩人・ネルーダ、音楽家・カザルス、そして伝説の画家・ロペス。キーワードが実に盛りだくさん。決して尻切れとんぼな感じは無いのだが、それにしても盛り込みすぎでちょっとぼやけてしまった感じが。これだけのテーマを入れ込むならあと数巻は書くべきだったんじゃないかと。ある程度、スムーズに主人公・江間を導く鳴海望洋氏の思惑通りに話は進むが後半は数度の大どんでん返しで驚かせる。小説として非常に良くできた1冊。しかし、それにしても盛り込みすぎ。そんな感じ。

『よくわかる大学の認証評価』

『よくわかる大学の認証評価 大学機関別認証評価 篇』
早田幸政 船戸高樹 編著 エイデル研究所

まあ、タイトルのとおり。大学は質保障のために7年に1度、指定された認証機関からの評価を受けなくてはならない。専門職大学院だけを対象とする機関ではなく、機関全体の認証評価を行うことのできる機関は現在、4機関(1機関は短期大学のみを対象とする)。これらの機関の担当者がそれぞれの機関の特徴などを説明。認証評価の仕組みや各機関の特徴を理解する入門書。

2008-07-26

研修の幕にふさわしい

寝坊。

白浪五人男や探偵ナイトスクープ、福岡の津軽三味線高校生などを観ていたらあれよあれよと昨夜の就寝1:30。
自分のミスで仕事が増えたので落ち着かずなんとなく。

2008-07-24

第三の男。

再び観る。
やはりいいなあ。

2008-07-23

間宮兄弟

一昨日観る。
いわゆるおとぎ話。

佐々木蔵之介と塚地武雄演じる兄弟は都内の下町に仲良く暮らしている。鉄道、紙飛行機、ビデオ観賞、雑学、読書と多彩な趣味を持ち、料理も上手。
兄は大手ビールメーカーの研究員として新製品の開発に余念がない。
弟は校務員になりたくてたくさんの資格を取り、今は小学校の校務員。

見たところ何不自由ない二人だが、ふと女性との縁のなさに気付き、変な歯車が回り出す。

彼らは少し変わっているが、まじめな仕事とまっすぐな性格で人々からもそれなりに好感をもたれている。

周囲の女性はみな彼氏持ち。だが彼氏はそれぞれに問題がある。

と、いう感じ。

感想としては最初に書いたとおり、おとぎ話。

のんびり観られるゆるい映画。

2008-07-22

復帰。

ディスプレイ17inch届きました。快適。しかし早い。
ちなみに手荒れもかなり快復しつつあります。

寝坊。

1時間寝坊というのははじめてな気がする。
いつもより1本遅い電車。連絡やらなにやらでやたらとロス発生。
果たして間に合うか。

2008-07-21

今日も仕事日。

どうやら巷は休みらしい。

「めがね」

いつも映画の情報をできるだけ遅れてお届けする我がページ。今回もこのタイミングで。
とはいえいつもならレンタルビデオショップ・ツタヤで旧作になってから観るのに今回は準新作なのに借りてみた!たまたま半額だったことと、仕事が忙しい時期で麻痺してたせい。

んで感想。
もたいまさこ、最高。

期待していためがねの市川実日子はその姿がなんでかtangoさんに見えて仕方がない。めがねをかけていないとそういう感じはないんだけど。
そういう点でいえば笑顔のもたいまさこが石橋蓮司に見えた。なんかすごく似てた。並んでにっこりされたら一瞬区別がつかないかも。

あんな場所でビールを飲みたい。

んで小林聡美は服が素敵。しかし、なんであんなに服を持っているんだろう?

と、非常に散漫な感想になってしまうのはストーリーより雰囲気の楽しい映画だから。ゆるい。ゆるくて楽しい。

2008-07-20

はうっ。

モニタ、壊れた。Windows95が出る直前に購入したSONYの15inchモニタ。

調子がわりいなあ・・・と思いながらもだましだまし使い続けたこの2,3年。
ついに限界だったようで、突然に映像が消失。

あわてて先ほど液晶モニタをあさり、三菱の17inchの06年発売のヤツを今、発注。
14年ほどか。途中数年のブランクがありながらも本当にお疲れ様でした。
・・・この町ではどうやって処分をすればよいのだろう?また今度、市に問い合わせないと。
そして購入したモニタ、いつ来るのだろう?

2008-07-19

キンアレ。

電車にて。
会話を聞いていて金属アレルギーのことと知る。
なんでも略す関西人の言葉の豊かさにはいつも感動する。

ガーゼとテープと…

先般記載の通りかぶれた。
多分十数年ぶりに皮膚科に行った。
歩いて15分くらい?
おばあちゃん先生とネットに記載されていたが閑静なつくり。
患者もなんだか良い雰囲気。おばあちゃん先生良い感じ。湿疹だそうで。ステロイド系他計3種類の軟膏とテープを購入。我が家にはテープもガーゼもないのでドラッグストアで購入。薬を塗るようにバターナイフも百円ショップで購入。

今日は研修。後、飲み会。
今、帰り道(23:07)。
疲れた。
ツタヤが安いらしい。明日行ってみるか。

と、取り留めのない話。

2008-07-18

今日の空、

今日の空、
と、クレーン。

安宅。

この間、ご連絡頂いた融資ご担当はアタカさん。「安宅と書くのかなあ?安宅の関のアタカかなあ。」などと思う。
帰りにお会いした方がつけていたお守り。聞いたら「安宅神社」のものとのこと。難関突破のお守りとか。なるほど。
融資担当が安宅さんというのも縁起がよいやら悪いやら。
ちなみに、うちの経理の主力は安宅の関守と同じ名字。経理の要にふさわしいのか悪いのか。
今まで知らなかったのも恥ずかしいが、安宅の関は石川県だそうで。ということは義経一行は京都から落ち延びたのか。
鎌倉から関東、東北を落ち延びたのだと思っていた。

2008-07-17

今日の空2。

今日の空2。

今日の空1。

今日の空1。

2008-07-16

死刑にまつわるエトセトラ。

死刑に賛成か、と聞かれたら、その人が間違いなく有罪でしかもそれがまさに万死に値するものなら賛成である。世の中には「生きていてはならぬ」人間というものもいるとは思う。

因果応報という言葉がある。被害者や遺族はまさに八つ裂きにしてもまだ許せない相手というのもいるだろう。しかし仮に相手を八つ裂きにしたとしたらその因果は八つ裂きにした側に帰ってくるだろう。
ここで気になるのは死刑を執行する人々のこと。日本の場合は絞首刑だが、首に縄をかける人。踏み台が外れる装置を使う人。皆、相当神経をすり減らすお仕事だろうと思う。苦しみ、摩耗し、麻痺するお仕事なんじゃないかと思う。
法務大臣が判を押す度に、「人殺し」を増やしているのだ、と考えてしまうとなんともやり切れない。
死刑執行のお仕事というのはなんと辛く崇高なお仕事なんだろう。

前述の通り、私はどちらかというと死刑に賛成する人間だが、そうやって考えていくと段々と死刑というものの難しさに気付かされてくる。

かぶれ。

私、年に何度か左手の小指が荒れる。ただれ、妙な体液が出だす。
学生時代の喫茶店のアルバイトで業務用洗剤を使うようになったのがきっかけだが、今もたまになる。今回は右手の甲まで広がり出した。左手の小指はいっとき回復したが再発しそう。
ふと気付く。左手の小指はお札を勘定する際の雑菌のせいではなかろうか?だとすると致命的だし、しかもあまりにひ弱過ぎる。なんとも情けなや。
しかも右手の甲も一向に治る気配がない。なんとも困ったもんだ。

2008-07-14

『日本の生きもの図鑑』

『日本の生きもの図鑑』講談社 監修 石戸忠 今泉忠明
美容室で読んでいたカジカジかなんかで見かける。
絵入りの図鑑。ツタヤで見かけて即購入。楽しいったらない。すごく癒される。
んで楽しい。学研の科学みたいなわくわく感。お薦め。

2008-07-13

幸せってやつがわかるとき。

幸せってやつがわかるとき。
ウィスキー。シャンツァイのサラダ。ハーブチーズとクラッカー。乾きもの。同僚から借りたDVDは細野晴臣。

2008-07-12

(泣)

お気に入りのシャツにコーヒーの染み。
落ちるだろうか…

あっという間に一週間が過ぎる。

終わらない仕事がいっぱい。

ほぼ毎日寝坊。

理想は6時起き。現実は6時30分起き。朝食もろくに取れない。
今週は特にひどかった。

昨日の猫たち。

昨日の猫たち。
職場にて。

昨夜。

昨夜。
遅い時間にみるもりさんと合流。別の課の人お勧めの志な乃屋へ。
普通の居酒屋だけど、サービス良し、味良し。しかも混んでいるのに待たせない。安い。酒盗は少し塩辛かったけど。稚鮎の天ぷらが特に良し。
楽しいひととき。

2008-07-10

『大学で考える』

『大学で考える 学力・入試・国際化』慈道 裕治 文理閣
課題図書でございます。ええ。
いろいろな場所で発表された論文を集積された作品。
主として別府にある立命館アジア太平洋大学の副学長として取り組まれた内容をもとに現在の日本のあるべき大学について論じられたもの。示唆に富んでいる。

いつの間にか蓮の盛り。

滋賀に住んでいた頃は欠かさず見ていた蓮。大阪に引っ越してからは全く見掛けない。電車の車窓から見掛け無念に思うばかり。
蓮をゆっくり見ていたいなあ。

2008-07-07

ケーキ。

ケーキ。
バーゲン帰りに買う。いつもと同じ(といえる頻度ではないが)アンリ・シャルパンティエのもの。
プリンのうまさに驚いた。

バーゲン、バーゲン。

バーゲン。行ってきたのです。
とはいえ買いたいものなんて知れてる。基本はシャツ。だけ。
30%オフとか、半額とか。何枚か購入。
あとは安くなってないCDを2枚、澤野工房関係で。

2008-07-06

『ハルチン2』

『ハルチン2』魚喃キリコ 祥伝社
なんと、2巻が出るとは。マガジンハウスのHanakoで連載されていたマンガ。
実にお金にだらしない男前の女性ハルチンと、とっても女性らしいしょっちゅうしょうもないことで彼氏と喧嘩するチーチャンの物語。なんか1巻よりますますハルチンの衝動買いがひどくなっている気が。生活もますますだらしなくなってる。チーチャンもバイト先で正規雇用されたようなんだけど、どうも女として枯れつつあるような感じ・・・らしい。
1巻よりパワーアップした2人の生活が実に楽しい。
巻末には番外編として「ナナナン」も掲載。ハルチンのだらしない生活はどうやら筆者自身の生き写しらしい。

『アメリカの学生獲得戦略』

『アメリカの学生獲得戦略』山田礼子 玉川大学出版部
研修参考資料。
う~ん、持論が一貫しているのはとてもすばらしいんだけど、続けて読むと・・・。
精神的につらかった一冊。
氏の本は個人的には続けて読むべきじゃないなあ。
また数年後に読んだらメからうろこが落ちるかもしれない。

非常に綿密な調査を重ねてまとめあげた主にアメリカ、カナダ、日本における入学生への導入教育と、学力の向上に関する工夫、奨学金政策などに関する研究報告、だった気がする・・・。いや、すみません、ろくに頭に入りませんでした。

『大学入試の戦後史』

『大学入試の戦後史 受験地獄から全入時代へ』 中井浩一 中公新書ラクレ
国語教育の専門塾「鶏鳴学園」の学長である著者が長年関わってきた受験業界、ひいては政策についてまとめたレポートであり、提言書。
その内容は非常に広範で、論旨もわかりやすい。実に良くまとまった良書。

例によって研修の参考資料。

人の情けが身に沁みる。

クリーニング屋さんでポイントをおまけしてもらったり、軟膏買った薬屋さんで絆創膏もらったり、風邪薬を買った薬屋さんで生姜湯もらったり、花屋さんでお花をおまけしてもらったり。
そういえば、よく行くコンビニでもおまけしてもらったりしたなあ。
って、もらった話ばかりやん。

なんかでもそういうのって、うれしくないです?

秋津島。

とんぼを見掛けた。

もう秋かあ……
…って、何か違う。

2008-07-05

昼食は。

昼食は。
イノダコーヒのウィンナーセット。1050円。狭いイメージでホテルの朝食気分。素敵。コーヒ付き。

昼寝中。

昼寝中。
猫4匹。

朝食に。

朝食に。
実家でもらった千疋屋の洋梨のコンポートとヨーグルト。

神秘的。

砂丘にカエルかあ・・・。オアシスにオタマジャクシ・・・。
鳥取砂丘って、行ったことがあるような、ないような。
砂丘のスケールは決してしょぼいものではなかったと思うので、やはりちょっと神秘的。

<鳥取砂丘>謎のオタマジャクシ、「オアシス」で確認

7月4日18時6分配信 毎日新聞

2008-07-04

気がつけば夏の匂い。

駅でふっと漂う。
キャンパスから祭り囃子。
もう夏だ。

時間の相対性。

水曜日。
髭剃りシェーバーによる肌荒れがひどく、18時過ぎにあがり、電気髭剃りを買いに職場に比較的近い電器屋さんへ。
髭剃りを思いの他、安く買い、ついでに四条へ。cocon烏丸のlisnへ。「臭い」とみるもりさんに言われてしまった本棚用の匂袋を購入。ついでに白檀のお香も。
さらについでに、shin-biにてポストカード、ぽち袋も購入。
さらについでにたなかで夕食の柿の葉寿司も。
帰宅は21時。案外いろいろできるんだなあ、と知る。

昨日は休み。9時頃起床。12時までだらだら過ごす。12時過ぎ、朝食兼昼食をだらだら食べて、土曜日の課題を書く。…進まない。気分転換に買い物。
帰宅。再び課題。なんとか完成、メールで提出。夕食作り。みるもりさん帰宅。あとは平常通り。
時間の使い方の落差が悲しい。

「まちこ巻き」の話。

一昨夜、みるもりさんが髪の毛を乾かすタオルをかぶり、「まちこ巻き。」と宣うた。
「今の若い人は知らないよなあ、三十代でも知らないんじゃない?」などと話す。
「前に、ご機嫌ようで、「ありがとう」の目が出た時に、小堺さんが「さわやかに〜」って歌い出したんだけど、みんな知らないよねぇ」「知らないねぇ。私も曲は耳にしたことはあるけど…」「水前寺清子の歌で「ありがとう」というドラマの曲。山岡久乃さんがお母さん役だったんだ〜」「なんで、そんなに詳しく知ってんのさ」「学生の時に再放送で観たの!」よく、みるもりさんは年齢詐称してるな、と思うことがあるわけだが、今回もそんなことを感じた一場面でありました。

たこすけさんありがとうございます。二度目のプチブーム、あったんでしたか。

2008-07-01

三十代のみなさんへ。

「まちこ巻き」って知ってます?さすがに知らねえんじゃないかと、私は思ってるんだけど。
まさか、もう二十代の方は知らないですよねえ?

ん?

ん?
ビタミンC 26mg〜300mgって、えらい幅があるなあ。

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

最近のトラックバック