2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

メインサイト

« 『碁娘伝』 | トップページ | 遠足シーズン。 »

2008-05-21

『かぶく者』

『かぶく者』原作・デビット宮原 漫画・たなか亜希夫
現代と江戸時代を舞台にした歌舞伎の話。江戸時代のスキャンダル「絵島生島事件」の中心人物・生島新五郎とその子孫と思われる市坂新九郎が主人公。
破天荒な新九郎と、名門の重圧に耐えながらも着々と地歩を固める仲村宗太郎。
この対照的な2人を主軸とする現代。新九郎は親友の市坂京介と夜な夜なストリートで歌舞伎を演じる。あるはずもない「首実検の首」。夜の東京の空に飛んでるはずもない「ほととぎす」。新九郎の才能はいともたやすく観衆に「見せる」。
まだ、出だしというべきか、そもそもいつまで続くのかもわからないけど、とりあえず1、2巻の流れは実におもしろい。

« 『碁娘伝』 | トップページ | 遠足シーズン。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105683/41280211

この記事へのトラックバック一覧です: 『かぶく者』:

« 『碁娘伝』 | トップページ | 遠足シーズン。 »

最近のトラックバック