2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

メインサイト

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008-05-31

来ました!

来ました!
ブタフィーヌさん4巻。サイン入り!スタンプ付き!わ〜い♪

たかしまてつをさんのページ tt-web

2008-05-30

今日は少し佳き日。

昨日は少し嫌な日。
禍福はあざなえる縄の如し。

2008-05-27

『パブリックリレーションズ』

『パブリックリレーションズ』井之上喬 日本評論社 引き続き課題図書。 この間読んだ『戦略広報』の上級編のような内容。 わかりやすく読みやすい。しかし誤字が多い。 具体的な事例紹介も豊富で興味深い。

2008-05-26

キャッチコピー。

明日までの宿題。
考えているうちにたどりついたサイト。おもしろい。

みんなで集めるキャッチコピー集

2008-05-25

不可解な自分。

昨日の朝から風邪気味。のど飴を購入。
研修へ。研修後、懇親会。帰宅、就寝。

今朝。ひどくなってる感じ。葛根湯を飲む。朝食はクッキー。
少し元気になり、無料チケットのある枚方パークへ。
雨模様の中、みるもりさんとバラを観賞。
調子がだんだん悪くなる。買い物に行く途中で脱落。みるもりさんは引き続き買い物。
少しベッドへ。
起床。せんべいとインスタントラーメンを食す。2杯目の葛根湯。
だるい。だらだらパソコン。後、スコーンを焼く。
またパソコン。夕食を摂る時間になっても食欲がわかない。残り物のご飯を口に含む。うまい。考えてみると米をとるのが久しぶり。恐らく50時間ぶりくらい。
少し元気になる。ご飯だけを口にしていたが、自然、みるもりさんのおかずに手が出る。どうも未病ではないようなので、入浴後、ベンザエースを服用。さらば葛根湯。
んで再びだらだらパソコン。合間に洗濯、アイロンなどしつつ。

風邪ならベッドで寝てりゃいいのにね、俺。

今度はスコーンを

今度はスコーンを
焼いてみた。砂糖の順番間違えたわりにうまい。しかもクッキーより簡単。
今回のレシピはクックパッドから。

2008-05-24

いつもながら。

宴会幹事がすごく苦手。うんざりだ。
そのくせたまに頼まれる。本当にうんざり。

2008-05-23

マカロン。

マカロン。
グランスタの東京ステーションホテルにて。
結構うまい。

2008-05-22

『戦略広報』

『パブリックリレーションズ実務辞典 戦略広報』
電通パブリックリレーションズ 編著 電通

課題図書。・・・何冊目だろう?
グロービス・マネジメント・インスティテュートのMBAとシリーズに似た作りで2ページずつの章立て。いわゆる宣伝広報だけではなく、危機管理、ステークホルダーとのかかわりなど実に幅広く広報戦略を説明。広報の基本はこの1冊で、といった感じ。
でも巻末の各種法人等の広報展開はあまりにも簡単に書きすぎ。とはいえきっとそれはどの項目もそうなのかも。最近読んでいる本はほとんどそうだけど、入門書として最適。

某社のティッシュ。

200枚入りが160枚入りになってら。少し前は180枚入りになってたような気がするが。恐るべし、値上げ。

遠足シーズン。

新幹線、混んでるなあ…うんざり。

2008-05-21

『かぶく者』

『かぶく者』原作・デビット宮原 漫画・たなか亜希夫
現代と江戸時代を舞台にした歌舞伎の話。江戸時代のスキャンダル「絵島生島事件」の中心人物・生島新五郎とその子孫と思われる市坂新九郎が主人公。
破天荒な新九郎と、名門の重圧に耐えながらも着々と地歩を固める仲村宗太郎。
この対照的な2人を主軸とする現代。新九郎は親友の市坂京介と夜な夜なストリートで歌舞伎を演じる。あるはずもない「首実検の首」。夜の東京の空に飛んでるはずもない「ほととぎす」。新九郎の才能はいともたやすく観衆に「見せる」。
まだ、出だしというべきか、そもそもいつまで続くのかもわからないけど、とりあえず1、2巻の流れは実におもしろい。

『碁娘伝』

『碁娘伝』諸星大二郎 潮漫画文庫
最近、というかここ数年、囲碁が気になる。一番の原因は『蒼天航路』での扱い方だったんだけど。
で、諸星大二郎による囲碁を操る美女の話。
怪異譚ではなく、復讐劇。でもまあ諸星先生なんで、あちこち怪しげな雰囲気は醸しながら。
1話1話の発表時期がかなり離れているので、連続性が乏しい。
でも相変わらず楽しい。

『ラブホテル進化論』

『ラブホテル進化論』金益見 文春新書
神戸学院大学博士課程後期在籍中の院生による作品。
新聞の書評で紹介されていて気になり、書店で立ち読みして購入。
いっぱい課題図書があるのに・・・。でも、いまどき?の学生さんが、どうして先行き不安な人文系大学院に進学して、しかも「ラブホテル」という研究テーマを選んだのか、その道程は実に興味深く、買わずにはいられなかった。

「論文」としてはどうだろう?なんだか「レポート」といった方が良いように素人目には感じられるんだけど、でも良くこれだけ調査したもんだと、本当に感心する。
協力者である日本文化研究センターの井上章一氏の一言に発奮したという出来事も面白い。
収められている情報も非常に興味深いものが多かった。ここの情報は読んで感心してみて下さい。面白いから。

しかし、みるもりさん曰く『「女子大学院生による」という帯の言葉と帯に写真を載せるのは卑怯だよな~、邪な発想のおっさん達が買いそう』とのこと。確かに。

2008-05-19

ココアを入れて。

ココアを入れて。
ダブルチョコチャンククッキー。
焼け具合がわからないのが悩ましいところ。
…成功かな?

2008-05-17

些細なことを大袈裟に。

おせん、ハチワンダイバーと漫画が原作のドラマを今期は観ているが、原作を読む気になれない。

新しい漫画をあまり買う意欲がないからだと思っていたが、次を観る楽しみが減るからなのかもしれない。
些細なことだが、何にせよ未来に期待できるというのは大事だなあ、と思わなくもない。

こういう些細な希望の積み重ねが子供の頃に未来に希望が持てた理由だったりとか。
未来への不安と希望のバランスが不安定になるのは何歳くらいからだろう?

ああ、なるほど…。

イヤホンのパッドが大きいみたいで耳が痛い。
小さいサイズは小さ過ぎる。
そこで、KOSSのSPARK PLUG用に買ったSONYのパッドを流用。ほどよく柔らかく耳には合う。
しかし。
低温が全然入ってこない。なるほど、なかなか難しいもんだね。

2008-05-16

『組織変革のビジョン』

『組織変革のビジョン』金井壽宏 光文書新書
例によって研修関係の課題図書。
う~ん、啓蒙書としては良いような気もするんだけど、さほど面白くもなく。

『Wordを使った大学生のための論文作成術』

『Wordを使った大学生のための論文作成術思考技術・情報処理技術を書く力へ』
佐良木昌 明石書店

研修の課題図書の1冊。MS-IMEを使うのが当たり前と思ってたんだけど、ATOK
ってすごい、ということを知る。総じて、今読んでもあまり私には役に立たない気が
する内容だったのだが、大学生は必読、な気がする。論文作成の入門書として
非常に入りやすいお薦め図書。

IDE 現代の高等教育No.499

「これからの大学職員」2008年4月号
面白おかしく拝読。いろいろと勉強になったけど、4、5ページくらいの文章ばかりで
ちょっとボリュームが足りない・・・。でも濃い。

2008-05-14

UFO。

昨夜、歌謡曲を年代ごとに紹介する番組をちらっと観た。最後の方をちらっと観ただけなので趣旨をいまいちわからなかったが。

その中で聴いたピンクレディーの「UFO」。
歌詞を詳しくは知らないのだが宇宙人を彼氏にした女性の歌だと認識していた。だがしかし。あの歌、彼氏が宇宙人だと断定していない。
私の彼は変わっていて、どうも「そう」ではないか。でも地球の男に飽きてたところだ、という流れ。
つまり宇宙人の彼氏を持った女性の歌ではなく、地球の人じゃないみたいに刺激的で変わった彼氏を持った女性の歌なのだ、と知る。タイトルと端々の「UFO」という言葉に惑わされていた。
深いなあ、阿久悠。
とか言いながら2番とかで宇宙人と断定していたら、根底からこの話は覆るのだが。

2008-05-12

むかしはよかった。

研修の課題で、昔の仕事のことを思い出さなければならないのだが、異動しちゃった上に前のデスクは片道1時間弱。ということで、ブログにする前の日記を読む。
昔の自分の日記・・・いろいろとおもしろい。「そうかあ、どうでしょう、この頃から夢中になったんだなあ・・・」とか、「そうかあ、ダージリンファーストフラッシュを飲みだしたのはこの頃か・・・」とか。あるいはみるもりさんからの理不尽なビデオ録画にかかわる要求を読んで苦笑したり、ミヤモトシンタ氏みるもりさんと行った花見の際に立ち寄った喫茶店のおばちゃんがうるさかったけどエビフライとハンバーグがとてもおいしかったことを思い出したり。
ということで全然、仕事の話に行き着かない。まるで大掃除の時の古新聞のよう。
あるいはアルバムのよう。あるいはテスト前日の模様替え。

んで、このページのタイトルが「むかしはよかった。」なあたり当時の自分のセンスに苦笑。そう。昔は良かった。胃の痛い仕事も多かったけどね。

2008-05-11

漫画が原作のドラマばっか。

観てるなあ。
ハチワンダイバーを昨夜観る。
『おせん』もだが、『ハチワンダイバー』もなんの漫画なのかも知らなかったのだが、新聞でたまたま予告を読んだら将棋を題材にしていると知る。となるとついつい気になってしまい。で、おもしろいんだよなあ。困ったことに。どうも観続けそうな気がする。

ハチワンダイバー-フジテレビ

SENNHEISER CX300。

か~なり前に購入したイヤホン。
結局、ネタにするのにこんなに間が。
とはいえ、もう聞き比べようにも聞き比べる対象もなし。
でも、単体としては非常に満足。中くらいのサイズのパッドにしていたら耳が完全に密閉される感じ。それがとても良いんだけど、付けすぎたのか軽く外耳炎のような痛みが。ということで今週1週間は使用を控えてました。
来週は小さいサイズのパッドにしてみようかと。どうなのかなあ。この間、試しにはめた感じでは小さすぎる気もするが・・・。

2008-05-10

今日は研修。

これから毎週土曜日が7月末まで潰れる。続けることがまず肝心。

研修後は懇親会。例によってロクに食べず。疲れた〜。

『大学の教育力-何を教え、学ぶか』

『大学の教育力-何を教え、学ぶか』
金子元久 ちくま新書

なぜ、この本をもろもろの最初に読まなかったのか。
そう悔やみたくなる名著。よく薄い新書でこれだけ盛り沢山の情報を凝縮できたなあ、と感心する。歴史的な背景、海外(主にドイツとアメリカ)の大学の歴史と日本の大学の歴史。これからの大学のあり方。本当によくまとまっている。

『組織戦略の考え方-企業経営の健全性のために』

『組織戦略の考え方-企業経営の健全性のために』
沼上 幹 ちくま新書

書いてあることは実に基本的なことばかりな気がするが、文体がくだけていて、かつ普通の本ならもう少し婉曲な表現をする面を現実にありそうなシチュエーションをふんだんに描くことでわかりやすく読みやすくまさに啓蒙書という新書の役割を果たすにふさわしい1冊。
「官僚制度」の否定は「官僚制度」にあるべき業務の徹底をしてこそ、という点はまさにその通り。
「お役所的」「官僚的」であることをとかく嫌がられるが、近年の数々の不祥事は官僚的な業務の徹底の至らなさが原因となっている場合が多い。
読みやすく、わかりやすい1冊であった。

2008-05-08

日常。

1日ぶり?2日ぶり?ともあれ。
忙しかったわけでもなく。むしろ特にどうということもなく。
でもだらけきった連休明け。なんとなく適度な緊張やら、頭の中でからからと音がしそうな小さな脳みそを稼動させたりもしていると「これだよ!」という気になる。働いてなんぼの小さな脳だと実感。たとえ蟻の爪ほどしかない小さな小さなおつむであってもやはり動かしていると「生きているなあ」と思う次第。

今週末からいよいよ毎週土曜日が研修でつぶれる。悲しい。
「やります、やらせて下さい!」といったものの、こんなに毎週とも気づかず、課題がこんなにあるとも知らず。こういうのを欧米ではアフターフェスティバルと言うとか言わないとか。むかしむかし角川文庫の『機動戦士ガンダム0080ポケットの中の戦争』の小説版あとがきだかでそんなフレーズを読んで「なんだそりゃ?」と思ったんだけど、未だに覚えてる。出典は自信ないけど(なら書くな)。くだらないことっていつまでも覚えてるもんですね、と村上春樹も書いていた(これも確かかどうかは不明)。
んで昨夜は本日8日が締め切りと改めて気づかされた宿題作成に必死。連休中に仕上げようと思っていたのだが、少し書くと偏頭痛。その繰り返し。おかしいなあ、テーマはいつも悩んでいることなのだが。悩んではいるが、テキストに起こせるほどの明確な文になっていなかったのが敗因。やっつけ仕事ながらなんとか昨夜概ね書き上げ、行きの電車で添削し、就業前に仕上げ、先方へメールで送る。しかしあんなにあけすけに書いてよかったのかどうか。
まあ、そんなこんなです。

2008-05-06

アッサムTGFBOP1。

少し前なのだが、ラ・メランジェでアッサムTGFBOP1を購入。
缶から包装用袋に移しかえる際にすごい「ほこり」。
「これほこりじゃないんですよ。産毛なんです」といわれてびっくり。
家に帰り、袋から缶に移す際に、みるもりさんが「あ、これかあ」と言っていた。やはりすごい産毛だったらしい。
今まで飲んだ中では一番かぐわしいアッサムな気が。
恥ずかしながら、アッサムの後ろの「TGFBOP1」の意味もわからず飲んでるけど。
いいんです。おいしく飲めれば。

慣れてきた。

慣れてきた。
バニラスティックが1本1000円なのに恐れをなし、また同じレシピのホワイトチョコチャンククッキー。サイズも小さめ焼き色も適度。砂糖はみるもりさんが買ってきてくれたきび砂糖。おいしいっす。

パソコンで見るとなんだか信楽焼きの狸みたいな色合いだなあ。
クッキーの瓶詰めですが。

2008-05-05

ああ、これは・・・。

學天則だねえ・・・。先般、ミヤモトシンタ氏もこの話は言及されていたが。
技術的にどうこうというのはよくわからないが、ギズモート・ジャパンの記者の記述のとおりまさに帝都物語の印象が強いわけで。

80年前に作られたロボット「學天則」が復元

5月1日12時15分配信 ギズモード・ジャパン

2008-05-04

なめろう風?

なめろう風?
安かった丸鯵に味噌、ポン酢、ごま油、紫蘇、茗荷、葱を和える。昔からよく作るお手軽料理。うまい。

2回目「は」成功。

2回目「は」成功。
クッキーを焼いた。
分量を2回に分けたら、火の通りが早くなり1回目は焦げちゃった。
食べられなくはなかったけど。

2008-05-02

斉藤さん?

一昨日の朝6:45と7:45。そして昨日の昼。
斉藤さんという方からロングメールが来た。
「はじめまして」からはじまるその文章は曖昧でどうもやましい話のようである。
知っている人は知っているが私のアドレスはアルファベットや記号、数字を混ぜ合わせ、長い。
迷惑メールはほとんど来ない。そこへ2日で2回も来ると、興味がひかれる。PCへ転送し、URLをクリックしてみた。
やはり怪しいサイトだった。
なんだ。

多分、これでアドレスをまた長めに変えても同じだろうし、変えないけど、困ったもんだね。

2008-05-01

心ひそかに。

恋い焦がれていた方がやめちゃった。
やめる直前に窓口で「おしゃれですね」と言われ、胸弾んだのだが、きれいな人に話しかけられるとどぎまぎしてしまう癖が思春期からあり、まともに返事できなかったのが悔やまれる。
ちゃんと挨拶できなかったなあ…

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

最近のトラックバック