2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

メインサイト

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008-03-30

『私立大学のクライシス・マネジメント』

小日向允 論創社
よくできていると思う。内実に精通されている方だからこそ書けるような内容で、しばしば頷く。経営の専門家の発言をはしばしで取り上げ、「Aはこう言っている」という感じの論述が多いのが少々鼻についた。でも、大学職員としての必読図書としてあげてもいいんじゃないだろうか?たぶんどこの大学でも発生している問題を真正面から取り上げている。5年前の本だが、当時としては画期的だったのでは。あるいは当時から顕在化していたが今をもってしても取り組めていない私立大学が多いだけなのかもしれないけど。

大食い女王。

大食い女王って全然興味が無い。とはいえ、赤坂さんが活躍していた頃は普通にテレビはよく観てたので確か観てた。
んで、ギャル曾根さん。彼女が大食いをしている姿には興味が無いんだけど、結構、普通におもしろい。他の大食いの方々も日ごろの姿が楽しい。
昨日、夕食をとりに病院近くのラーメン屋さんに入ると2夜連続だかの大食い女王決定戦の初日だかをやっていて、菅原初代さんという方が紹介されている。
40代だそうなんだが、クセのある美人。結構、好み。
で。今日たまたま帰宅したら、準々決勝でみなさんエビフライを食べてらっしゃる。
なんとなく観ちゃう。
準決勝でまさかのギャル曾根敗退。個人的には「若さゆえのあやまち」というか「王者の驕り」というか。でも菅原さんが前日のインタビューで語っていたけど、彼女の食べ方のきれいさって大事で、その点を維持しながら挑戦者を蹴散らすのって相当大変だろうね。で、拮抗しだした挑戦者の力についに女王が追い落とされてしまったと。
で、菅原さんがダントツで決勝戦へ。決勝でハイペースを維持する彼女にナレーターが「決勝戦で倒したかったギャル曾根への怒り」と語る。
んで、共感しちゃうんだね、私。力石が死んだときの矢吹丈とか、セル戦で勝手に死んだ悟空へのべジータの怒りみたいじゃない?なんだか。「俺はあいつを負かしたかったんだ、晴れの舞台で」みたいな。もちろん、本当にどうだったかはわからないんだけどね。ギャル曾根は死んだわけじゃないけど。
でも大食いの人の日ごろのトレーニングの話とかも前にテレビで観たけど、ある種アスリートだよね。本当に。ということでなんとなく観ちゃいました。

でも菅原さん、美人だなあ。かもめ食堂とかに出てきそうな。
空腹で街で倒れているところを小林聡美に助けられ、食事を出したらお店の食べ物を全部食べられちゃったりとかしたら面白そう。もたいまさことかとも共演させてみたいなあ。
とはいえ、全然、菅原さんのことも知らないけれど。

ほっと一安心。

仕事が終わらず、終電で帰ろうとした金曜日。
みるもりさんから電話。蚊の鳴くような声で腹痛を訴える。帰る手段もなく、帰宅は1時頃。救急センターに問い合わせ、近くの病院へ。
盲腸。経過を見て、手術か抗生物質で処理するかを決めることに。
翌日、手術。1時間くらいという話だったが、切除する箇所がややこしい位置で長引く。なんやらかやらややこしい可能性があると事前説明を受けていたが、今日のレントゲンによるとなんとか無事に済みそう。しかし、術後は、寒く感じるようでかなり青褪めていたり、熱が39℃を超えたりと大変だった。盲腸なんて、手術の内に入らない、とかいうけどやはり怖いもんだなあ。

今日は1日ぶりの食事をとったり(傷やからっぽの胃に響く)、立ってみたりと奮闘中。

最近、ドラマティックなできごとが多い。

2008-03-28

寒いぢゃないか。

夜は冷えるだろうと思っていたので、カーディガン、マフラー、ヒートテックハイソックスなんだが…寒い。
しかしこれ以上すると昼間が暑い。
どうすりゃいいんだか。

27日。

前日の無様な記憶に頭を抱える。
んで、仕事が終わらずまた最終電車。

泣き上戸。

26日はお別れ会。
先日の会議の余韻と別件もあって、無力感に一人で泣いた。
帰ってからは感きわまって嗚咽混じりにひとしきり泣く。
そんな日だった。

2008-03-26

夢見る頃を過ぎても。

何歳になっても、不毛な会議において余計なことを言わないではいられない。

自己の立場が悪くなるのは間違いないのだが。
困ったもんだね。

2008-03-25

メンテについて。

今日の昼から大体1日。ココログがメンテに入ります。
閲覧以外はできなくなりますので、よろしくお願いします。

暁。

暁。
季節のお便りです。

暁をおぼえぬ時期。
室温はそんなに寒くはないが、無性に布団が愛しい。
しかし、暁をおぼえないのは、日の出が早くなるからでもなかろうか?
ということで、最近、日の出を見ない。
春爛漫。何より。

しかし、誰に対するお便りなんだか。

桜が。

昨夜、近所でも咲き始めた。
写真を撮り損ねたのが悔やまれる。

2008-03-23

発達障害のある子どもとアート活動フォーラム

お仕事で以前、大変お世話になった財団法人たんぽぽの家主催。
いつもここのフォーラムに参加するたびに感動するのだが、今回も。
1年ぶり?それ以上ぶりの主催のみなさんへご挨拶もさせて頂き。

金沢で舞台を演出されているTen Seedsの黒田百合さんのお話やケアマネージャーをしながら同じく舞台の演出をされているもりながまことさんのお話に特に感動。
メフィスト・フェレス役を自ら演じ、発達障害の子どもたちにファウストをやってもらい、必死にファウストの満足を得ようと、つまり魂を奪おうとするが、逆に返り討ちにあってしまう話なんて特に。障害のある人を「不足している人」と見るのではなく、「健常者」と定義される人も含めて多様性を認識し、その上で人の個性を伸ばすか、あるいは個性をただ個性として受け止めるか。立ち位置は違うがいずれもすごい。

やはりこういうお話を聞きに行くのってすごく大事だなあ、と思った今日この頃。

『カエサル』

長谷川博隆 講談社学術文庫

実は、母親と父親の誕生日がごっちゃになる。
10日だったか、12日だったか。ちなみに私は11日。弟は19日。
以前、「7月12日ってなんかなかったっけ?」とみるもりさんに言われた私は情けなくもすっかり記憶の外。wikipediaで検索したらユリエス・カエサルが出てきた。「さっすが世界史に強いみるもりさん!」なんて言ってたのだが、後日、母親の誕生日だったという次第。
父親の誕生日が近づき、正確な日にちを思い出したく、ユリエス・カエサルを検索。彼の生涯がめっぽう面白い。
ずいぶん前にお会いした際によへさんが塩野七生氏の『ローマ人の物語』を読んでいるという話をお聞きしていたが何せ、あれは長い。はまるのが怖いので、それ以外の人でカエサルをテーマにした本を図書館で探す。

んで手にしたのがこれ。
昨今、ユリエス・カエサルすら知らない中学高校生が多いことをお嘆きになったかつての著者がその世代向けに書いた本らしく、面白くない。
いろいろと書いているんだけど、具体的な話が薄く、結局、彼はどうすごいのか、あれはどうすごくないのか、実にわかりにくい。文体も無理に砕けた感じで読みにくい。きっと著者にしてみると、彼がどういう偉業を成したかは当たり前すぎて書く気になれなかったんじゃないかと思えるんだけど、そこが知りたいわけで。
で、できたら中学高校生向けに書いた本だと、前書きに書いておいてほしかったなあ。
ということで、かなりストレスの溜まった1冊。
余談だが、その後に図書館で『ローマ人の物語』の関連巻(4、5巻くらいだったと思う)を手にとって前書きでかなり引き込まれそうになった。文庫本だったら借りてたと思う。確実に。

いろんな春。

先週くらいから沈丁花の香りが漂いだした。

今日、京橋に行くと桜も咲いている。
帰宅途中。菜の花も咲いていた。春だね。
Nanohanasmall

LeTAOのジャージープリン。

LeTAOのジャージープリン。
濃くてうまい。

2008-03-22

メンテナンス情報

ココログは、25日15時~26日11時までメンテだそうです。
毎度毎度ご迷惑をおかけします。閲覧以外はできないようです。
また、例によって予定は予定なんで、遅延の可能性も。
毎度ご迷惑をおかけしますが。

あれ、そうなん?

この間うちで泊まったゲストの携帯にも、この写真が来てたなあ。

神の手雲メールに注意 マルウェア感染の可能性も
3月21日14時31分配信 ITmediaエンタープライズ

これ、おいしそう。

キューピーのティスティドレッシングはパスタにも合うし。
見かけたら買いそう。

【トレンド】今夜は“ごはんにドレッシング”!? ビジネスパーソンの救世主になるか
3月22日10時0分配信 nikkei TRENDYnet

昨夜。

帰れない。結局、帰れるぎりぎりの電車。途中、車内アナウンス。踏切故障で減速運転。
乗り換え駅。表示が調整中。ホームでアナウンス。人身事故で15分遅れ。
どうやら乗る予定の1本前に乗れたみたい。良かったような、なんというか。
帰宅は0時半。寝たのは3時。やれやれ。

2008-03-21

卒業式。

小雨の中、外で誘導してました。時間忘れんなよ、みんな。

卒業式。
先日の読売新聞に、教師による俳句が載っていた。卒業式に朝寝をしているかもしれない、卒業できなかった生徒を思う句であった。見慣れた子らとの別れはさびしいが、卒業はできるにこしたことはない。
こうしてまた1年分、学校に通う子らが若返る。我々は1年分、歳を重ねる。
年齢不詳の教員が多いのは教える相手の年齢が固定しているからだろうな、といつも思う。
我々には代わり映えのしない式典。彼らには1度きりの式典。ともすれば惰性的になりがちだが、そういう場なんだよなあ。

彼ら彼女らのこれからの更なる幸せを願いつつ。

2008-03-20

大きな星がまた1つ。

堕ち、そして星になった。

「2001年宇宙の旅」作者、スリランカで死去
3月19日8時36分配信 ロイター

2008-03-19

わさわさ。

事務所が敷地内で引越し。1年間の仮住まい。
落ち着かない・・・。狭いというのもあるが、慣れない空間で、借りてきた猫状態な気分。年度末ということもあるが実に落ち着かない日々。

2008-03-17

金・土・日。

なんだか、あっという間に過ぎてしまった。
金曜日は前述の通り、翔風さん来たる。夜話の途中で私はあえなくベッドに転進。
お2人は3〜4時まで語ったとか。
翌朝は、翔風さんがお持ちになった紅茶館のスコーンとサラダパスタ、オムレツ。待ち合わせに遅れてでも買うという噂のスコーン。確かにおいしい。

午後の新幹線で帰るという彼女は帰られる。アメリカの話、興味深うございました。やはり実学は耳学問など比較にならない。

みるもりさんに先輩氏から連絡。突然、コブクロのライブに行かれることに。
私は京都で行われる上司が指揮する吹奏楽団のコンサートに。しかし京都の西側は交通が厄介だね。
ついでにヘッドフォンを買いにソフマップへ。
こちらのレポートはこなれてから追って。
しかしその日の午後は排水管清掃の業者さんが来られる。指定時間は13:00〜16:30。16時を過ぎても来ない。だがこちらは休みであちらはお仕事。その決定的な違いを前にすると、ただ頭を下げるしかない。
16時過ぎに来られ、手際良く処理されて帰られる。慌ただしく私も家を出る。京都駅のソフマップでヘッドフォンを買い、二条へ。二条からタクシーで会場へ。
吹奏楽は聴かないんだが、弦楽に比べ、より原始的で心に直接届くような音。いいもんだね。
曲名は忘れたが、道半ばにしてフィリピンで亡くなったマゼランの魂が世界一周を続けるというイメージの曲はなかなかに良かった。
仕事の合間に必死に練習を重ねてこられたみなさんは本当に素晴らしい。数十人が意思を重ね、一つになる。すごいもんだね。

帰りもタクシー。東山花灯路でバスは全然来ないとか。タクシーに乗って良かった。みるもりさんはまだ三ノ宮らしいのでこの日もコンビニで。晩ご飯といっしょに買った別冊宝島の都市伝説本を読み耽る。複数人のライターによる。松谷みよ子を意識して書いている人もいたりで、なかなかに興味深い。だるま女の話の前まで読んだ。あれはあれで一つの定着した形だとは思うが、ちょっと読み進めるのに躊躇する。
就寝は2時。
翌日は掃除をして、買い物に行って。イオンでフライパン。安くてシンプルで良い。
んで夕ご飯は前述の…ふく!
のんびり至福の時間を過ごし就寝。

2008-03-16

ごちそうさまでした!!(その2)

んで、しめは当然、雑炊。うまいったらない!
鍋は雑炊のためにあるといっても過言ではないと思う。
しかも鍋自体も滅法うまいときの雑炊といったら、もう。
本当に、本当に、ありがとうございました!
Fuku02

ごちそうさまでした!!(その1)

金曜日。翔風さんが来られた日。職場は引越しでばたばた。
私の帰宅は22時30分。しかし翔風さんとみるもりさんは外でご夕食だそうで
さらに遅い。コンビニで夕食を買って帰宅すると宅配便の不在通知。
送り主はたこすけさん。クール宅急便。
「ま、まさかふぐじゃないよね・・・?」などと思いながら土曜日午後着予定に。
到着。「ふ・・・ふぐ(ふく)だ・・・。」とまるでベトナム縦断前夜の大泉洋がカブを見た
時のように呆然。しかしその日も所要で夜が遅いことはわかっていたし、
さらにみるもりさんも突然、先輩からコブクロのライブに誘われて。

そして、今日。

頂きました!!もうとにかくおいしい。夢中で頂く。骨をしゃぶりながらみるもりさんと
2人で虚空を見つめもくもくと。
Fuku01

2008-03-14

携帯の進化。

私の携帯は未だに3Gではない。特に困らないんだが、最近、私のでもPC用のサイトが普通に見られるようになったことを知る。今までパソコンを起動しないと見られなかった人様のブログを閲覧できて和んでいるのだが、弊害が多分2件。

第一に使用料が高くなる。

第二にwikipediaを見だすと止まらない病に携帯電話からも感染してしまう。

いやあ、困った、困った。

2008-03-13

あらあらどうするさ。

義理チョコ返しを一応買ってきたのだが、課長も部長も買ってないって。部長、去年は買ってたが余裕が無かったらしい。1人で持ってく、のもなあ…。しかしこういうの持ってかないと後ろめたくて気持ち悪いんだよね…

春。

咲く兆しもない桜の近くで喉の練習をするうぐいすの声が聞こえた暖かい朝。

2008-03-12

なんだなんだ。

1日ばたばた。
これから多分しばらくはばたばた。
よし、なんとか21:30をリミットとして乗り越えていこう。

2008-03-11

KOSS Spark Plugの威力。

先般お伝えしたとおり、RADIUSのヘッドフォンが壊れた。
棚を見てるとaudio technicaの巾着が。前に買って変色してしまったのが
入っているのかと思ったら出てきたのはKOSS Spark Plug。
イヤパッドがゆるくなってたのでお蔵入りしていた品。
付けてみた。初めて出会った際はその脳髄に直接来るような構造に
圧倒されたものだがカナル型が増えた今ではさほどのインパクトは無い。
しかし、密閉性はダントツ。さすがはミヤモトシンタカスタム。
音漏れの心配がまずなさそうなのがありがたい。
しばらくは再び復活いただくことにした。

代休。

何も用事がないというのがすばらしい。
洗濯、風呂掃除。
買い物。ドラッグストアでシャンプー詰め替え安売り発見。
3~4回分なんで重い。いろいろ見るつもりがそこでもう予定はみんな中止。
夕食だけ買って帰る。しかも重い重いといいながらリンゴジュースと料理用白ワインも購入。余計に重い。しかし良い天気だね。
帰宅後だらだら。やったことといえばアイロンがけと家計簿くらい。
あとは漫画読んだりお菓子食べたり酒を呑んだりそんな感じ。
どうでしょうクラシックでアメリカ縦断を観たり。インキー事件は個人的に大好きな場面。まともに観だしたのがリターンズのこのシーンあたりからなんで、そういう意味でも感慨深い。
あとはこうやってネットやって。そんだけ。

ちょっとはまり気味。

寺尾聰が好きなのだが、最近はじまったNHKのこのドラマ。

刑事の現場

なんとなしにつけたらそのまま観ちゃってた第1話。第2話はすっかり忘れてたけど。
良いドラマだな・・・と思ったら、脚本が夫婦で好きな「FLY 航空学園グラフィティ」と同じ尾西兼一さんだったことにみるもりさんが気づく。おもしろいわけだ。

キャストもいい感じ。脇に味わい深いおじさまたちが揃っているのがすばらしい。

なにやら姐さん風の池脇千鶴が素敵。

2008-03-10

ヘッドフォン、壊れちゃった。

たこすけさんに教えて頂いたRadiusのネックストラップ型のヘッドフォン。値段も手頃でポケットが無くても使えるので重宝していたが、端子の接合部カバーが分離。
昨夜、ソフマップの通販サイトを物色。かなり悩んだが、やはり自分の目で実物を見てみないと始まらない。金もないことだし、結論は来月まで先送りにした。当面は最初から付いていたヘッドフォンでいくことに。しかし耳の奥まで入れる式に慣れていたので、この外縁部だけで支えるタイプは何かと不安。落ちそうだし、音漏れも。まあ、我慢、我慢。

2008-03-09

北へ。

北へ。
友人のお生まれになったご子息と、先輩の個展を見に。両方とも京都の北部なんだけんど微妙に距離が離れている。
朝ご飯は近鉄京都駅の米八のおこわ。結構おいしい。
京都駅、2階がきれいになってた。「SUVACO」だっけ?いい感じ。以前からあったら良かったのに。

2008-03-08

迷惑書き込みの恐怖。

ブログでも掲示板でも、アダルトサイトをはじめとする業者による書き込みがたまにある。
恥ずかしい話だが、あれはてっきり専用のプログラムがランダムに書き込み可能なサイトを見つけ、機械的に書き込んでいるのだと思っていた。あまりに頻繁で無機的だから。ウィルスが、感染したPCを通じて登録されたアドレスに自動的にウィルスを発信する、それに似た仕組みだと思っていた。
しかし、どうやらあれは人の手によるものらしい。
機械ならば怖くない、というのも変だが、ああいう書き込みが人の手でそこかしこにされていると思うと、なんだかとても気味が悪い。きっと、単価はわずかでも慣れればそれなりの収入になるのではないかと思う。
しかしあんな不毛な内容を大して人も見ないようなサイトまで濃やかに書き込み続ける不毛さといったら。

やられる側にはただただ迷惑なだけだが、どんなことを思いながらやっているんだろうなあ。

2008-03-07

やはり寒い。

コート無し、マフラーだけにしてみた。
夜になると寒いね、やはり。
しかし死にそうなほどではなく。
微妙に着る服に悩む時期かもしれない。

2008-03-06

夕飯は。

夕飯は。
まい泉のロースカツ弁当。1000円しないのがありがたい。しかもうまい。時間があるときは今後はこれにしよう。今日は帰宅は23時頃かな。

私的肝試し。

私的肝試し。
「正山物語」株式会社トーイン
ラプサンスーチョン。紅茶です。
この名前を教えてくれたのは例によってミヤモトシンタ氏。非常にスモーキーな薫りで、アールグレイはこの紅茶を模したものと言われるが…双方飲み比べてみて下さい。全然違うから。
記憶が確かならフォションが前にどうようにラプサンスーチョンのペットボトルの紅茶を出したと聞いていたのだが見つけられず。まさか他の会社で見掛けるとは。
私はラプサンスーチョンは1、2回しか飲んだことがないが、今回買ったこのお茶。よく再現されている気がする。
少なくとも私はがぶ飲みできる薫りじゃない。
ラプサンスーチョン好きの方にぜひ感想をお聞きしてみたい。

空いてないの。

東京へ。のぞみの席が刻一刻と埋まる。真ん中席はしんどいし、時間も余裕があるのでひかりで行くことにした。乗ってみたら700系だった。乗車時間が長いだけなんね、ひかりって。

楽器を背負う人たち。

最近、よく見掛ける。電車に乗ると1人は見掛ける。そんな感じ。若い人だけではない。4、50代ぐらいと思われる人でも見掛ける。
音楽を志す人が増えたということか、今まで私が気にしなかっただけか。
でも趣味を持つのは良いことだし、趣味に打ち込むのはもっと素敵です。がんばれ、みんな。

2008-03-05

きれいな写真だな、と思ったら。

蜷川実花さんでした。私の中で「ピンクリボン」は「ホワイトバンド」に比べるといささか縁遠い存在だったんだけど、こうやって気になる人が出てくるとやはり気になる。
しかし私にできることってあるんだろうか?この展覧会の写真集が出たら買う、とかぐらいだろうか?

オセロ中島「裸にネクタイ」を披露~乳がん撲滅写真展 ( 2008年03月05日 06時00分)
oricon

Ninagawa Mika's official site

かっこわりいぞ、民主党。

参院選で勝って以来、どうも民主党はかっこ悪い。というか、下手、な気がする。
数で勝ってるんだから議論で勝負したらいいのに・・・と思うのだが、結局、
力づくごり押しで、という感じでどうも頭が悪いやり方をしているように見えて
ならない。というか、鳩山さんも小沢さんもどうもテレビ写りが悪い。
恐らくはマスコミの誘導やら、先入観やらのせいでそういう印象があるのかも
しれないし、衆院選で勝たないと分が悪いのだろうとも思う。
しかしどうも、反対するだけのための野党に見えて仕方ないんだよなあ。
二大政党制に耐えられる知恵はあるのか、民主党、と思わず心配になってしまう。

<国会>参院予算委が2日連続空転 待ちの与党にいら立ち
3月5日22時1分配信 毎日新聞

『学生の学びを支援する大学教育』

溝上慎一[編]東信堂

学生の学力低下が騒がれて久しいが、京都大学で学習意欲を高め、
学生の学ぶ意欲を高めるための取り組みに関する事例報告。
読んでて感心するのはやはり京都大学の学生の質の高さ。
著者も語っているが、学習意欲の低い学生を支援するつもりがもともと
学習意欲の高い学生の意欲をよりいっそう高める取り組みになってしまって
いるようである。出席重視で毎週課題が出る上にディスカッション形式で
しかも単位は同じ、という条件はやはり学習意欲の低い学生が率先して
履修しようというものにはならないだろうことは自明の理である。しかし何にせよ
やはり参加する学生の意欲と、レポートの内容を見ると、京都大学の学生は
レベルが高いなあ・・・と改めて気づかされる。
特に、後半に薬学部2回生の最終レポートが掲載されているが、相当レベルの
高い内容であった。比較するのもおかしいが、少なくとも私には逆立ちしても
書けない。
どこでもそのまま活かせる内容ではないとは思うけど、一つの先行事例として
とても参考になる内容だったと思う。

2008-03-04

買い物が恐ろしい。

仕事外鞄がぼろぼろで、持ち手の表面が破れ、ひどいことになっていた。たまたま先週の土曜日、みるもりさんも京都に来るというので買い物に行く。あわよくば帽子も買おうと考える。

お店に入る。
ふらふらっと、ネクタイを見ているといい感じ。
みるもりさんも「かわいいんじゃない?」と言うし、値段もまあまあなので、手にする。
みるもりさんに連れられ、シャツのところへ。
「これ良くない?私が着たいくらいやわ」と。見ると確かに良い。んで、シャツも購入。予算超過。
ということで鞄も帽子も買えず。

恐るべし誘惑。鞄も帽子もいつ買えるやら。

2008-03-03

見づらいか。

ブログのテンプレートを変えたんですけど、どうも狭いですね。ま、季節物だし。
しんどくなったらまた戻しますんで。

「怒る」と「叱る」と。

自分がなかなか成長しないなあ、と思うのは自己中心的に見える行為を見掛けるとすぐに立腹する点である。
マナーの悪い相手を見掛けた時などしょっちゅう腹を立てている。
列の割り込み、喫煙スペース以外での喫煙、ごみの放置、車内で携帯電話を鳴らししかも長く通話する、音楽プレイヤーの大音量の音漏れ、携帯電話をかけながらの車の運転などなど。
吸いがらを道端に捨てている人間を見たら、相手の口をこじあけて飲み込ませたくなるし、携帯電話をかけながら運転している人間を見ると、飛び出して轢かれたくなる。駅のホームでマナーの悪いように感じられる相手を見掛けるとホームから突き落としたくなるし、車内で大きな声で電話をしている輩を見ると鞄の角で後頭部を張り倒したくなる。
しかし、これらは「怒り」や軽度の「憎悪」でしかない。
実際の意味は知らないが、「怒る」は自分の感情をぶつけることであり、「叱る」は社会や相手の将来を心配して改めさせる行為ではないかと感じる。怒りは所詮は自己中心的に自分の感情を相手にぶつけているに過ぎない。
私は他者に気を遣うことはできるが、他者を思いやることができない。
今日も列に割り込んだおじさまの前で、携帯電話ごしにそのおじさまを見つめ続けるという、相手に感情が伝わりきらないかもしれない実に日和見かつ暗い行為をつづけながら、「思いやり」は、私が社会で生きていく中で決定的に足りない点で、なんとしても身につけないといけない必須課題な気がしてきた朝であった。

2008-03-02

気になった話。

確かに人気は出ないかもなあ。
「偉い人に頼めばなんとかなるだろ」とか思ってたのかなあ。
500万円か。他の自治体とは発想がずれているかもね。
<平城遷都1300年祭>マスコットキャラに市民から批判
3月2日2時31分配信 毎日新聞

ある種、健全ではないかとは思うけど、でも企業体としては間違ってるよね。
ゆうちょ銀行 郵便局への文書送付にライバル宅配便利用
3月2日8時1分配信 産経新聞

黄砂をリアルタイムでチェックできるそうです。
でも、なんだかそんなに先のことはわかんないみたい。
環境省-ライダー黄砂観測データ提供ページ

平成20年度「地域新事業創出発展基盤促進事業費補助金(地域新事業移転促進事業)」の交付先の公募

経済産業省が、「自らが実施しているコミュニティビジネス等の事業モデルやノウハウを他地域に移転しようとする取組や、農山漁村地域の課題解決のための新しい事業を創出するような人材を育成する取組を実施する民間事業者等に対して補助」を行うそうです。

誰か知り合い、申請しないかなあ?ちょっと規模のでかい話だけど。

経済産業省:公募「平成20年度「地域新事業創出発展基盤促進事業費補助金(地域新事業移転促進事業)」の交付先の公募について

手探り仕事、早一年。

日付印の弊害は、月日がたつのが早いのを実感させられる点にある。
昨日、当該の印の日付をくるくると回すともうなんと平成20年3月1日ではないか。私がこの部署に来てもう1年が過ぎてしまった。
省みるに果たして私は少しは成長したのか。この点、甚だ心もとない。
木の年輪はその間隔が密であればあるほど堅く、疎であればあるほど大きくなるのであろうと思う。私も少しは大きく堅くなってりゃいいんだけどな。

2008-03-01

さっぶぅ。

春仕様で京都をふらふらしようとしたらやはり寒い。
しかしこれで先週並の気温だったら死んでるな。こんな格好はしてなかっただろうけど。

去る人々のこと。

私の配置換えで今年は例年よりはっきりと去る人々の顔が見えて辛い。

最近ちょっと鬱気味なのはそのせいだろうか。

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

最近のトラックバック