2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

メインサイト

« 10万hit。 | トップページ | 10万hitに関するみるもりさんの発想。 »

2007-10-08

かくもすばらしき毛深きひとびと。

『有頂天家族』森見登美彦 幻冬舎
購入した翌日には読み終わってた。笑いあり、涙あり。
書きたいことはいっぱいあったが期を逸し、記憶はどんどん流れ去った。
こんな言い方は実に森見登美彦氏に失礼だが、あの粘着質のえんえん
続く妄想話は影を潜め、見事なほどの一大活劇の結晶を生み出した
氏の作風はずいぶん大きなものになったものだ・・・とつくづく感じ入った一作。
そもそも氏は、『太陽の塔』からはじまるあの男汁がにおい立つ作風だけでは
なく、『きつねのはなし』や『走れメロス』のいくつかの短編のように千変万化に
その作風を鮮やかに切り替えるテクニシャンなのだから、こういう一面を
お持ちであってもなんら驚きに値しないはずではあるが、しかしそれにしても
本作は実に楽しい痛快活劇であった。
惜しむらくは数十頁ごとに一話が完結してしまう形をとっているので、本全体
としての連続したリズム感がやや乏しかった。

それにしても下鴨総一郎は本当にすばらしい狸であった。

« 10万hit。 | トップページ | 10万hitに関するみるもりさんの発想。 »

コメント

遅ればせながら、読みました。くろ。の強い薦めにより。
実は「太陽の塔」が、あまりに「男」で私には読めなかった(面白くなかった)ので、期待していなかったのだが。
あっという間に読み終わりました。
土地を知っているだけに、なんだか不思議にリアルでそんな師走もありかと思ってしまったり。それにしても、叡電が大活躍で。
今度、京都に行った時は毛深い尻尾を探してしまうことでしょう。

しろ。さま。
へえ、くろ。さんの強いお薦めがありましたか。
確かに『太陽の塔』はね・・・知り合いもあれで
挫折している人がいました。
毛深い尻尾、かわいいですね。吉田のあたりの
焼肉屋さん「キッチャン」のお庭でそういえば毛深い
人を見ましたよ。思い出すなあ。
あの界隈となんといっても叡山電鉄。あれは住んで
居た人には実に興趣のある描写ですよね。

I want to thanks for that time you have made on paper this blog post. I

Investigate pics right here. Lots of super stars are likely to position pertaining to PETA in numerous levels involving apparel as well as undress. Look into the pics in this case. Cup Strike Graphic GalleriesMug Strike Picture GalleriesGuilty or maybe in no way, such weird cup of game usually are worthy of your glance. These details seemed to be given by the authorities plus talks about recently available busts along with costs.

http://www.monroussillon.ca

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105683/16704550

この記事へのトラックバック一覧です: かくもすばらしき毛深きひとびと。:

« 10万hit。 | トップページ | 10万hitに関するみるもりさんの発想。 »

最近のトラックバック