2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

メインサイト

« たしかにびっくりしただろうなあ。 | トップページ | 999.9の眼鏡。 »

2007-10-05

石川数正のこと。

なぜかは思い出せないが、ここ数日、石川数正のことが気になって仕方がない。

徳川家康配下の武将だったが、出奔し、羽柴秀吉に仕えた。
信長の野望武将風雲録では政治力85くらいしか目立ったパラメーターのない
将だった。

印象深いのは山岡荘八の『徳川家康』において、徳川のためを思い、誰にも
告げずに出奔したことになっていた。徳川は武の立った将が多い。その中の
知将であったため、周囲の猛者たちは彼の行為を理解できず、ただの裏切りと
みなしていた。なぜ、彼がこんな行為に走ったか、作中の事情は読んだのも
中学生の頃のため、思い出すことができない。

史実としても未だこの行為の背景は謎とされる。

この、周囲の誤解を恐れず、己を棄てて目的を果たす生き様に当時、惹かれた
記憶がある。

という辺りまでは思い出したが、さてではなぜ突然、石川数正が気になったのか。
それはまだ思い出せない。

« たしかにびっくりしただろうなあ。 | トップページ | 999.9の眼鏡。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105683/16665114

この記事へのトラックバック一覧です: 石川数正のこと。:

« たしかにびっくりしただろうなあ。 | トップページ | 999.9の眼鏡。 »

最近のトラックバック