2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

メインサイト

« フンガイデビュー。 | トップページ | 最近驚いたうちのばあちゃんの逸話。 »

2007-09-06

『さよならバードランド』

あるジャズ・ミュージシャンの回想 ビル・クロウ 村上春樹 訳 新潮文庫

分厚いの。本編は470ページ。そのあと村上春樹氏のレコード説明とあとがきが
80ページ。名前の出るミュージシャンの索引付き。

それほど著名ではない「普通の」ジャズ・ミュージシャンによる回想録。
村上春樹氏の翻訳の癖か、本人がそうなのか、とにかく客観的に回想するので、
ジャズの一時代の生の空気を感じた気がする。本当に数多くのミュージシャンが
登場し、客観的ながらもユーモア溢れるタッチなので、飽きない。
分厚いので、気が向いたときに開く、といった感じで、暇つぶしのようにだらだらと
読み続ける。本当に楽しそうな生活。権力や金とは無縁。独特の個性が重なり
合う楽しそうな記憶。

村上春樹氏のレコード解説は、私のようなジャズの知識の全然ない人間には
きつい。でも彼の主観的な評価はそれはそれで楽しい。

ところどころに登場する和田誠さんの挿絵もおしゃれで良い。

« フンガイデビュー。 | トップページ | 最近驚いたうちのばあちゃんの逸話。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105683/16364342

この記事へのトラックバック一覧です: 『さよならバードランド』:

« フンガイデビュー。 | トップページ | 最近驚いたうちのばあちゃんの逸話。 »

最近のトラックバック