2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

メインサイト

« 親不知をまた抜く。 | トップページ | 寒い! »

2007-09-28

ハレとケと。

給食だった幼き頃、お弁当といえば晴れがましいものだった。

しかし、日常的に弁当を食べるようになると、当たり前だが弁当はハレの
食べ物ではなく、朝食や夕食のようにケの食べ物となる。

このハレとケの問題が弁当を悩ませる。
弁当は数種のおかずとご飯で構成されることが多い。だが、たかだかケの
食べ物のために数種のおかずがなぜ必要か。
だが、ついつい4種程度のものが並んでいないと違和感がある。結果、1種、
あるいは下手をすると2種、冷凍食品のお世話になることとなる。
例えば、鮭とおひたしだけ、とかそんな弁当もいいな、と思うが、いざ実行に
移すとなると、これはかなり勇気がいる行為である。

いかに少ないおかずで見栄えよく、しかも飽きない弁当を作るか。
とても難しい課題である。

« 親不知をまた抜く。 | トップページ | 寒い! »

コメント

確かに。
僕は夕飯自分で作るので、
オカズが1品とか2品とかって普通なのですが、
お弁当で1品とか2品だと、
すんごく寂しくなっちゃいますよね。

ケなのに不思議だ。

本当はそんな弁当を作りたいんですがねえ・・・。
笹の皮におにぎり、とかだと情緒がありますが、
今度は持ち運びが難しいですし・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105683/16599981

この記事へのトラックバック一覧です: ハレとケと。:

« 親不知をまた抜く。 | トップページ | 寒い! »

最近のトラックバック