2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

メインサイト

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007-09-30

ツツモタセが変換できない。

放出、喜連瓜破は変換できるのに。

某週刊誌の表紙で「美人局」とあり、「今の若い人は読めんのかなあ?」というと、
みるもりさんも読めないという。少し意外。漢字検定とかでは出てこないかな?
tangoさんは普通に読んでたけど。精神的なおじさん具合の問題かも。

ある程度は、嬉野くんも寝るしね。

先日、みるもりさんにまつわる口癖の話として、「ある程度」というのがあり、
文例として「ある程度、嬉野くんも寝るしね」というのがあると書いた。
水曜どうでしょうの見過ぎだと書いた。

さて昨日。買い物に行くために外に出た。寒い。
しばらく歩いて、薄着のみるもりさんが風邪をひきそうなので、一度、戻って、
首にまくものでも取ってこようとなった。
「そだね。そしたらある程度、嬉野くんも寝るしね」とみるもりさん、普通におっしゃる。

どうも、今後の我が家の慣用句になるようだ。
「ある程度、嬉野くんも寝るしね」用法:「ある程度」に続くあらゆる言葉の代用句
として使う。

つまり。

今年も我が家は喪中葉書を買います。

若者の死には、その者の生きるはずだった生を惜しむ。

予告された死があり、予期せぬ死がある。

予告された死にはその覚悟を得る時間が与えられるが、嘆き、苦しむ時間も
長く付与される。

たとえ、覚悟ができているつもりであれ、やはりその死の辛さを和らげてはくれない。

当事者になることのできない人間も、当事者である人間と親しいのなら、
その場に居合わせたとき、悲しむことができる。

だが、その悲しみは所詮、間接的な重さで、当事者とは比較にならない。
それがまた、そのものを悲しくさせる。

というもろもろを先週、木曜日から土曜日にかけて知った。

お仕事、お仕事。

勤務時間は適当で良かったらしいが気がつくと定時。
雨の中でお客さんを誘導したり、人気のあまりない職場で書類をまとめたり。
まとめきれなくて一部、明日へ持ち越し。

2007-09-29

寒い!

なんか、今日は涼しいを通り越していた気がする…。

今晩からかけ布団を出してみた。しかしさすがにやり過ぎだろうか…

2007-09-28

ハレとケと。

給食だった幼き頃、お弁当といえば晴れがましいものだった。

しかし、日常的に弁当を食べるようになると、当たり前だが弁当はハレの
食べ物ではなく、朝食や夕食のようにケの食べ物となる。

このハレとケの問題が弁当を悩ませる。
弁当は数種のおかずとご飯で構成されることが多い。だが、たかだかケの
食べ物のために数種のおかずがなぜ必要か。
だが、ついつい4種程度のものが並んでいないと違和感がある。結果、1種、
あるいは下手をすると2種、冷凍食品のお世話になることとなる。
例えば、鮭とおひたしだけ、とかそんな弁当もいいな、と思うが、いざ実行に
移すとなると、これはかなり勇気がいる行為である。

いかに少ないおかずで見栄えよく、しかも飽きない弁当を作るか。
とても難しい課題である。

親不知をまた抜く。

「おやしらず」って「親知らず」と書くかと思ったら「親不知」と携帯で出た。そうか。

今日は休みを取って親不知を抜きに。今年2本目。前回、お医者さんに、
「次回は今回よりかは抜きづらいです」といわれ、なんとなく気もそぞろ。

家から駅まで13、4分。
となり駅から徒歩5分。お金がないのでATMでおろし、夫婦二人のこの間の
喪服もクリーニングに出さねばならない。
もろもろの待ち時間を考慮すると40分はあった方がよいのに、10:30からの
予約で家を出たのは10時過ぎ。

駅まで1停留所のバス停で時刻を見るとすぐにバスは来るらしい。しかし待てど
来ない。自分の時計が少し遅れていたか。見るともちの悪くなってきた携帯の
バッテリーが減りつつある。

なんだか、なんとなく不安がかき立てられる。

そんなこんなでも2、3分の遅れで済んだのは幸いだった。

ちなみに抜歯自体は前回と同じく一瞬。

次回は最後に残った右下の親不知。これが一番大変だと脅され、
やや気分はブルー。

2007-09-27

毛深きものたちの話を買った。

『有頂天家族』森見登美彦・幻冬舎
東京出張には、森見登美彦氏の新刊が縁がある。
いや、前回は縁がなかったというべきか。
何せ、発売日を森見登美彦氏が一日勘違いされていて、結局、買えなかった
のだから。
食事後、予定時間にかなり間があったので、コーヒーを飲もうとスタンドを見ると
混んでる。
本屋に行ってみた。
普通に平積みされていた。
買う。
というわけで今、読み始めた。

2007-09-26

今日も月がきれい。

絶好の散歩日和だなあ。いや、夜だし、日和とはいわんか。

引き籠もってた頃は、外出といえば、夜にふらふらと散歩するぐらいだった。
だが、気持ちの良い夜に街灯に照らされるケヤキを見てると本当に心地よかった。

あの頃が、自分の内省的な面を育んだわけだが、その結果、今があるという
意味で、良かったのか悪かったのか。

まあ、でも今の自分にはそれなりに満足しているから、まあ、いいか。

2007-09-25

月がきれい。

秋だね。いわゆる今日は仲秋の名月だとか。

月見で一杯といきたいが、そんなに元気ではないなあ。
でも、小さな日本酒でも買おうかな…

2007-09-24

セルフ・プチ・生き地獄。

セルフ・プチ・生き地獄。
帰り。小腹が空いたのでコンビニを物色。

思い立って生八ツ橋を買ってみる。
飲み物は辻利の緑茶(発売はJT)。

ボリュームは軽く、苦でもないが横並び型の席で生八ツ橋を食べるのは
周りをひかせる。これはこれで充分、生き地獄。
始発なんで人はほとんどいなかったが、斜め向かいでだらだら携帯で
話していたお姉さんが車両を出たのは私のせいか。迷惑な客の撃退に
便利かも。充分、私も周りに迷惑だろうが。

まあしかし、こういう買い方はもうすまい。

重だるい。

東京の疲れではなく、安いワインを二人で空けながら、2時までyoutubeを
眺めていたのが原因かと。

これで今日は普通に仕事なんだからアホ過ぎる。

ある程度は。

たこすけさんの下関見聞録で、口癖が話題に。古い携帯からなんでリンク先には
飛べないんだけど。

最近のみるもりさんの口癖は、「ある程度は」。用例としては、「Aもある程度は、
Bするしね。」というのが基本用法。文例としては、「嬉野くんもある程度は、
寝るしね。」となる。

つまり、水曜どうでしょうの藤村Dの口癖が移っちゃったと。
「だめだよぉ、みるもりさん。どうでしょうの見過ぎだよぉ。」

最近はみるもりさんが「ある程度は」というだけで二人とも笑ってしまう。
まあしかし、「ある程度は」程度で済めば、会話の上での違和感はないけど、
これが「じゃじゃじゃじゃあ、」とか、「ままままままあ、」とかになってきたら、
ある程度は対策を考えないといけないだろうなあ。

あるいは、スモーカーがたばこ会社を訴え、肥満の人がマクドナルドを訴える
ように、我々もある程度、藤村Dを相手取ることも考える必要があるやもしれない。

2007-09-23

今日の名言。

「鼻をつんざくいいにおい」みるもりちひろ
-コンビニのおでんのにおいが届いて-

体が重いのは単に寝すぎ?

今日は体がとても重い。
疲れているような気もするけど、単に寝すぎだろうか?

2007-09-22

帰宅の途。

なんとか片付きました。もう少しで自宅。ふう。

2007-09-21

やっぱり東京では普通にあるなあ。

やっぱり東京では普通にあるなあ。
「若い女性に大人気」のブラックサンダーが。
安いし、腹持ちもいいし、確かにいいね。

朝8時の池袋。

朝8時の池袋。
36階から。

2007-09-20

なぜか、池袋。

なぜか、池袋。
23時。我々は池袋プリンスホテルに泊まることになりました。安くて快適です。しかしこんな時間でもフロント混むなあ。

去年の春以来。
ナンジャタウンの看板に懐しさがこみあげます。

一路、埼玉へ。

いつ帰るかは、未定。

私は竹中半兵衛。

 たこすけさんの下関見聞録で紹介されていた
あなたはどの戦国武将に似ているか?」を私もやってみました。

結果。

●武力:65点●知力:80点●魅力:80点●政治力:80点●才能:70点

あなたは竹中半兵衛に似ています。見た目が軟弱なので斎藤家中で馬鹿に
されていた半兵衛は、弱冠二十歳にして、一夜で難攻不落の稲葉山城を
乗っ取ってみせた。政治的思惑があるのかと思えば、信長が連絡をとっても
「他国のためにやったんじやない」とあっさり龍興に城を返してしまった。
軍略を学間として好み、出世などには興味がない彼は、今なら差し詰め
「ゲームの鉄人」。浮世ばなれしたマニヤックさは「兵法」を著した孫子を
思わせる。黒田官兵衛と双璧を成す秀吉の名軍師。
借しいかな結核のため三十六歳の若さで亡くなった。

ちなみにたこすけさんは豊臣秀吉だそうです。
さあ、たこすけさん、いっしょに天下をめざしましょうw

2007-09-18

空の話。

空の話。
薄雲の広がる中、遠くで日の差す風景が好きだ。さらに天使の梯子だっけ?
差す光が梯子のように地上に降りているとなお良い。

夏の入道雲と晴天も好きだが、秋の高い空も好きだ。

などと思うわけだが、先日、同窓会に行ったみるもりさんは、同窓生から、
「いつも空の絵を描いていたよね」と言われ、全く自分の記憶になかったので
びっくりしたらしい。中学時代、水彩で毎日1枚描いていたとか。今は研究者
として日々を過ごす彼女は空をふと見上げる時、みるもりさんのことを
思い出すそうだ。
なかなか素敵な話なので、ブログに書いたら、というと恥ずかしいからあんたの
ところで書けと言う。

まあ、こうしてネタにさせて頂いたわけだが。

2007-09-17

四日市大入道。

この間のご在所岳の帰り。経路の四日市でみやげ物を買うことにする。
しかし、町は閑散としている。みるもりさん曰く(たしか)、「今日は町の運動会で
みんな出払っているんだよ」とのこと。

さて、あまりシャッターのあがっているお店も少ない商店街をふらふらして
いたところ、妙なオブジェが。あまりに不思議な姿のためにシャッターをきる。
帰宅後、データを見るたびに気になっていたが思い至らず今まで放置。
先ほど検索してみた。

四日市大入道(google検索)。何者かはどうも諸説あるようにも読める。
個人的には一番上にあがっている「ふるさとの届けもの」の話が好ましいが。
しかし少し美談過ぎる気もしなくもない。

Oonyudou

うむ。予定通り。

連休はだらだら過ごした。
土曜日は、実家で少し早いが弟の誕生日を彼が調子が悪いというのにも
関わらず、小さなケーキとこれまたきわめて小さな花束を持って祝う。
その後、帰宅して順調に就寝へ予定を消化するも23時に三国志Ⅳをたち
あげてしまい結局、4時までやってしまう。なぜ三国志Ⅳかというと、単に
我が家にあるゲームがこれしかないからである。光栄の三国志シリーズ
が好きで、たまたま数年前に2000円程度で見かけて購入して、一時期
結構な時間を消費し、その後、封印していたのだが、たまたま先日、
封印を解いてしまい、しばしはまってしまっていた次第である。しかし、
あらかた目処もついたので、もうしばらくはやるまい。こう宣言した結果
としてなぜか再びやってしまう愚を犯しかねないが、愚を犯すかどうか
は神のみぞ知る、である。
翌日は11時に起床。近所に水と塩を買いに行ったところ、雑貨の販売を
やめるため、総ざらい中。バスマジックリンとキレイキレイの詰め替え用、
歯磨きを買い占める。さらにお気に入りのウィスキー、グレンフィディック
も9月度安売り商品と銘打っている。あと1杯分しか残っていないことを
思い出し、今月の財政状況も思い出し、しばし煩悶する。
みるもりさんの梅酒も残り少ななのを思い出し、それを買いに行くのを
口実に帰宅後しばしして、結局、グレンフィディックも買うこととした。
帰宅後、残り1杯となっていた方の壜を空け飲む。
なお、この日は『ドラゴンボール』(ブウ戦辺り)『ガンスミスキャッツ』
(ビーンとケロシン争奪戦)『もやしもん』(春祭編)などを読む。んで、
飲みながら『もやしもん』を読んでいるうちに眠くなり気がつくと昼寝。
目覚めると18時ごろ。その前にみるもりさんから新幹線に乗った旨
メールを確認していたので、夕食の添え物を作ることとする。メインは
買ってきてくれる予定のたなかの柿の葉寿司。最近、柿の葉寿司づいて
いる。添えは、近所のスーパーでかなりの量を買った椎茸としめじで
吸い物。よく出汁を利かせて。さらにこれまた多めに買ったすだちを絞り
気分は松茸風。出汁をよくとったので結構おいしくできた。
20時頃、みるもりさん帰宅。中学の同窓会は半分いやそうだったが、行って
みると結構、楽しかったようだ。

今朝は10時ごろ起床。昼間から呑む。みるもりさんは懐古フェア。写真
データを印刷しだす。しかし半ばにしてプリンターの写真用黒インクが無くなる。
しかし、近所に電気屋さんがない。結局、やや遠い大きい電気屋さんへ
行くことに。しかしなぜか私は赤・青・黄の三本パックだけを買ってしまう。
帰宅後、みるもりさんに指摘され、私は大いに脱力する。敗因は酒が頭に
ずっと残っていたことだろう。

夕食は半額になっていたまぐろのブロックでステーキ。高野豆腐と味噌汁、
きゅうりの酢の物。
テレビはどうでしょう喜界島と釣りバカ。んで、今に至る。

2007-09-15

マールブランシュのチーズケーキ。

マールブランシュのチーズケーキ。
意外に濃くてうまい。

福田康夫好き。

小泉さんが首相の頃から福田さん首相にならんかなあ、とかねて思ってた。
もろ好み。あんまり感情は表に出さないし、皮肉っぽいけど、まじめそうだし。

麻生さんも悪くないけどもう少し後でも機会はあると思うし。

面白みはないかもしれんが福田さんに首相になってほしいなあ、と思いながら
新聞やニュースを見つめる今日この頃。

2007-09-14

はじめてみた。

車両と車両の間の連結部の通路で電話している人。あれなら確かに周りの人には
迷惑ではないな。

ipodを聴きながら、声を出さずに口だけ熱唱している人も居た。奇異だけど、まあ
あれも本人さえよけりゃいいのかも。そこそこ若い女性だったが。

KitKatオレンジショコラ。

KitKatオレンジショコラ。
結構好きな味。

今年は無糖の炭酸水がお気に入りだが、2年前くらいからオレンジとチョコの}
組み合わせも好き。

いわゆる味覚の変化か?
酢豚も最近は好きだし、これはFiroswiさんのおかげだけど、皿うどんにお酢を
かけるようにもなった。

どれも数年前ならあり得なかった話である。

さらに遡れば、ピーマンや紫蘇が食べられるようになったとか、いつしか山菜の
天麩羅が好きになったとかそういうレベルの味覚の変化もあるが、そういうのは
お子さまな味覚が成長したんだと理解できる。

しかしまあまたそういうのとは違った味覚の変化というのもあるんだろうなあ。

今晩から暇。

みるもりさんは今晩から日曜日まで実家へ。私は一人でのんびりと。

金があればふらふらするが、幸いというか、ふらふらする金もなし。

まあ、家でだらだら過ごそう。

2007-09-13

段々眠くなってきた19時前。

22:30に床に就き、4:50に起き、行きの新幹線で1時間寝た。睡眠時間は大体
7時間だから充分な気がするが眠い。

朝、意外に苦じゃなかったので、「お、いっそ明日から早起きを習慣にするか?」と
思ったが(早起きするといつも思う)、どうもやっぱり無理っぽい。

夜が白み出した5時15分。

夜が白み出した5時15分。

2007-09-12

明日は5時起き。

東京は明日は雨かあ。

10時に日比谷はあまりにご無体。

2007-09-11

こらまた何だかおもしろそうな・・・。

面子も面子で、中身も中身で・・・。

観客もめがねをかけて、映画『めがね』舞台挨拶

9月11日12時22分配信 オリコン

頂いたもの。

頂いたもの。
:ウェッジウッドの紅茶。
何をしたというわけでもないんだけど…。
もらっていいのやら、悪いのやら。

秋の空?

秋の空?
心なしか空が高い。
ぼちぼち馬も肥ゆるか?

2007-09-10

胸焼け中。

仕事、定時過ぎには帰るつもりが甘かった。終わらねえ。
今日は朝からおなかがもたれ気味。酒のせいか。あるいは朝食った
日清のグリーンカレーフォーのせいか。味は、まあこんなもんか、
といったレベルだが、コリアンダーが朝にはきつかった。

結局、未だにおなかはもたれ気味。
夕食はやや遅かったので手早く牛丼。肉はずいぶん前に、近所の肉がやたら
安いミート村(仮称)でいつも買っている佐賀牛。値段の割りにボリュームも
質もなかなか。冷凍して必要量解凍しつつ消費中。
で、まあ、牛肉の脂って決して体にはよくなさそう。鳥や豚に比べると。
んで、余計もたれた。もたれたせいでなかなか立ち上がれずどうでしょう
絵葉書の旅第1弾と、クリスマスパーティ編をだらだら見つつ、豊水を食う。

困ったなあ。寝る前には落ち着いてくれるだろうか?

それにしても昼間はともかく朝晩は涼しくなったな・・・と窓際でパソコンを
しながら思う9月の晩であった。

2007-09-09

ちくしょう。

先週旅行に行ってた際、野球延長のせいで、どうでしょうクラシックを撮り損ねる。
しかも、原付東日本縦断第一夜。ミスターがカブを買いに東京へ行くのに付き合う
予定が・・・というだまされ芸人・大泉さんの出だしを見損ねる。大変残念。

よかったなあ。

天国と地獄を見ました。
私ゃ映画は見てないんだけど、見たみるもりさんからしてもなかなかよく再現されて
いたそうで。
私は特に興味もなかったけど、引き込まれた。

妻夫木聡の犯人役。クライマックス良かったです。
吹石一恵も良かった。特に死んだあとがすごくきれい。
平田満も良かった。脇の人々が実に良かった。

でも、ともかくクライマックスの妻夫木聡と佐藤浩市の対峙。妻夫木の叫び。

二度見たい話でもないけど、ともかく良かったですわ。

テレビ朝日 天国と地獄

2007-09-08

半ば合コン?

同業者の若手交流会に参加。
前半がディスカッション、後半が懇親会。明るく前向きな方々ばかりなので
前半から盛り上がったが後半の盛り上がりようったらない。
主催者の皆さんが懸命に頑張っていたこともあろうが、不思議な一体感と
盛り上がり。私は人の多い場が苦手なのでついていくのもきつかったがとにかく熱い。

見知らぬ中でこんだけ楽しい時間はまずない。楽しかった。

ただ、なあ。人多かったなあ。

もろこしヘッド。

髪を切った。髪を切りすぎると大体みるもりさんから「猿。」と言われるが、
今回は自分から言わないと気づかれなかったくらいなのでさほどでも
なかったかと思った。しかし数日が過ぎた今日、みるもりさんから
「ウナコーワのもろこしヘッドみたい。」と言われた。

さらにまじまじと際を見られた後、「そんなに額、広かったっけ?」と言われる。

もともと広いんだけどね。

…広がったかなあ?

2007-09-07

最近驚いたうちのばあちゃんの逸話。

この間、目の手術を受けた。当初は簡単な内容の予定だったのだが、開いて
みると、網膜がはがれてた?とかで、予想外に難航。
麻酔がきれても引き続き手術続行。相当痛かったらしいが、何もいわなかった
らしい。「痛いっていったら悔しいから」というのが理由らしいが。
年を重ね、頑固さと強情さに磨きがかかり、扱いにくさがよりいっそう増した
気がしたが、ここまで気が強いとはしらなんだ。
何時間も続く手術に苦しい体勢と激痛に耐え続けたばあちゃんには敬意よりも
なんだか呆れた。人一倍、人の助けを嫌がる人だが、ここまでとはなあ。

数年前、齢80を超えているのに、台風の中、ベランダで雨どいだかの修理を
して怪我をした、なんていう逸話もあった。

ややぼけだし、耳も不自由で、感情の起伏も激しくなったが、未だ一人暮らしの
うちのばあちゃん。これからも逸話を作り続けそうな気がする。

2007-09-06

『さよならバードランド』

あるジャズ・ミュージシャンの回想 ビル・クロウ 村上春樹 訳 新潮文庫

分厚いの。本編は470ページ。そのあと村上春樹氏のレコード説明とあとがきが
80ページ。名前の出るミュージシャンの索引付き。

それほど著名ではない「普通の」ジャズ・ミュージシャンによる回想録。
村上春樹氏の翻訳の癖か、本人がそうなのか、とにかく客観的に回想するので、
ジャズの一時代の生の空気を感じた気がする。本当に数多くのミュージシャンが
登場し、客観的ながらもユーモア溢れるタッチなので、飽きない。
分厚いので、気が向いたときに開く、といった感じで、暇つぶしのようにだらだらと
読み続ける。本当に楽しそうな生活。権力や金とは無縁。独特の個性が重なり
合う楽しそうな記憶。

村上春樹氏のレコード解説は、私のようなジャズの知識の全然ない人間には
きつい。でも彼の主観的な評価はそれはそれで楽しい。

ところどころに登場する和田誠さんの挿絵もおしゃれで良い。

2007-09-05

フンガイデビュー。

今日はこの間よりハードではない研修が人里離れた会場であるので早めに
家を出る。
早い時間ということもあるだろうが、朝はずいぶん過ごしやすくなった。
しかしまだ日差しはきつい。

家の前の坂を下っていたところ、落下物。「うっ!」と声にもならない声をあげる。
見ると右腕に粘液。
ざっと見渡すとズボンの左脚の数ヵ所、靴、右の太股にも。
鳥の糞である。上を見ると、名も知らぬ鳥が素知らぬ顔で彼方を見ている。
しかしどこか居心地悪そうに恥じらいの表情を浮かべている気もしたが、明らかに
気のせいだろう。電線に止まる氏に、無駄と知りながらも、「お前なあ…」と思わず
言ってしまったが、これもやり場のない怒りからの八つ当たりに過ぎない。
氏は詫びるように体を震わせた。

ウェットティッシュをふんだんに持っていたのは幸運だった。汚れを拭き取る。
無臭のねばねばとしたその黄色い粘液は意外に簡単に取れる。しかし、靴に
かかったそれは量が多く、ウェットティッシュを3枚要した。

これが烏であればより、臭いもきつかったのだろうか?
ともかく、私の糞害初体験はさほどの悪影響もなく済んだ次第である。

なんとか糞を除去し、私が立ち去る時もまだ、名も知らぬ鳥は「ごめんね」とも
「良かったね」とも言わずにまだ電線に止まっていた。

2007-09-04

太陽ってすごいね、

と電車から見える連なったマンションを見ながらみるもりさんが言う。
「だってあれだけの洗濯物を乾かせちゃうんだから」

太陽がすごいことは今更言われなくてもわかっていたが、そういう実例を言われると
改めて太陽はすごいということがわかる。

そう。確かに太陽はすごい。

昨日の猫。

昨日の猫。
実家に行きました。
猫は少しやせたそうです。

2007-09-03

最近のお気に入り。

最近のお気に入り。

御在所岳に行ってきた。

温泉に行きたいね・・・とみるもりさんと話していた。
そんな中、先日、高校時代からの友人Nと遭遇。彼も温泉に行きたがっていた。
じゃあ、というので、tangoさんもお誘いして4人で行くことに。
最初は奥飛騨に行こう、という話だったのだが、思いのほか遠いので、次回以降
に持ち越し。ホテルのガイドブックを眺めていたところ、三重県と滋賀県の県境に
ある御在所岳にあるホテルが良さげ。ということでここに決定。

目的はあくまで温泉。観光なんかは二の次。プールもあるらしいし、のんびりと
すごそうと話をしていた。
しかし、着いてみるとプールは狭い。割引もあるらしいので、御在所岳に登って
みることに。思えば、滋賀県でお世話になっていた某氏からもこの山は結構、
いいで、と聞いていた。確かに楽しい。さっさと登ってさっさと帰ってくるつもりが
結構な時間、楽しめる。
07090101 07090102 空も景色もとてもきれい。
登る人はみんな心が晴れるらしく、
気軽にみんな声を掛け合っている。
いつも無愛想なNもうきうきとはしゃぎ、
とんぼを採っている子供のために、
自分も採ってあげたりしていた。
ロープウェイとリフトの乗り継ぎなので、
登山というのもおこがましいが、
山頂からの景色がとてもすばらしい。
9月頭というのは紅葉や雪のような素材は
乏しいけど、でも登るのには最適だったみたい。
ホテルは鹿の湯ホテル
値段は休日前で2万円くらい。手ごろな値段のわりに料理がおいしい。
部屋もきれい。仲居さんもさっぱりした気性の方でとても楽しい。
残念なのはタオルの替えがないこと。せっかく温泉なので、できたら
ふんだんにタオルがほしいんだけど。まあ、それも小さな話。
名所を数箇所逃したし、また次回、行ってみたい。
土曜日はうす曇の晴れ。夜から翌日朝まで大雨。幸い、雨に直接の被害を
受けることもなく、帰着。そして一同大阪の暑さに愕然とする。

所要時間は近鉄鶴橋からおよそ2時間。特急で往復8千円くらい。
値段も手ごろで手近にこんな楽しい場所があるとは知らなんだ。

個人的な反省。私、酒にはめっぽう弱いけど、呑んでも精神的に酔うことは
あまりない。口が悪くなるとはいわれるけど、それはもともと悪いし。翌日も
記憶がなくなっているようなことはもちろんないし。
しかし、今回気がついた。私、酔ったら思ったことをすぐ口に出すらしい。
平常時でも考えることを話しているので、今までは気づかなかったが。
おかげで、さんざかくだらないことをしゃべっていた、ということを自覚。
みなさん、ご迷惑をおかけしました。

以上、旅レポートでした。

私はガリ。

たこすけさんの下関見聞録で紹介されてたすし占い。
私はガリだった。我ながら渋い。

ガリをキャラに持つあなたは、どちらかというと目立つことが嫌い。人の上に立つ リーダータイプではないが、強力なリーダーシップを持つ人にとっては、参謀として優秀で貴重な存在になる。TVドラマでいえば名脇役といったところ。その ため、思春期には酸っぱい経験がたくさんあるはず。ただ、誰とでも仲良くできる性格で友達が多いことは間違いない。食あたりをなくすという効果もある。
しかし、「友達が多い」というのはどうかと思うな。他の点はあたっている気がする。

すし占い

The Big Issue4周年。

「ホームレスの仕事をつくり自立を応援する」THE BIG ISSUEが今回の78号で
4周年を迎えたそうだ。京橋駅で販売されていた方も言っていた。
4年前というと2003年。記憶が確かなら創刊号から見かけるたびに買っていたが、
まさかそんなになっているとは思いもしなかった。1冊200円。うち110円が販売者の
収入になる。

はじめて買ったのは神戸三宮近辺。朗々と良い声ときっちりとした服装で立つ販売者
の方がとても気持ちよく、「これがうわさのビッグイシューか・・・」とうれしくなって買った
記憶がある。販売者の方の中には物静かな方も居るし明るく快活な方も居る。

名物になりそうな素敵な販売者さんを見るとうれしくなるし、その方の姿がいなくなると
さびしいが、でもそれはあるいは新たな道が拓けたからかもしれない。

販売者を代えながらこれからもずっと続いてほしいな、と思う次第。

ビッグイシュー日本版

ビッグイシュー基金

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

最近のトラックバック