2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

メインサイト

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007-06-29

さらば名古屋。

さらば名古屋。
昼間が暑かったなあ…。

…確かに派手かも。

名古屋に研修を受けに。名古屋って近いんだが行く機会がない。

地下鉄でぼお〜と周りを見ると東京、大阪に比べて女の子が派手…な気がする。
街中で原色をずいぶん見るなあ。名古屋は派手というのはやはり事実なんだろうか。

2007-06-28

水俣紅茶。

出町柳の小さなカフェで、お茶っ葉を買う。水俣の紅茶なんだそうだが、
フルーティな香りでおいしい。
なかなかにいい感じ。

2007-06-27

ラッキー♪

例によってまた市ヶ谷、日帰り。3人席窓側最前列。楽だわ。

2007-06-26

もやしもん5巻。

この間、車やさんに発売を教えていただいたもやしもん5巻。(石川雅之 講談社)
おまけが相変わらずかわいい。所詮色違いだけど。たぶん、もったいなくて使わないし。

佳境・・・なのかな?今までのゆるくてチャラいキャンパスライフが少し変わったような。
サービスカットも豊富で。少しいつもに比べると話がしまっている分、今までの面白さと
は趣が違うけど。

・・・それにしても。
作者曰く

1巻のときは「電車で大人が持ってても恥ずかしくない」をテーマに作っていたのがいつのまにやら脱線 そんなものですね

今回は買うのも恥ずかしかったぞ。

農大へようこそ

こわっ。

LZH ファイルに注意!~シマンテックが一部の「Lhaca」における脆弱性を発見
6月26日16時8分配信 japan.internet.com

2007-06-25

鯖江メガネファクトリー。

やるな、鯖江市。こういう遊び心のある包容力が好きです、鯖江市。

メガネの魅力思い知れ! 鯖江市がPRサイト 6月24日21時39分配信 産経新聞

鯖江メガネファクトリー

金沢日記。その9

(掲載中に日付が変わってしまったけど、24日(日)に書いたとご理解ください)
金沢21世紀美術館の常設展が濃い。
グレイソン・ペリーというトランスジェンダーなアーティストの作品展なんだけど、
基本はテディベアと男根。しかも彼の濃い作品が皿になって販売されてたりする。
ちょっとあの世界の皿で食事はとりたくないなあ・・・。
でも彼が陶芸作品を作っている映像ではその真摯さに感じるものがあった。

作品それぞれも楽しいんだけど、有料ゾーンの建物のつくりがとてもきれいで、
それだけでも入る価値が大いにあると思う。
昼食はここのお店で食べた。しかし美術館にありがちだが、少し値段は高めで
そのわりにおいしくはない。おかげで帰りに新鮮な魚は食べられなかった。

その後も歩く。武家屋敷跡を散策し、例の大泉さんたちの絵葉書の旅の風景を
探したりしている内に時間が押してタクシーで駅まで。
駅でみやげ物を探す。みるもりさんお目当ての干物も見つける。私の好きな
のどぐろが2匹で900円。思わず購入。それと鯵。
今日の夕食にのどぐろを食べたけど実にうまい。買ってよかった。

それと帰りの電車であげたとおり「天狗」のビーフジャーキーを購入。
金沢が本社なんだろうか?ビーフジャーキーの日本における元祖だったっけ?
とにかくうまい。

昨夜は22時前後に2人とも就寝。今朝は9時過ぎまで泥のように眠った。

金沢。実に良い。近いし。また行きたい。

城崎もこれくらい交通の便が良ければもっと行くんだけどな。

2007-06-24

金沢日記。その8

中に人が服のまま。そういう構造です。
ちなみに下に入るのは有料。チケットさえ買えば何度でも入ることはできるので、
我々は別々に別れて記念写真なぞ撮ってみたりもしてみた。Kana2103

金沢日記。その7

金沢21世紀美術館のお目当ての1つはこちら。
無料ゾーンでも観ることのできるプールなんだけど、さて。
Kana2102

金沢日記。その6

兼六園をひとしきり堪能した後、もう1つのお目当てである金沢21世紀美術館へ。
同僚に言われたあと、本屋で館長による本を見つけ、読んでさらに行きたくなった。
『超・美術館革命-金沢21世紀美術館の挑戦』蓑豊 角川書店
場所は兼六園のすぐ真裏。
Kaza210705230102

金沢日記。その5

兼六園があんまりに気持ちよいので、時雨亭なる建物でお抹茶を頂く。
スタッフの方による解説つき。
時雨亭は図面が発見されて最近、復元された建物。庭に近い側ではなく、
奥側に毛氈が敷かれ、抹茶はそこで頂く。これは庭に近い側が当時の工法
で作られ、手前側は見えないように空調を入れたり、障子にガラスを入れたり、
とより快適なつくりとしており、客はその快適な側で古いつくりを見ることが
できるように、という配慮だそうである。
美しい庭とその古い工法による建物をじっくりと堪能した。余談だが、久しぶりに
みるもりさんと2ショットの写真を撮る。たまたま居合わせた初老のご夫妻に
依頼され、写真を撮ったところ、お礼に撮って頂けるとのことで、お言葉に甘えた。
Shiguretei07062302

金沢日記。その4

駅から兼六園まで、駅前の地図では歩けそうだったけど意外に遠い。
しかし飽きない。途中、近江商店街なるところを通過する。魚市場で新鮮な
魚が並ぶ。帰りにここで昼食をと決意したが、結局果たせず。
金沢城の堀沿いに兼六園へ到着。京都の岡崎公園に通ずるものを感じながらも、
しかし良い。昔一度だけ冬に行ったことがあるが良かったという記憶しかなかった。
今回は初夏ということで全然風景は違うがやはり良い。
庭は苔が美しく整備されていて、造りが私好み。観光客も京都ほどは多くないが
これは季節と時間のせいかもしれない。
Kenroku0102

金沢日記。その3

快晴。ホテルを出てすぐ、金沢駅前に度肝を抜かれる。
建物のつくりは京都駅のような近未来的な造りをこじんまりとしたような。
改札は有人なのにそのギャップに驚いた。そういやあ、駅の中のコンビニの
広さにも驚いた。
でも一番驚いたのはこの門。
Kanazawa0202

金沢日記。その2

概要のつもりだったんだけど、そのまま書いちゃってるのでタイトル変更。

金沢着は22時。宿泊は全日空ホテル。結構広い。
2人で2万3千円。朝食つき。お風呂以外はとても快適。
朝食のラウンジでは周囲にフランス語が飛び交ってた。
朝食は洋食バイキング。無駄がなく、シンプル。それが良し。

起床は我々にしては珍しく7時過ぎ。起きられるもんだね。
食事を済ませ、8時過ぎにはチェックアウト。歩いて兼六園へ向かう。

写真は到着したホームで見かけた光景。
Kanazawa01

金沢日記。概要編その1

概要編で終わる可能性はでかいけど、ざっと。

かねて金沢に行きたかったんだけど時間がない。
城崎にも行きたかった。とにかくどこかに金曜日の晩から土曜日にかけて
旅行に行くことにしたが、そこでダイヤを検索。一番電車の便がよかったのが、
金沢。んで、同僚と話していたら「21世紀美術館、かなりいいらしいですね」と
言われ、そういやあ、噂に聞いたことあるなあ、と思い、場所を検索したら
意外に近い。
ということで、今回の目的は金沢で兼六園、21世紀美術館、うまい魚と決まる。
金曜日19時過ぎにみるもりさんと合流。特急を取る。一番前の席が前のスペース
も空いていていいなあ、と思ったが、進行方向次第で、最前列か最後尾かは
番号が変わる。勘で選び、成功。しかし新幹線と違い通路が狭いため、一番前は
落ち着かなかった。
夕食は伊勢丹で買った下鴨茶寮のお弁当。駅弁でおいしいと思ったのは
はじめてかも。梅干が苦手なんだけど、梅の甘露煮をおいしく食べられたのも
お弁当がおいしさに感動したが故か。
Simogamo01

2007-06-23

そして、ふりだしに戻る。

そして、ふりだしに戻る。

金沢に行ってきた。

金沢に行ってきた。
虹の下で告白したかったわけでもなく、もちろん絵葉書の旅でもなく。

2007-06-22

旅に出ます。

探さないでください。

変色。

この間買ったオーディオテクニカのヘッドフォンの耳あて部分が青く変色。
私の耳が嫌なかもしでもしてるのだろうか?
炎症でも起こしたら困るし、新しいヘッドフォンを買うべきだろうか?

2007-06-21

羊の頭の中。

たこすけさんの下関見聞録で皆さんのやってらした脳内メーカー。
やってみた。

・・・意外に普通?

よく読みこみエラー出ますので、何度か再試行の指示が出るかも。

お手数をおかけします。

・・・しかし、総じて能力が低いな・・・。

くちなしの薫る頃。

近所の産婦人科の前を通ると、ふっと梔子の香り。
見ると、満開。梔子って完全に花開くとふわっと香りが周りに漂う。
それまでは全く気づかないのに。

それにしてもいよいよ夏、って感じだなあ。

休み。

代休。午後から歯医者に行きます。この間の治療の残りをやってもらいに。
この前行って以来、できる限りきれいなままを維持してきたつもりだけど、
汚くなってて怒られたりしないか、と少し心配だったり。

2007-06-20

さらなる怪異。

電車の横並び座席で熟睡したぽっちゃりめの黒髪の乙女と、精悍な青年の
双方からもたれかかられる。しかも斜め前に立つ青年は『世界の終わりと
ハードボイルドワンダラーランド』を読み出す始末。

どうやらこれは妖怪ではなく、私の周囲の空間に問題があるようだ。

ならば解決は可能だ。
私がふとした拍子に「コロッセオ」とつぶやきさえすれば、がらがらと怪異は
崩れるはずだ。

となりでは小柄な中年の紳士がくちゃくちゃと音高くガムを噛んでいる。
早くつぶやかなくては。

「コロッセオ」と。

私の怪異。

今日も1時間寝坊。どうも起きられない。
大抵そういう日は4時から5時の間にむくっと起き上がり、時計を見て、ぱたっと
意識を失い、次に意識を取り戻すのが起床時刻をはるかに過ぎた時間となる。

これはきっと妖怪「むっくり入道」に原因があるようだ。

しかも最近は妖怪「忘れ物番長」にもとり憑かれたようで、昨日は弁当を忘れた。
もちろん仕事もしょっちゅう忘れる。

あるいは子連れのイタチの子を殺めただとか、ひき蛙を敷居に挟んだだとか、
ミミズに小便をかけただとか、お堀で魚を釣っただとか、そういうこともしていないし、
なにゆえ私がこのような怪異に見舞われるのか。
稗田先生や京極堂のお世話になるほどでもないが、ここは今夜から数珠でも
つけて寝てみようかな。

2007-06-19

すっかり暖かくなって。

23時過ぎに半袖で、電車を待っていても寒くない。本当にありがたい。

室内の冷房がきついときもあるけど。

2007-06-18

痛々しい記憶

朝の電車でよく見掛ける女子高生たち。会話がマニアックな上にひたすらよく
通る声で会話が続く。正直しんどい。

さらに、自分の高校・大学時代もこんなだったんじゃないかなあ…と、思い、
余計しんどくなる。

他人のふり見て我がふりなおせ、とはいうが、過ぎた話はいかんともしがたい。
もしタイムマシンがあったらまず最初にすべきは、過去の自分を殴りに行くことかも。
でもきっとそうなったら、今の私も未来の私に殴られるんだろうなあ。

2007-06-17

もやしもんアニメ化。

ほんとだった。

公式サイト

一、十、百、千林。

京阪沿線の千林という各駅しか停まらない駅の商店街に行ってきた。
昔、みるもりさんもここでバイトをしていたことがおありになる。
商店街好きの彼女のおつきあいなわけだが、ここの薬屋さんで先述の
補中益気湯が安く売っているので買いに行くのが今回の目的。
ふらふらと千林商店街を通り、いつの間にか森小路まで行ってた。
その間に流れているのがタイトルの千林商店街のテーマ。
ダークダックスを髣髴とさせる味わい深い男性コーラスによる名曲である。
あまりの名曲ぶりにみるもりさんはよく歌われる。

森小路周辺もまた不思議である。スーパーは広くてきれい。
どことなく以前、よく行ってた昔住んでいた場所の近くのスーパーを
思い出した。しかも閉店時間は23時。やるじゃん。
でその近くには倉庫風の酒屋。めずらしいもんでもないが、なかなかに
品揃えが豊か。
品揃えだけなら左京区白川通りのリカーマウンテンを少しスケールダウンした
程度かも。
また、駅前にはエスニック系の居酒屋や、おいしそうな焼き鳥屋も。
侮れん。仕事帰りには行きづらいけど。でも侮れん。

セロニアス・モンク。

最近、ジャズを少し聴くようになったと上司に言うと、ごっそりとCDを貸して下さった。
ジャズだけじゃなくて多様なジャンルで。どうせ夏に車に乗るまでは使わないからと。
剛毅な話だ。

で、特に薦めて下さったのがセロニアス・モンク。
ジャズを聴くようになったといいながら恥ずかしながらまともに聴いたことがなかった。
大変良いので、明日返すにあたり、amazonで同じCDを買うことにした。
近日中に届くだろう。

真田幸隆、味方になる。

出番減りそうだなあ。・・・大河ドラマの話です。

佐々木蔵之介と内野聖陽が好きなもので、観てたんだけど。
しかも皿洗ってて、晴信との初対面、観損ねた。

昌幸あたりまでは出てくるんだろうか?
さすがに信幸、幸村は出ねえだろうな。

角屋のアイスモナカ。

角屋のアイスモナカ。
京阪千林の商店街。
乳脂肪分少なめのじゃりじゃりしたアイス。うまい。

『【新釈】走れメロス他4篇』

森見登美彦 祥伝社

あろうことか、山本周五郎賞もおとりあそばされた森見登美彦氏。
なんと、なんとといった感じで驚き。
何せあの夢か現かも境界線の危うい独特の物語を展開される氏の作品が
かの「山本周五郎」の名前の冠された賞の対象になられるというのだから。

さて、遅まきながら氏の『走れメロス他4篇』を読んでみた。
走れメロスの他、山月記、藪の中、桜の森の満開の下、百物語を新釈されていた。

私の中での順位は、桜の森の満開の下・走れメロス・山月記・藪の中・百物語と
いったところだろうか。特に桜の森の満開の下。実に良い。『きつねのはなし』の
中でも垣間見ることのできた氏の独特の静謐な筆致が、ここでも発揮されておられ
さらにそれが実に叙情的な趣きを生み出している。
森見登美彦氏というと、どうしても京都の某超々一流大学に籍を置きながらも
不毛な日々を送る阿呆な学生の姿を勢いのある筆致で描くことが特徴と思われ
がちだが、そんな氏が時折見せるこの静謐な文章というのが素晴らしく良く、
『きつねのはなし』でそれを知って後、氏への畏敬の念をますます強めることとなった。

名作の入り口にでもなれば、といったことを氏はあとがきで書かれているが、
小難しい便覧や教科書で名作に触れるより、むしろこの本自体を必読参考書と
して、小学校で配布すれば、子どもたちの本離れも少しはよくなるのではないか
と思う。私もまだ恥ずかしながら手を出していない坂口安吾にふと手をのばして
みたくなった次第である。

2007-06-16

遅刻、遅刻。

朝、起きたらいつもより1時間30分遅かった。

もちろん遅刻。5分ほど。5分で済んだのは幸運ではあろう。

多分、昨日の研修が疲れたんだろう。…いや、ただたるんでるだけかも。

2007-06-15

新たな散歩の形。

家の前の坂の下。
おばあちゃんがミニバイクにちび犬を前籠に乗せている。
停車して犬をなでると犬は籠からシタッと飛び降りる。
するとおばあちゃんはバイクを走らせる。犬はなかなかの勢いで追いかけ出す。
どうやらあれが散歩らしい。

2007-06-14

レッツノートR5。

電車でとなりのお兄ちゃんが使っていた。小さくていいなあ…。

しかしノートパソコンを使う機会ももうまずねえし。

しかしいいなあ。軽そうだし。

ネクタイ。

学生の頃に買ったネクタイが擦り切れ出した。
さすがに捨てることにしたが、代わりのネクタイでいいのがなかなか売ってない。
何をもって良しとするかが未だにわからない。
結局、まだ補充しきれていない。
どうしたもんだろう?

2007-06-13

は?

今朝の新聞だかで、JTBがタレント事務所とかいうのは読んでたんだけど。
まさか契約相手が緒方恵美さんとは。

何をしたいんだろう?彼女の声は好きですが。

JTBが芸能プロ参入、声優・緒方恵美さんと専属契約
6月13日3時4分配信 読売新聞

2007-06-12

日本の車窓

最近、市ヶ谷―お茶の水間の川沿いの風景が好き。特にお茶の水の大きなアーチが。

もやしもんアニメ化?

嘘か真か、みるもりさんが雑誌で見掛けたとか。
のだめにしてもハチクロにしてもアニメ化にはあまり惹かれなかったし、今回の
件も事実としてもさほど惹かれないのだが、ソーエやオリゼーの声は聞いてみたいかも。

みるもりさん的には声優養成学校の講師紹介で、Aさん:主な役:〜菌(もやしもん)
といった紹介広告がいずれあったら面白そう。とのこと。〜さん:O‐157(もやしもん)
とか、〜さん:大腸菌(もやしもん)とかは、確かに想像するだに悲惨だ。

この間、寝た時間に起きる。

さほど苦痛でもないのは、軽い緊張感か、前夜の就寝時間が早かったからか、
補中益気湯の力か。
しかし、始発になんでこんなに人が乗っているんだろう?

2007-06-11

10時に市ヶ谷は無理を感じる。

朝5時過ぎの電車だそうで。まあそういうとほほな状況が好きな実はマゾっ気の
ある人間なんで、ここで前日泊などという軟弱な道を選ばず、あくまで自己を逆境に
追い込みたがるわけだが、かといってこのような事態を乗り越えるほど強くなれる
わけでもなく、無論、視聴率もあがらないし、子猫ちゃんや子虎ちゃんが
増えるでもない。
せいぜいがこうやってブログのネタを手に入れるこてだけが私に与えられる
ささやかな報酬なわけである。

貴重なネタをありがとう、逆境。

2007-06-10

中毒性。

昨夜、みるもりさんのPCの調子がおかしい。というか、OSを認識しないというのは、
調子がおかしいの域を超えているか?
やむを得んので初期化。んで、なんだかんだとやっている内に時間はどんどん過ぎる。
みるもりさんもかなり遅くまで付き合ってくれたか、疲れたようで、お休みに。
私はどんどんハイになり、結局、やめたのは4時。でも、手違いで電源を落とす前に
スイッチを切ってしまい、心配だったのでスキャン。それがなかなか終わらなくて、
一度寝た後、しばらくして終了を確認してようやくちゃんと睡眠。
合間に彼女の深刻そうなブログを読んでブルーになったり。状況だけなら、さほど
深刻な状況でもない気もしたんだけど。創作活動による作品が消滅したことはでも
大きかったろうな・・・。

んで、今日はサーバーから彼女のページをダウンロード。意外に時間がかかんのね。

という週末。

おかん!

Yahoo!ニュースでパリス・ヒルトンがらみの産経新聞の記事のタイトルが
「こんなのおかしい!おかん!」と一瞬見えた。
いわゆるセレブといわれる彼女の一声がそんなだったら、私、彼女の
ファンになるかも。できれば関西弁で聞いてみたい。
まあ、日本語な時点で無理があるか。

再収監「こんなのおかしい!ママ!」 ヒルトン受刑者、泣き叫ぶ

6月10日8時0分配信 産経新聞

塩バニラ。

塩バニラ。
食べてみた。味を実感する前に口から消えてた。
つまりまずくなかった。意外においしい?

2007-06-09

夏の雲。

ハウスダストセンサーが気になり、夕方まで掃除にかかり、部屋を出てみると
意外に涼しい。
体がほてっていたので、半袖で出たが後悔する。しかし日のあたる場所は暑い。
ふと空を見ると入道雲。昨日も今日も激しく夕立が降ったし。もうすぐ梅雨だと
聞くがなんだかすっかり夏である。

2007-06-08

いでよ、神龍。

ドラゴンボールがそろいました。7個ではなく42冊だけど。途中、愛蔵版に
手を出したので見た目は揃った感は薄い。
今更感も否めないけど、やはり楽しい。自分の青春というか早春というか。

しみじみと初期の鳥山明の絵のうまさに感動したり。

やはりいいもんです。ドラゴンボール。

しかし最近の学生はドラゴンボールの存在を知らないらしい。世の流れが恐ろしい。
ましてや北斗の拳や聖闘士聖矢、キャプテン翼なんて大昔扱いされるんだろうなあ。

2007-06-07

落ちないや、お金のにおい。

まあ、毎日金勘定してりゃあなかなかに手からお金のにおいが消えない。
異動後、まもなく顔に吹出物もできた。顔に触れる癖があるのに手をあまり
洗わなかったから。
今は金勘定するたびに手を洗う。おかげで吹出物はあまりできなくなったが
それでもにおいはなかなか落ちない。

でも書類作成に比べりゃ、金勘定の方がまだ気楽。
書類がなかなかできないんだよなあ。

2007-06-06

大貫妙子さん。

いいですなあ。ただいまNHKで熱唱中。
みんなのうたの「メトロポリタン美術館」が好きだったんだけど。

2007-06-05

ラリる。

この間のそば屋飲み会の帰り。電車の乗換え中、若い娘さんが、やたらふらふらと
大声でわめきながら動きまわっていた。
酔っ払いかと思ったのだが…翌朝、考えてみるとあれはアルコールではなかった気が
してならない。

あれ、なんだったのかなあ…。

2007-06-04

『るきさん』

道端で学生さんがハードカバーの『るきさん』高野文子/筑摩書房を売っている。
少しぼろぼろだけどこれも縁な気がして購入。帰りに読む。
ええわ。癒される。

なんか少し昔の日常な感じが素敵。終わり方もきれいだし。

2007-06-03

昨日やら今日やら。

昨日は仕事後、街中でみるもりさんと待ち合わせ。
京都・出町柳のリーフにてお茶をしたあと、四条へ。んで手ぬぐいやら、iPodやらを
購入して、三条木屋町のたくみやへ、ゆおさん、よへさんと。
そば屋でお酒って本当にいいね。

つまみは、そばの実の味噌和え、鴨葱、はんぺん、ざる豆腐、出汁巻き、いかの塩辛、
天ぷら、生麩の田楽、漬物など。

しめに十割そば。

食後は、三条通りのカフェ・オパールへゆおさんたちに連れて行っていただく。
珈琲が飲み易く、おいしい。ニューヨーク・チーズケーキもシンプルにあっさりと。
でもチーズは濃厚。

ゆっくりと楽しいひととき。毎度のことながら、ありがとうございました。またぜひ。

しかしそば屋さんをにぎやかに占領していたお年寄りのグループが
一体なんだったのかは今も気になる謎。

昨夜、私に何が起きたのかは前述のとおり。今朝は12時前まで深い眠りに。

今日は14時に二人がお世話になったIさんがお越しになる。色白の素敵なお姉さま。
アンリシャルパンティエで買ったケーキでお茶。
ともすれば以前のお仕事の話になってしまった。あれでよかったのかしら?
今の私に仕事に関し、とても大事なアドバイスを頂く。

夕食はシンプルにみるもりさんによるふかしご飯。最近の彼女のお気に入りだが、
うまい。ザーサイとシーチキン、生姜、にらなどと昆布、干ししいたけなどによる。
それと漬物ようなサラダ。実にあっさりとしているが本当に良い。
毎晩、これでも良いくらい。

しかし、食事については本当に私の出る幕はなくなってきたな。少しさびしい。

パソコンに苦しめられる。

iPodを買ったのでRioの関連ソフトを削除。
ついでに見てたらみおぼえのないソフトがあったので、削除。
・・・ネットワークのデバイスだった・・・。インターネットができなくなる。

再起動したらなんとか回復。いやあ、恐ろしい。
しかし、気がついたら午前2時30分。

あまりにも愚かすぎる。俺。ということで激しく眠い。

結局、iPod。

なんだかんだのはてのiPodを購入。nanoの4GB。
早速、音楽を入れてみよ。

2007-06-01

おにぎりの限界。

Rioがすぐに再起動する。どうもやばい。買い替えどきか・・・。

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

最近のトラックバック