2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

メインサイト

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

2007-05-31

補中益気湯。

みるもりさんが愛飲されている漢方薬。肌荒れにてきめんな効果だそうで、
疲れにも効くらしい。
勧められて昨夜から飲み出す。まあ、ヨーグルトを食べるようなもんで、
じわじわと知らぬ間に効いてくるようなもんだろうし。

2007-05-30

吉報。

お世話になった方に二人目のお子様ができたと知る。
人のことながらとてもうれしい。

祝い酒といきたいが明日起きられないので気持ちだけ。

とにもかくにもめでたい。

2007-05-29

蒼井優と蒼井そら。

今日、昼食で居合わせたお姉さま方との会話中、フラガールやハチクロに
出てきた女優の話になる。
蒼井優か、蒼井そらか、真剣に悩んで、口から出たのは蒼井優。

正解。

今後も間違えたくない。特に女性との会話中は。
蒼井そらにも何の非もないとは思うんだけど。

2007-05-28

暑かったり寒かったり。

本当に服に困る。
今夜は涼しいなあ・・・。

2007-05-27

sleeping sheep。

sleeping sheep。
あるご夫妻から頂く。
安眠を誘うラベンダーの香りつき。

よく見つけて来られたなあ…おかげさまで快眠です。
常に枕元にいます。

トリス、トリス、トリス。

トリス、トリス、トリス。
あんまりトリスは縁がないけど。

昔、O氏から頂いたトリスさん。
キュート。

プレヴェール。

京橋に呼び出され、今里鶴見のダイヤモンドシティへ。
不便。しかもしょせん(失礼)はイオン。なんでわざわざそこまで足をのばして
イオンごとき(失礼)に行かねばならんのか・・・もう少し近くには大日のイオンも
あるし、アウトレットモールもあるし、もっと近くにはショッピングモールもある
のにさ・・・などと思っているが彼女はそこにしか入っていないデザインTシャツの
店に行きたかったらしい。乙女心は私にはわかりません。
22時前までふらついて帰り道。行きしなに気になっていたケーキ屋さんがまだ
明るい。思わず中を見るとまだまだケーキは並んでいる。思わず入る。
若い男性数人が作っているんだろうか?売り子さんらしい若い女性が帰り、
あとは本当に男性2、3人だけ。不思議な店だ。

で私は、クレームブリュレ、レアチーズケーキ。
レアチーズケーキはなかなか店で差は出ない、というか私の舌ではあまり差が
わからないんだけど、このクレームブリュレ・・・。おいしい。
甘さは控えめで、上のキャラメルが濃くてそのバランスがとてもよい。
実においしい。
ダイヤモンドシティはよくわからんけど、この店があるなら、また今里鶴見に
行ってもよいかも・・・。
Cake070527

厨房に立てない。

最近、仕事が遅くなることが多く、厨房立てない。
しかもみるもりさんの料理が本当においしい。
そして久しぶりに立った自分の味がひどくて余計、遠ざかる。
さらに日曜日の午後は彼女は1週間の仕込みに夢中。
常備菜や調味料のストック関係の本を手に入れ、さらにその成功に味をしめ、
もう手がつけられない。でも悔しいことにおいしい。

ということで、洗い物以外、お役に立てない日々が続く。
こうやって、料理のできない男になっていくのであろうか・・・。

2007-05-26

この間、匠味を食った。

この間、匠味を食った。
うまいよ、モスさん。少ないけど。

整体デビュー。

運動もせんのに。この年で…とは思うが、何しろ首と肩のこりがきつくて。
電気をびりっとかけてもらう。強弱だけじゃなくてかなりバラエティの富んだ電流が
あることが驚き。
そのあと整体。気持ちいい…。
ということでかなり体が軽くなったような。

そのあと髪も切り、頭も軽くなる。

2007-05-25

ガムのくちゃくちゃ音。

最近、妙に電車で音高くガムを噛む人を見掛ける。前はそんなにいなかった気が
する。あとやたらだらだら車内で通話をしている若者とか。

パオロ・マッツァリーノみたいにつっこみ力を駆使して注意すべきだろうとは思うが、
そんな勇気はないよ、ママ。

ガムをくちゃくちゃ噛むのがナウなヤングに馬鹿ウケ?でもどっちかつうとおばさんに
よく見掛けるのは何故?ナウなマダムあるいはセレブのプチブームなんだろうか?

2007-05-24

なんだか。

もう、木曜日かあ…。と感じながら、まだ木曜日かあ…。と感じる。

つまり、全然仕事が進まねえが、何しろ仕事が多い、という次第で。

2007-05-22

お手紙とプレゼントを頂く。

昨年、お世話になったお二人にお礼を送ったら、それに対するご返事を頂きました。

たこすけさん、Firoswiさん、下関のみなさん。本当にありがとうございました。
たこすけさんも書かれていましたが、1年がたちましたね。
どうぞこれからもよろしくお願いします。

『つっこみ力』

パオロ・マッツァリーノ ちくま新書
同氏の第3作。批判的な態度でものごとを見るメディアリテラシーではなく、
場を盛り上げようというサービス精神と自己犠牲で成り立つつっこみ力こそ
大事というお話。
なお、「ツッコミ力」と書くと「つっこみか」と読めるので、「つっこみ力」と書く
ことも氏は提唱する。
相変わらず面白いんだけど、反社会学も3冊目となると、私も少し飽きてきた。
でもやっぱり面白い。

2007-05-21

教えてほしい界王拳。

仕事の増える速度が私の理解する速度より、1.5倍くらい早い。

界王拳を界王さまに習うなり、シャア専用にでもならないと少しやばい気がする。

マグネットコーティングでもS2機関でもいいから、誰か私を強くしてくれんか。

2007-05-20

『ぼく、オタリーマン。』

よしたに 中経出版

よくあるブログやホームページ、2ちゃんねるをベースにした出版は大抵気になる
のだが、今回はみるもりさんもほしいというので、購入。
何せ、自分の「ほしい」を全部買ってたらきりがないので。

おもしろいけど、いたいたしい。自分にも思い当たる部分が多々あるので、余計に
いたい。んでもおもしろかった。

あすーす。

よく買う雑誌で、ASUSU1Fというノートパソコンの広告が載っている。
内側が本革なのは「?」だけど、なかなかに良い感じのパソコンである。
でも、「ASUS」。聞いたことがない。なので、検索してみると、パーツ屋さんだった。
パソコン好きだけど、好きなので疎いmpだが、言われてみると見かけたような
気もしてくる。「ASUS」をどう音読みするのかわからず、きっと頭の中を素通り
したのだろう。
メーカーウェブサイトを見てみると、ランボルギーニとのコラボというのがある。
ああ、そういやあ前にどこかのニュースで観たような・・・という気もしてくる。

しかし、「あすーす」か。読めねえよ。・・・・ねえ?

「ですね」が「desune」になる私のPC。

何が住み着いているんだろう?

2007-05-19

前述の香水。

入浴するまでずっと腕に残り、次第に呪いのような気すらしてきたのであった。

同僚に腕時計を貸したら。

香水のにおい付きで返ってきた。頬杖をつくたびににおいが鼻に漂って
面白い。

しかし考えてみると、貸した時、おっさん臭い体臭でも漂ったのでは
なかろうかと思うと心配だったり。

sheep、ブタフィーヌさんに泣く。

最近、ばたばたしてたり気力が無かったりであんまりパソコンに触れて
いなかったので、およそ1週間ぶりにブタフィーヌさんを拝読する。

ブタフィーヌさんの勇姿に本気で目が潤んだ。なんてええ子なんや・・・。

たかしまてつをさん公式サイト-tt-web

2007-05-18

塩沢ときさん死去。

当たり前なんだけど、人は亡くなる。
自分が子どもの頃、テレビで当たり前に出ていらした方々は、自分が年を取るに
つれて自然に亡くなっていく。ここ数年の間にいろんな方々が亡くなった。本当に。
いつの間にかテレビから引退され、突然、訃報が流れる。
塩沢ときさん、特に好きだったとかそうではないのだけど、やはり当たり前に以前は
テレビに出てらした方が亡くなるというのは、さびしい。

女優の塩沢ときさん死去  5月18日15時25分配信 スポーツ報知

仕事に先が見えず。

何せどうやりゃいいのか、わかんないんだから。
単に一歩を踏み出すことができずに入り口付近でうろうろしているだけな気も
するんだけど。それにしても困ったもんだ。

2007-05-17

最近、読んだ本。

『キミがこの本を買ったワケ』指南役 扶桑社
そんなにおもしろくはなかった。でも絵がかわいい。
日常につながってるんで、ふとスタバに入ったときに思い出したりはするが。
さらっと読み流せる感じかな。

今日は代休。

だらっとしてました。
でも何だか新しい職場での代休はまだ、後ろめたい。

久しく歯医者に行ってなかったし、この間、歯がやたらと汚いのにも気づいたので、
歯医者に行ってみる。とはいえ、このあたりでいい歯医者さんなんて知らんし。
ということでネットで検索。
グーグルで近所の歯医者をいくつか探し、それっぽいのを今度は直接検索。
口コミっぽいサイトで、評判をチェック。良さげだったので、電話。予約は不要。
行ってみるとなかなかに良い。説明も丁寧だし、優しいし。おかげさまでまずは
一番気になってた下の前歯の裏をきれいにしていただいた。歯磨き自体は
さほど悪いやり方ではなかったみたいだが、3本ある親知らず近辺と、歯の裏
全般の歯茎周辺がまだだめ。次回、行くまでにはこのあたりをなんとかしないとな。
単純なんで、帰りに良さげな歯ブラシを買ってみたり。

んで、緑玉紳士見ながら昼から酒。グレンリベットと、あられとピーナッツと
スモークチーズ。おつまみのなとりさん、いつもありがとう。

久しぶりに夕食も作った。しかし味加減がいまいち。やはり久しぶりだとだめだね。
かといって毎日やるには帰りが遅すぎる。困ったもんだ。

緑玉紳士

うちの職場でもチラシのおいてあった国産クレイアニメ。
子どもの残したピラフから抜け出したグリーンピースの眼鏡屋さんが
都会の町で売り物の眼鏡を納めたトランクを盗まれ、それを追いかける
話。
と、書くとほのぼのムービーのようだが、「ベルヴィル・ランデブー」のような
やや濃い感じの物語。吹き替えに我修院達也が居たりとなかなかに興味深い
キャストだが、言語は発さない。いや、発してはいるが決して言語として認知
させようという感じではない。なかなかに濃いアニメ。全体に暗い照明だが、
それもそのはず、ライトはほぼ、デスクライト1つがメイン。大体手作り。
制作秘話を見ているとその膨大な丹精込めた作り方に感動する。
我修院達也が「10回は見てください、私も見るから」といってたけど、10回は
ともかく、何度も見たくなる1作。でも、本当に続編出るのかなあ?

緑玉紳士公式サイト

2007-05-16

謎解き仕事はつづく。

とかくこの世は謎だらけだ。

まあ1年続けば来年はなんとかなるんだろう、きっと。

2007-05-15

モテ度。

三月から『KING』という雑誌を愛読している。月刊というペースも楽だし、適度に
読み応えもあるし、適度にエロいし、スーツの基本とか仕事の基本とかもなかなかに
興味深い。みるもりさんも愛読されている。読むのが早いので私より先に細かい
ところまで目を通す。

今回はなんだかメインの特集はいかにモテるかとかデートに関するテクニック
だとかで私を知る人はご承知の通り、私は全く縁もなければ興味もない話であり、
従ってそのあたりは完全に飛ばしていたが、みるもりさんが言う。「sheep、KINGの
モテ度が目茶苦茶、高得点だね、オタクなのに。」
しかし今までの私の女性遍歴の乏しさは相当なものである。つまり私は類いまれなる
才能を眠らせたまま、結婚したことになるわけだ。

1.sheepは自他ともに認めるモテモテナイスガイである。
2.雑誌の言うことはあてにならない。
3.小手先のどうこうより、所詮、大事なのは見た目とハートだ。
4.本人が気付いてないだけで実はsheepはモテモテナイスガイである。
5.もてない人間はどうやってももてない。
果たして真実はどれか。

ふと、だいだひかるが昔言ってたことを思い出す。
「プレイボーイを買う人に、プレイボーイが少なそうなのはどうしてだろう?」

2007-05-14

昨日のもろもろ。

実家がお世話になっている町の電器屋さんからエアコンと掃除機が届く。
寝室の夏が殊の外、厳しく、かねて夏が来るまでにエアコンを買わねばと
考えていた中、おあつらえむきに先日、電器屋さんからDMが届いたので
買った次第。

掃除機は今まで使っていたのが、99年に独り暮らしをはじめた時から
使い出したもので、シンプルで扱い易いものではあったが、今の部屋には
いささか心もとなく、かねて価格.comで気になっていた製品が定価8万円の
ところを5万円とかなりの値引きっぷりで、思わず購入。

この掃除機、かなりな高機能。売りはハウスダストセンサーだが、なかなか
どうして、最近の掃除機の高機能ぶりに夫婦で感動することしきり。

特に昨日は布団とベッドの掃除に精を出した。

結果、昨夜は予想外に軽い布団で心地よく寝ることができたのが大きな収穫である。

ひとしきり掃除機で遊んだのち、買い物へ。
駅前の中華料理屋へ。演歌の流れる小さな店。入るのには勇気が必要だったが、
侮れない味。
最近気付いたが、この町はこじゃれた店はないが、小汚ないけど味のある店は
豊富。侮れん。

帰宅後、先週買った安い赤ワインにレモンと炭酸で割るというかなり無茶な飲み。
たしか村上春樹がやってた。
んで、残り物と納豆飯。んな感じの日曜日。

2007-05-13

昨日の記憶。

こたつをしまう。まだ早い気もするがまあ、今が適当だろう。
tangoさんが遊びに来る。今日は乾きもの飲み会。といっても酒はなし。
お茶でひらすら乾きものを食し続けることを目的とする。
紅茶数種、日本茶、中国茶などをいくつか有すのでやってみたいとみるもりさんと
話していたそうで。
彼女のお土産は「とん蝶」。味がよりふくらみのあるおにぎりのような感じ。
出だしに頂き、永谷園のあさげを飲む。その後は併せて頂いたうにあられ、
うまいぬれ煎餅、我が家の残り物などをひたすら食べ続ける。

食べ続けること数時間、腹ごなしにコンビニへ散歩。果物と麺類を買い、帰宅。
腹もこなれて、買ってきた麺類(私はマルチャンのソーキソバ)、と果物を頂き、
お腹も落ち着いたところで解散。彼女を駅まで送った後、帰りにワインを買って、
我々は再び乾きもの呑み会を再開したのであった。

グレンリベットがまだあるけど。

グレンリベットがまだあるけど。
安いので買ってしまったグレンフィディック。

2007-05-12

コピ・ルアック。

「かもめ食堂」を観た。

・・・いいわあ。すごく良い。

クライマックスの井上陽水のクレイジー・ラブがまた。

すごく癒された。もたいまさこさん、特に良かった。あの間。素敵。

2007-05-11

2つの思いがけぬこと。

1.明日は休みになった。
2.決算のお仕事が終わる。

お疲れ、俺。

2007-05-10

山場だらけの仕事。

GW期間中は決算真っ盛り。しかも合間に補助金の関係のお仕事が。
連休前に各関係者に締め切りを伝えていたけど、結局なんだかんだと
トラブル続き。で、7日は東京出張で、8日に関係各位に連絡したら・・・
忘れていたり勘違いしていたり。しかも出てきた書類も不備多し。

でも、原因の多くは私に有る。
締め切りは何とか守ったけど、しかしまだ心配は絶えない。
決算作業も続くし、補助金もまだまだ続く。
いつになったら落ち着くのやら。
でも、GW中のあの異常な高揚はもうないけどね。

ナンダカンダと金が飛ぶ。

GWもあったし、鞄も買ったし、カメラも買ったし、眼鏡も買ったし。
あっちゅう間に金が飛ぶなあ。そんなこといいながらかねてほしかったものを
また買ったし。到着は日曜日。いや、単に生活用品ですけどね。

しかし、金って、仲良くできないやつのとこからはすぐ飛ぶなあ。
もっとお金と仲良くしていきたいのに。特に福沢諭吉翁とは。

2007-05-08

京都の夏がやって来た。

今日は夏用スーツに切り換えたのだが、それでも暑い。

やばい。もう夏だ。
今年の夏はどんな格好で出勤しよう?
なんにせよ、服が無い。

2007-05-07

市ヶ谷再び。

また、市ヶ谷に行ってきた。
先日行った際にはまだコートを着ている人もたまに居るくらいの
天気だった。今日はむしろ夏用スーツでも良いくらいの暑さだった。
月日の過ぎるのは早いもの。

みなさん、いかがお過ごしですか?

2007-05-06

さすが800万画素。

かなり小さな被写体でも切り取ってみると意外に鮮明。

これならみるもりさんがはまっているお馬さんの写真もちゃんと
撮れるんではなかろうか?実験動物は、桂のお犬さま。
Dog070503

5月3日の花々。

5月3日に桂に行ったときの花々です。

芸術村なんで、いろいろと作品を見たんだけど、撮影はまずいだろうし、
結局、ほとんど花しか撮影せず。不思議な町だったけど。

本体の方にも2枚ほどアップしました。サイズはそっちの方が大きいです。

Hana07050301  Hana07050302

SOUL FLOWER UNION。

昔、「青天井のクラウン」という哀愁漂うチンドンをみんなのうたで聴いて以来、
どうも気になっていた人たち。

ツタヤで借りてみる。なかなかにいい感じ。これはロックなんだろうか?
チンドン?

WINDS FAIRGROUND-SOUL FLOWER UNION

2007-05-05

『二百十日・野分』

夏目漱石・新潮文庫

なんだか休みの度に夏目さんに手を出してみる。
まあ、そういうのがいいんじゃないかと、思うこのごろ。
今回も、桂へ行く道中、混んでいる京阪電車の特急を避け、のんびり各駅停車で
大西順子を聴きながら夏目さんを読み耽る時間は思いのほか癒された。

私、不良少年だったので、夏目漱石の代表作をぜんぜん読んだ記憶がない。
『坊ちゃん』にしても、『我輩は猫である』にしても恐らく読んではいない。
夏目さんに興味をもったのは、前にも書いたけど、学生時代の恩師の一人が、
「近現代の日本作家で、文体に真剣に取り組んだのは夏目漱石と村上春樹」と
話していて、1回、夏目漱石を読んでみようと思ったのがきっかけである。
当時、『草枕』なんぞ読んで満足していたのが、ここにきて読めそうなときに
少しずつでも読んでみようと、ふと思った次第。

さて、今回の本。
夏目さんというと、他愛のないテーマか、私小説のようなテーマか随想を
主たる作品とする人と思っていたので、本作は度肝を抜かれた。特に野分。
発表時期にずいぶんと差があるし、文体もずいぶん異なるしで、なぜこの2作が
いっしょになっているのか疑問があったのだが、読んでいて納得。
この2作は並べて読むと価値が二倍になった気がする。
なんということもないのだが、ふと大江健三郎の短編集『見るまえに跳べ』を
思い出した。高柳が白井に己の過去を語るシーンや、クライマックスが特に。

我輩の猫は名前がまだない。

3日、4日と実家の家族が旅に出るので、留守番に来てほしいと依頼があった。
昼間はずいぶんとおとなしくかわいい猫になっていたが、明け方に豹変。
一人の部屋で暴れだす。仕方なしに30分ほど起きて付き合う。
しばらくお付き合いしている内に目が痒くなり、鼻も出てきた。もともとほこりに
弱い私は寝不足でちょっとそれが出たっぽい。猫もおとなしくなったので、私も
再び寝床へ。しばらくしてまた猫が暴れだす。今度はそのままほっといた。
こいつといっしょに暮らすことにでももしなったら、仕事にならんだろうなあ。
しかし昼間はすこぶるかわいくなりおって。
Cat07050401_1

Cat07050402Cat07050403
 

2007-05-04

仕事鞄を買う。

3,4年前に買ったお気に入りももうくたくた。
みるもりさんの目を気にしながら、購入。長く使わないと、余計怒られるな・・・・。
もちろん、長く使うつもりだけど。

ちなみに今まで使ってたのが、左のTAKEO KIKUCHI。

Baga

Bagb



んで、今回買ったのは、Paul Smithの右の。

どちらもファスナーが下までいくタイプで、幅が広めなのがありがたい。

2007-05-03

西山高原アトリエ村に行く。

知り合いがスタッフをやっているとのことで、たまたま空いた本日、行ってみる。
阪急桂駅下車、バスで15分。さらにそこから徒歩3キロの山道。意外に傾斜がきつく、
こういう辛い移動に欠かせないミヤモトシンタ氏が恋しくなる。
しかも車が頻繁に通るため山道なのに空気が汚い。
着いてみると意外なほど規模が大きい。まさに芸術家による村だった。
ひとしきり歩き、各家、各工房の作品を眺める。なんだかわきあいあいとした感じが
楽しい。帰りも歩いて下山するつもりだったが、歩きだしてすぐに上司の車に遭遇。
乗せて頂く。知り合いが多く住んでいるそうで、毎年来ているらしい。

昨日、仕事が思いのほか、早く片付いたときも思ったのだが、限界まで体を使う
覚悟でいたのに、善意や配慮で楽をさせて頂くのは大変ありがたいんだけど、
達成感が少ないのは少し残念だったり。

ぜいたくな悩みだ。

西山高原アトリエ村

2007-05-02

くそくらわしたGWの逆襲。

「まんじゅうこわい」といった男はまんじゅう食べたさに言ったわけだが、
私は決して休みがほしくてGWを拒否したわけではない。
なのに意地悪な長屋の住人たちはあろうことか、仕事をさっさと片付けさせ、
私の部屋に連休後半を投げ込んだ。
ああ、こわいといいながら私は連休後半をほおばるはめになった。

終いに私はこういうのだらう。「連休前半分の振休がこわい」と。

上原ひろみ XYZ。

私の精神安定剤になりつつある気がする。

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

最近のトラックバック