2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

メインサイト

« 『てのひら怪談』のお話。 | トップページ | 今日、立ち読みした本。 »

2007-03-18

『きつねのはなし』

森見登美彦 著 新潮社
先日、ようやく読む。
氏の作品とは思えぬシリアスな風情ながら、文体や世界観は他の作品と似ている。
普段の作品と似たものでありながら、それをかように不気味に仕立て上げた氏の
テクニックに感心する。

作品としてはタイトルでもある「きつねのはなし」が良い。あくまで個人的見解では
あるが「水神」はいまいちな感じがした。
「果実の中の龍」もお気に入り。「魔」もなかなか。「水神」は雰囲気はよかったの
だけど、物語としては首を傾げるものがあった。

しかしそれにしても「きつねのはなし」は本当に他の著書の雰囲気を残しながらも
実に不気味な作品であり、非常に良かったと思う。

« 『てのひら怪談』のお話。 | トップページ | 今日、立ち読みした本。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105683/14307960

この記事へのトラックバック一覧です: 『きつねのはなし』:

« 『てのひら怪談』のお話。 | トップページ | 今日、立ち読みした本。 »

最近のトラックバック