2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

メインサイト

« muji.netで買ったはよいが。 | トップページ | 『きつねのはなし』 »

2007-03-18

『てのひら怪談』のお話。

ビーケーワン怪談大賞傑作選 ポプラ社

某氏も(プライバシーのため、あえて名は伏す)著者のお1人である本作。
アマチュアからプロまで作品を寄せられた本作は、レベルはまちまちながら
総じて質の良い作品が並ぶ。

其の方の作品は怪談?といった感じ。怪談というとゴシックにせよ、スプラッタ
にせよ、何かしら読んだあと、後を振り向きたくない、そんなある種の恐怖が
必須であるが、氏の作品は日頃拝読している作品と同様に実に爽やかな、
ほわっとした暖かさのある作品。まさに人柄がにじみ出ている。
「怪談」というくくりで言うと、読後感は明らかに怪談ではない。
しかし、間違いなく、本書の中で1番印象に残った作品といえる。いや、とても
心地よい作品だったです。ありがとうございました。
でも、あの作品をまじまじと想像すると、ちょっと夜中にトイレに行くのは怖いかも。
なんだかんだいいながらもやっぱり怪談ですね。

余談として。
『アルハザードの遺産』というマニアックな小説の著者である新熊昇氏が書かれて
た。意外なところで出会ってびっくり。

« muji.netで買ったはよいが。 | トップページ | 『きつねのはなし』 »

コメント

I like this post, enjoyed this one thank you for putting up. “To the dull mind all nature is leaden. To the illumined mind the whole world sparkles with light.” by Ralph Waldo Emerson.

It’s near awkward to attain educated nation in this exact focus, excluding you sound comparable you get what you’re talking about! Thanks

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105683/14307820

この記事へのトラックバック一覧です: 『てのひら怪談』のお話。:

« muji.netで買ったはよいが。 | トップページ | 『きつねのはなし』 »

最近のトラックバック