2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

メインサイト

« 直感バトン。 | トップページ | 『over the rainbow』蜷川実花 »

2007-03-11

吉野 朔実三昧。

みるもりちひろさんの好きな吉野 朔実
私も彼女の『恋愛的瞬間』という作品は好きで、シリーズは読んだ。
冷静な語り口だけど、決してナイフのように傷つけるような内容でもなく、
あくまで冷静に興味深い物語だった。

最近、近所の本屋で彼女の文庫版を数冊みるもりさんが購入し、私も
読む。恋愛的瞬間と違い短編、中篇ばかりのせいか、かなりきつい。
ハッピーエンドで終わるものが少なくて読んでてつらい作品が多かった。
特に『記憶の技法』という作品。昔、ドラマで「眠れる森」というのがあったが、
あのドラマをふと思い出した。物語の流れはとてもよかったのだが、その
鍵となる記憶があまりに悲惨すぎて、かなり辛い。辛い記憶だからこそ、
思い出せなかったのだろうが。
ということで思わず時間も忘れて没頭したが、読後感はいまいち。

« 直感バトン。 | トップページ | 『over the rainbow』蜷川実花 »

コメント

お〜、ぼくも吉野朔実、好きなんです。
ちょっと病的だけど、なんというか病気を売り物にしている感じでなくていーなとおもっています。

う~ん、やはりお好きですか、さすがです。
なるほど「病気を売り物にしている感じがない」という
のは確かにそうですね。

しかし、中短編は少し私には刺激が強すぎました。
私には恋愛的瞬間が一番かなあ。

私も好きです。影響は・・・大学時代に読んだから、さほどは受けてないと思いますが。
「少年は荒野をめざす」が1番お気に入りです。
しかし、あの作品はどう終わったと解釈すればいいのか・・・。
「恋愛~」はかしこと撫子が好きですね。

私も読んだのは大学時代です。
恐らく『少年は荒野をめざす』を読んだことは
まだ残念ながらないですが。
今回読んだ中では『誰もいない野原で』が
結構、好きです。
『恋愛的瞬間』も久しく読んでないなあ。
また読みます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105683/14232961

この記事へのトラックバック一覧です: 吉野 朔実三昧。:

« 直感バトン。 | トップページ | 『over the rainbow』蜷川実花 »

最近のトラックバック