2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

メインサイト

« 名刺入れ購入。 | トップページ | 今夜はぶり大根。 »

2007-02-11

グリーングリーンの真実。

先日、帰り道にみるもりさんと合流後、ふと「グリーングリーン」という童謡に関する
話題となった。
2番だか3番だかで、パパと僕がある日、この世に生まれた喜びや悲しみについて
歌う箇所があり、あのさわやかな曲調と、歌詞の乖離が鮮明に思い出されることと
なった。
果たして、パパと僕に一体、何があったのか?

ということで、いくつか検索。
グリーングリーン授業概要 -UDO's HP
なんと「この世に生まれた喜びや悲しみ」について話すのは1番であったことが、
このサイトで判明し、衝撃を受ける。
グリーングリーン -世界の民謡・童謡
まあ、当たり前のことともいえるが、原曲は外国製。で、歌詞と曲のアンバランス
さがここで1つ解明される。しかし作詞の片岡輝氏、未来少年コナンの曲や、
「勇気ひとつを友にして」の作詞もされているとは。確かに「勇気ひとつを友にして」
はなんとなく納得。
グリーングリーン -wikipedia
ま、特に本件に関する補足はなし。

しかし、7番まであったんだなあ。なんだかこの直接的ではない表現には
「大きなのっぽの古時計」の歌詞と通ずるものを感じる。

« 名刺入れ購入。 | トップページ | 今夜はぶり大根。 »

コメント

つうかこれ、原曲全然意味違うじゃないですか!
すんげえ歌詞・・・。

生まれたその日にママに言ったさ
俺が出てっても泣かないでおくれ
女のために落ち着く気はないのさ
俺はただ彷徨い続けるのさ 歌いながら

この広い世界に誰も居やしない
好きなように生きろと言ってくれる奴を
俺は愛に満ちた放浪者
なあ相棒、小銭を貸してくれないか?
涙が出てくるよ

そうさ いつ日が暮れてもお構いなしさ
どこだって疲れた頭を横に出来る
緑に溢れる希望の地よ 谷間にあるのかでこぼこ道か
そこへこれから辿り付くのさ 気楽に行こうぜ!

どんな奴ですかコイツ・・・www。

いやあ・・・。
しかし、あえてこの曲にあんな歌詞をつけた
日本人もまた、すばらしい感性かと思いますw

腕時計 ソーラー

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105683/13875050

この記事へのトラックバック一覧です: グリーングリーンの真実。:

« 名刺入れ購入。 | トップページ | 今夜はぶり大根。 »

最近のトラックバック