2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

メインサイト

« 今朝の通勤電車。 | トップページ | 昨夜の鍋。 »

2007-01-10

大泉洋、2件。

本日第1回の篠原涼子主演「ハケンの品格」を観ました。
お目当てはもちろん、大泉洋。
う~ん、ちゃらい役だ。しかし出ずっぱりであることにみるもりさんは感激。
彼も回を重ねる中で変わっていくのだろうか?
みるもりさんも派遣社員だし、周辺でギターやら踊りやらやっている人の
多いフラメンコがメインで出てくるので、そういう意味でもなかなか興味深い。
しかし、22時からというのは生活リズムが狂うので大いに困る。
まあ、いつまで観るかはともかくとして、なかなかに面白い内容です。

この間の大河ドラマ?唐沢寿明主演「明智光秀~神に愛されなかった男」。
甥の秀満役なのだが、なんだか光秀を「父上」と呼んでいる。最初の30分や
途中のかなりの時間を観なかったせいか、そこらへん理解がすごくいい加減。
wikipediaによると、秀満は甥のはずだが。長澤まさみは最後まで違和感。
いろいろと演出が興味深い。史実に忠実であろうとする大河ドラマではなく、
あくまで娯楽として実に興味深かった。
で、毎度のことながら、死を覚悟したときの大泉洋のあきらめや開き直りや
決意に満ちたあの顔がとても好きである。彼に限らずそういう顔の場面は
もらい泣きする。もちろん、今回ももらい泣きした。
特に大泉洋のあの顔は泣く。

ということで引き続き、がんばってもらいたい。大泉洋。

あ。もちろん、「東京タワー」の大泉洋も結構なお手前でした。

« 今朝の通勤電車。 | トップページ | 昨夜の鍋。 »

コメント

どうでしょうでお馴染みというのもありますが、
結構演技上手いですよね。

…どーしても目を半開きで寝ている姿が思い出されますがw

ひいき目かもしれないのですが、彼の演技は
好きです。ま、どうしてもどうでしょうを思い出して
笑っちゃうんですけどね。

ひいき目かもしれないのですが、彼の演技は
好きです。ま、どうしてもどうでしょうを思い出して
笑っちゃうんですけどね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105683/13430001

この記事へのトラックバック一覧です: 大泉洋、2件。:

» ハケンの品格第4話「悲しい恋とお時給」 [ハケンの品格]
東海林(大泉洋)はバス停のキスから、春子(篠原涼子)のことが気になってしょうがない。ケイタイの番号を託したにも拘らず、電話もかかってこない。そして偶然にもその現場を見てしまった賢介(小泉幸太郎)もまた、気を揉んでいた。一方、美雪(加藤あい)は、はじめて貰った給料のあまりの少なさに大ショック。家賃や光熱費を支払うとこ一ヶ月ももたないと春子に借金の相談をするが、あっさりと断られてしまう。悩んでいると、ハケン仲間の香から、他のハケン会社にも登録したらどうかと勧められ、早速登録してみ...... [続きを読む]

« 今朝の通勤電車。 | トップページ | 昨夜の鍋。 »

最近のトラックバック