2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

メインサイト

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007-01-31

今日の栄養は。

今日の栄養は。
バニラもなか。

愚かにも。

帰途、一駅前で電車を降りた。降りてしばらく階段の位置で悩み続け、
ようやく降りたのが一駅前だと気付く。

時間は相対的である。

というのは大学の学生演劇サークルが昔使ったキャッチコピー。
作品そのものは覚えてないが、なんとなく好きである。

さてさて、今週は一日一日があっという間に過ぎる。そのくせ、まだ水曜日の朝。

時間というものはまことに奇怪なものである。

2007-01-30

これはなんでしょう?

これはなんでしょう?
答え:蓋が十分に閉まってない状態で振り回されたはみがきのあと。

今日は。

舞鶴市。早めに帰ろうと、同行者とは行っていたが2つ予定していた打ち合わせは
見事にどちらも長引く。困ったもんだ。
仕事、はかどらんなあ…。

2007-01-29

ぱたぱたsheep。

金曜日土曜日は八王子で泊まりがけセミナーを受講したので出勤は久しぶり。
メールはあまりたまってなかったが作業がたまってた。
朝、10時に打ち合わせ。しかし行ってみると会場は立ち入り禁止日。
やむなく、場所変え。
左京区の喫茶店、ゆるぎへ。ここは私も奥さんも働いていたお店。しかし、
その前の用事が長引き、相手をずいぶん待たせてしまう。帰りがけにマスター
からコーヒー豆を頂く。やった。
帰り。近くの同じく昔馴染のパン屋さん、ブレーメンへ。こちらでも新作のパンを
おまけして下さる。
遅めの昼食後、また打ち合わせへ。長引く。帰りがけに今度は土地の食材を
活かしたカレーをおみやげに頂く。

戻り、しばし事務作業。後、今に至る。

なんの仕事をしたとも言えない一日だったけど、疲れた。

2007-01-28

このCMの曲、好きなんです。

「Stayin' Alive」の原曲を歌うのは男性グループらしいですね。
Bee Gees?
原曲もこのバージョンも手に入るようならCDがほしいかも。

日産:モコ

う~む。

同様のいたずらで、前にシラク大統領が実に気の利いた返事をしたと
記憶にあるこの話。かつがれる大統領。(06年1月29日)
今回の候補はなんというか。まあ、冗談がわかるのがよいことかどうかは
わからんけどね。しかし、毎年この時期なのかなあ?来年は誰がかつがれるのか。

<ロワイヤル元担当相>偽電話にひっかかり、失言
1月27日11時27分配信 毎日新聞

どうも。

どうも、どうも。ごぶさたをしておりました。sheepでございます。
一身上の都合でお休みしてましたが、復活します。
これだけブログをお休みしておりますと、妄想で頭がパンクする
のではないか・・・などとあらぬ心配をしておりましたが、杞憂でした。
まあ、考えてみますと、ブログをはじめて3年弱・・・だっけ?
それまではブログのない生活でしたから、ブログを少しお休みしたくらい
でつぶれるやわな頭じゃなかったんですね。正直、ほっとしました。
その間にいろいろなもやもやが溢れましたけど、それはそれ。
もやもやが形になったらまた少しずつテキストに変わっていくことでしょう。
今日ももやもやが1つ増えました。しばらくはまだもやもやだらけです。

そんなこんなですが、ご心配をおかけしました。
またsleeping sheep再開です。再び、ごひいきにどうぞよろしくお願いします。

2007-01-15

かしことかしこみとかしこまる。

全部、由来はいっしょかな?「畏まる」だろうか?
辞書の引き方もよくわからん。今度、広辞苑を引っ張り出すか・・・。

え~い、ヤツはニュータイプか!?

NHKアーカイブの話で、たこすけさんもお好きだと、みるもりさんに言うと、
「そんなことsheepに言われなくてもわかるよ、たこすけさんはアーカイブ絶対
好きだ。私にはわかる」とみるもりさんは断言する。

「だって、あの年代で、会ったときレッチリのシャツ着てたんだよ?でバイクに
乗る人で、マメにホームページも更新するし」と彼女は根拠?を言う。

「私はあの人と通じているんだから!」
「でも、たこすけさんはあんたのことをあんまり知らんと思うよ。」と私が
言うと、「じゃあ、一方通行に通じてる。」と彼女は宣う。

なんだかよくわかりませんが、すみません、たこすけさん。うちの奥さんは
たこすけさんのことを心底理解しているつもりのようです。お気をつけて。

・・・すみません、たこすけさん、よくわからないネタにしました。

予告。

毎回、予告できてなかったのですが、今回こそ。

明日15時から明後日15時まで1日間、メンテのため、ブログの投稿、
コメント・TBができなくなるそうです。いつもおこしのみなさまには
ご迷惑をおかけしますが、どうぞよろしくお願いします。

今度こそしくじるなよ、@niftyのココログさん。

姉ちゃんの詩集。

たこすけさんの下関見聞録でも紹介されていた弟に2ちゃんねるで晒された姉の
あまりに詩情溢れる日記?詩集は講談社から出版されるらしい。
千円だそうで。
印税は姉に入るのだろうか?弟だろうか?

姉ちゃんの詩集 サマー著 amazon

amazonでレビューを読んでいる内に冗談じゃなく、買いたくなった・・・・。
恐るべし。

「若さとリズム」

昨夜は、ガンダムⅢに夢中で大河ドラマを見忘れたが、そのままNHKを
点けっ放しにしていると、みるもりさんが好きなNHKアーカイブが始まる。
「若さとリズム」の第1回。
ドナドナの今とは和訳の違う曲や、キャラバンなど。
軽やかなダンスやミュージカル調に実に多彩な演出はあまりに前衛的に過ぎ、
大いに我々を唖然とさせた。

あの雰囲気は、サラリーマンNEOのサラリーマン体操を思い出させる。

いつ放送されていたのかは覚えていないが、時代とは恐ろしいものである。

2007-01-14

ということで。

ということで。

今晩はおでんでした。

機動戦士ガンダムⅢ、観てます。

昔、どっかで録画したんだけど。だから画像はざらざら。

でもいいなあ。昔のは。

焼きリンゴを作りました。

焼きリンゴを作りました。

トースターでじっくり焼いて、バターとシナモン、メイプルシロップをかけて。
思い付きだがなかなかうまい。

今夜はおでん。

今夜はおでん。

取引先との話題に出たのでふと食べたくなり。
手作りは今シーズン初。

今回は昆布だけではなく、鰹節も加えてみる。
出汁をちゃんと作るとやはりうまい。

キッチンドランカー。

キッチンドランカー。

料理用に買った酒の味見。
オーソドックスなお味で。

2007-01-13

Firefox ver2.0

なんだかすごく見やすくなった気がするが、気のせいだろうか?

Mozilla Japan

あれは無理。

昨夜、たこすけさんの下関見聞録でマクドナルドの「メガマック」を食べたと読み、
いっちょ、やったるか、と意気込んでマクドナルドに行ってはみたが…すみません、
あれは無理。気圧されて、すみません、すみませんと謝り、メガマックと目を合わせ
ないようにしながらビッグマックのスペシャルセットを頼む。

臆病者と笑わば笑え。勝てない戦をしないから百戦百勝なのだと昔の偉い人も
言ってたではないか。

今日も私は大勝利である。

以上。

2007-01-12

破壊型イノベーション?

NHK教育テレビ「ビジネス未来人」を観る。
朝刊の紹介でなんとなく観たかった。

福井県の傘職人・橋本平吉さん。
元は農家だったが、減反政策に疑問を抱き、現金収入が欲しくて
高級傘メーカーの下請けとして仕事をはじめる。
その後、顧客の要求に応えていくうちに今では傘メーカーとしては
珍しく売り上げが伸び続けているオーダーメイドの傘メーカーとなった。
非常に気骨のある方なんだろう。
たとえば雨音がきれいに聞こえる傘。
あるいは濡れにくい傘。この傘はトヨタのレクサス部門から大量発注を得た。
濡れた傘で車内を汚したくないドライバーの要望に応えるためのセットとする
ためだ。
あるいは和傘のような趣の洋傘。和傘の紙は破れやすいため、日頃、着物を
着る20代の女性からの要望で作ったものだ。布地の色合いは十二単と同じ
色。柄は漆塗りである。漆塗りは福井県鯖江市の漆職人との共同作業となった。
前述の濡れにくい傘も福井県の繊維工場との合同作品だ。

さらに十年以上、素材となった布なども残し、1本1本の顧客データも管理。
番組中でも5年前に購入した東京の女性のために同じ布、同じ型紙で破れた
傘を修理していた。

たまたま、今、クレイトン・クリステンセン、マイケル・レイナーによる著書
『イノベーションへの解-利益ある成長に向けて』という実に愉快な本を読んでいる
のだが、相互依存アーキテクチャからモジュール型への移行による技術の成長と
持続型イノベーション、顧客の用事の適切な把握、などといった内容を読んでいた
ので、なんだか実に理にかなった取り組みに見えた。

まあ、そんな理屈は置いておいても、観てたらこの人の傘、ほしくなるわ。
前に東京青山の福井県のテナント「291」(語呂です)でやたら高い傘を売って
いた気がするが、きっとこの人の作品なんだろうな。

福井県の底力、見せていただきました。

「女は、化けるよ。」

と、某氏はのたもうたが。

某所へフラメンコを見に行く。舞台用メイクのため、知り合いが居ても気付かずに
失礼なことを多々してきた。メイクは女性を変える。男性の踊り手を見たことは
1回しかないのでなんとも言えないが。

フラメンコ自体数えるほどしか見たことはないが、あのしなやかに力強い
動きは美しい。ギターもいいんだ。本当に。

今回はフラメンコサークルの公演で学生さんや卒業生さんが4人。
ソロもなかなか良かったけど、「ガロティン」、「ブレリア」という2曲が実に
躍動的で楽しい。

いいなあ、フラメンコ。

2007-01-11

こんな流行は嫌だ。

なんなんだ、いったい・・・。

川の土手に切断遺体、ポリ袋から男性上半身…茨城

1月11日22時25分配信 読売新聞

昨夜の鍋。

昨夜の鍋。

下関見聞録のたこすけさんおすすめのつみれ鍋。
合挽と鶏のミンチに刻んだ葱と生姜、小麦粉を混ぜてよく練る。
だしにめんつゆと味噌を加えたスープに、たっぷりの大根おろし、
先ほどのつみれ、しめじ、椎茸を加えて煮る。
さらに白菜と豆腐を投入。
できあがり。

とにかくスープが無茶うまっ。

昨夜は、しめにお餅で雑煮風。

今朝は残ったスープで雑炊。
食べ過ぎて電車を1本逃してしまった。

2007-01-10

大泉洋、2件。

本日第1回の篠原涼子主演「ハケンの品格」を観ました。
お目当てはもちろん、大泉洋。
う~ん、ちゃらい役だ。しかし出ずっぱりであることにみるもりさんは感激。
彼も回を重ねる中で変わっていくのだろうか?
みるもりさんも派遣社員だし、周辺でギターやら踊りやらやっている人の
多いフラメンコがメインで出てくるので、そういう意味でもなかなか興味深い。
しかし、22時からというのは生活リズムが狂うので大いに困る。
まあ、いつまで観るかはともかくとして、なかなかに面白い内容です。

この間の大河ドラマ?唐沢寿明主演「明智光秀~神に愛されなかった男」。
甥の秀満役なのだが、なんだか光秀を「父上」と呼んでいる。最初の30分や
途中のかなりの時間を観なかったせいか、そこらへん理解がすごくいい加減。
wikipediaによると、秀満は甥のはずだが。長澤まさみは最後まで違和感。
いろいろと演出が興味深い。史実に忠実であろうとする大河ドラマではなく、
あくまで娯楽として実に興味深かった。
で、毎度のことながら、死を覚悟したときの大泉洋のあきらめや開き直りや
決意に満ちたあの顔がとても好きである。彼に限らずそういう顔の場面は
もらい泣きする。もちろん、今回ももらい泣きした。
特に大泉洋のあの顔は泣く。

ということで引き続き、がんばってもらいたい。大泉洋。

あ。もちろん、「東京タワー」の大泉洋も結構なお手前でした。

今朝の通勤電車。

となりに立っている白いコートの女性は、『ヤンはかつて、レンネンカンプに
二度の苦杯を…』という一文の文庫を読んでいる。
かと思えばななめ前に立つ男性の読む文庫の『あなたがムーちゃんね』という
セリフが目に入る。

前者は明らかに『銀河英雄伝説』。

後者はたしかではないが、『北神伝綺』ではなかろうか?

なんだか朝からマニアックである。

もちろん、そんなもんに目がいく私が一番マニアックなんだろうが。

2007-01-09

うちの奥さん。

うちの奥さん。

冬は牛になります。

寒くなりましたなあ。

天気のことを話題にするのはネタのない日です。
しかし寒い。8日の明け方。あまりの寒さに目が覚めました。
実家で寝るときはともかくとして自宅で寝る時としては実に
久しぶりの話です。水道の凍結するような滋賀でもそんな
ことはなかったのですが・・・。
考えてみると原因は窓がベッドに近いのが原因の様子。
窓のある部屋に寝ることは自宅ではついぞなかったこと。
エアクッションを窓にはっていても冷気が直接ただよって
くるんでしょうな。
昨夜から電子レンジであたためる式の湯たんぽを出しました。
寒気が弱まったのか、湯たんぽのおかげか、今朝はそのような
寒さの目覚めはなく。

しかし、今年初出勤の職場は暖房の効いた事務所はともかく
暗い廊下・階段は本当に冷え切っている。温度差があまりに
激しく、しかもその寒さがしばらく体にまとわりつく。
うむ。恐るべし京都。

しかし12月のあの暖かさが嘘のように帰ってきた冬。
でも本格的な冬はもっとこんなものではなかったような気も
しなくはない。

2007-01-08

本体、更新。

久々に本部を更新しました。
といっても先日の近江八幡旅行の写真をアップしただけなのですが。
おもしろおかしいブーメラン関係の看板やら何やらはあげてませんし、
写真も大して補正をしておりませんので、「それで?」といったもの
ばかりなのですが、お暇な方は暇つぶしに見てやってください。

近江八幡へ-ミヤモトシンタ氏と。

Kaki060105mini

立食パーティーで食べる方法。

誰か教えて下さい。
立食パーティーでまともに食べたためしがない。

2007-01-07

昨夜の話。

大阪在住tangoさんとと、みるもりさんはバーゲンに行くこととなった。
となれば、年末に酔っ払いながら私にtagoさんへメールをさせ、
「彼女と呑みましょう!」とうそぶいた彼女を恐れながらも慕ってやまない
高校の友人Nも交えて新年会を行うことはまさに必須であった。
tango氏もかまわないとの話であるし、Nにtango氏のことはあえて書かずに
新年会をうちでやる旨、連絡をとる。仕事の忙しい彼にしては珍しく、たまたま
あいていたようで、決行と相成った。

私は昼間はいそいそと掃除。週末恒例の行事に過ぎないわけでもあるが。
その後はだらだら。気がつくと夕方。バーゲン終了後の二人が戦利品を抱えて
帰還。Nからもその後、連絡が入り、彼を迎えに行く。
駅で彼にtangoさんも居る旨を伝えると、「帰っていいですか?」などとほざく。
半分、冗談だが、彼が気丈に振舞っているにすぎないことは手の震えでわかる。
かように彼女はNにとっては恐ろしい存在なのである。
なぜ、彼女がかように恐ろしいかといえば、それはNの名誉に関わる問題で
あるので、ここではあえて詳細は伏せる。
しかし、あのか弱いtango氏がいかにNにとって恐ろしい存在であるかは彼ら
二人に話をさせれば実にたやすくわかろうものである。

そして昨夜もまさにそのままの修羅場が我が家に生まれたのであった。
翌朝早く、東京へ日帰りで向かうtango氏は早々に引き上げ、その後はNと
みるもりさんの3人での酒宴となる予定であったが、tango氏を送り届けて
帰宅してみれば既に彼は事切れていた。哀れな話である。かようにtango氏の
刃は鋭い。
しばらくして回復したNとみるもりさんの3人で茶を交えながらしばし歓談。
例によってしこたま呑んだ私は撃沈寸前であった。
入浴後、就寝する際には内臓の中で酒どもが一寸法師もかくやとばかりに
大暴れ。吐き出さずに消化した自分をほめてやりたい。
10時過ぎ。起床。未だ就寝中のみるもりさんを放っておいて二人で白味噌雑煮を
食す。よほど気に入ったらしく、滅多に食べ物をほめないNが「嫁に来て下さい」
とのたまうが、私以上に甲斐性のないNになどやる貞操を持ち合わせない私は
鼻で笑う。というのは言いすぎだが、貞操をやるならもう少しましな男にやりたい
ものである。そもそも私は男だが。

その後起床したみるもりさんにも雑煮を与え、我々は近所の毎週日曜日しか
開かない肉屋へ行った。しかし正月疲れか店は休業。無念。

一度、帰宅後、着替えて、今度は大日のイオンへ。
なぜかNの服の見立てを我々でやることになったのだが、女性のみるもりさんや
服のことなどろくに知らぬ私などで良かったのかどうかは意見の分かれるところ
であろう。私もユニクロでインナーを数点。そして、星の本をNよりもらい、そこで
お別れ。今度会うのはいつのことであろうか?・・・いや、1月末に会うのであった。

ということで、冬休みも終り。明日は職場の大規模な新年会があり、
そして明後日からは仕事である。
例によって長期休暇で何も成長の見られない自分の不甲斐なさをあざ笑いたく
なる休みであった。

2日の話。

うだうだと時が過ぎ、こんなにあいてしまった。

2日は前述の通り、岐阜のO店長、ドルバッキー氏、POLE氏が来られて、
みるもりさんと5人で宴会。
人情にあついドルバッキー氏の呼び出しで、皆が集まる。
まさに友情パワー。我々はただ待つだけ。役得である。

しかし、食べたらボーリングとカラオケに行くぞ、とまるで若者のような
計画を立ててしまったがために運転手役を買って出たドルバッキー氏は
呑めない。
POLE氏もお酒はあまり得意ではないので、残りの3人、特にO店長を中心に
酒は進む。
つまみは買ってこられたてっさと、白子豆腐、鳥鍋。特にこの白子豆腐は実に
おいしい。わさびだけをつけたが実に日本酒に合う。
日本酒は前述の湊屋藤助。
それなりに呑んで、一路、ボーリングへ。酔っ払った私は勢いにまかせて
4ゲーム。同じレーンのみるもりさんも付き合わせる。
O店長、ドルバッキー氏、POLE氏は3ゲーム。
2年近くやってなかったとはいえ、100前後と実に低水準な水位にはげんなり。
ハイスコアは121だった。
時間も遅くなり、カラオケはパスして再び家へ。おでんが食べたいO店長は
裏のファミリーマートへ。私が案内する。しかしおでんは準備中。やむを得ず
帰宅。クリスマスのサラリーマンNEOとケータイ大喜利を流しつつ、呑む。
入浴後、就寝は4時ごろ。申し訳ない。みんなは雑魚寝。私は寝室で。
ごめんな、みんな。

起床は10時30分。みんなの声で目が覚める。
O店長とドルバッキー氏は朝食を買いに行く。POLE氏はまだ起き上がれず。
みるもりさんをのぞく各氏起床後、朝食とコーヒー。
昼ごろ、みるもりさんも起床する頃に、解散。彼らはその後、ゲームセンターに
行ったようだ。

とまあ、正月早々、酒と男汁に浸った一夜であった次第である。

大日イオンの丸福にて。

大日イオンの丸福にて。

ホットケーキがおいしい。
コーヒーは相変わらずストロング。久しぶりに飲むと濃すぎる。

ごま豆腐。

ごま豆腐。

先月泊まりに来られた翔風さんのおみやげ。

おいしそう…。楽しみ。

Nより。

Nより。

昨夜から泊まりで遊びに来た高校時代の友人Nから。
星のことを知りたいが、本を買う気にはなれなかったので、
これはうれしい。

2007-01-06

5日の話。

みなさんお元気ですか?
1月5日中に書くつもりが、6日になってました。
月日のたつのは早いものですね。

さて。
昨日はミヤモトシンタ氏と近江八幡へ。
年末にお誘いいただき、無計画な私は計画を全て彼に投げっぱなし。
4日のメールで行き先は明日告知、集合は京都駅9時とだけ聞いて
今朝、家を出る。
場所は滋賀県近江八幡。

何度か行ったことはあるのだが、市内の観光は今回がはじめて。
最初に記憶にあるのはゆおさんやKさん、Rさん、みるもりさんとともに
行った5月4日の某神社の古式花火。赴きあるとともに危険を思いっきり
感じた内容であった。と同時に大変おいしい焼肉を食した。
以降は交通の要所にふさわしく、日本一運賃が高いともっぱらの噂の
近江鉄道への乗り換えや映画鑑賞などのために行った記憶がある。

今回は、時代劇でもよく撮影に使われるという堀の観賞。
合間に地元の名士ヴォーリズ氏による建築物の見学も兼ねた。
ヴォーリズ氏は旧メンソレータム・現メンタームを日本に輸入した方で
あり、英語教師として来日し、前述のメンタームの輸入、近江兄弟社の
設立、数多の建築設計、キリスト教の布教など、さまざまな分野で活躍した
方だそうである。彼の建築の特徴は独特のアーチを描く煙突で、これを
「ヴォーリズ様式」という。今、私が決めた。
それはともかく、彼の建築には必ずこの独特の煙突がついてくるのは
どうやら事実のような気がする。少なくとも今回、見た建物のほとんどが
あの煙突をつけてた。

また、この町は「中村」という部族が制圧しているが、彼らの施策をよしとしない
部族が中村の中心で抵抗している。しかし中村の戦士たちは手にブーメランを
持ち、彼らの攻撃から近江商人たちを守っているのである。この功績から、
駅前にはぶーめらん通りという名前となっており、あちこちに戦いのモニュメント
が据えられている・・・というしょうもない妄想が二人の頭から生まれたのだが、
これもひとえにこの「ぶーめらん通り」という変な通りの名前と、あちこちに
置かれた変なモニュメントのせいである。
写真は後日、ご報告する。

堀に至るまで、相当の時間を必要とした。遠かったのではなく、適当に寄り道を
したためである。しかし穏やかな小春日和にもほどがあるうららかな天気は
二人の気持ちを満ち足りたものとし、実にハイキング気分を盛り上げたのであった。

帰路、駅前の平和堂に行くも、食事処のほとんどは閉店。やむを得ず、駅の
反対に位置するマイカルへ。そこのそば屋で食事を摂取した後、京都駅へ。
閉店間近のプラッツ近鉄内英国屋にてしばし歓談の後、解散。
解散時間は大体、16時ごろ。これは我々の旅にしては実に珍しく早い時間で
ある。
以上のとおりご報告したい。
なお、本日、撮影した100枚を超える記録写真に関しては後日、一部を
掲載する予定である。

以上、sheepからのレポートでした。

2007-01-04

O店長おすすめの。

O店長おすすめの。

湊屋藤助はこんなパッケージ。

本日の昼食。

本日の昼食。

ペペロンチーノにベーコンを入れてみた。この手のシンプル料理がうまくいった
ためしがないが、今日はまあまあ。
しかし、パスタのストックが足りなくて食後にクッキー2枚を補充した。

越乃寒梅と湊屋藤助と。

2日。
岐阜県在住・O店長と、ドルバッキー氏と、Sing,R.Sing!のPOLE氏が
遊びに来られ、みるもりさんと5人で飲む。
この件の詳細はまた別途、書くとして、そのときのO店長とのお話。

正月に奮発して実家に越乃寒梅を買っていった。
ワインの価格と比較すれば大したことはないにしても、日本酒としては
越の寒梅はやっぱり高い。
飲んでみると・・・濃い。うまいとかではなく、濃い。

で、O店長に聞いてみた。「越乃寒梅って濃いけど、あれはうまいのだろうか?」
「吟醸?」「いや、特撰ってなってたな。」「ああ、そりゃ、純米じゃないね。」
「えっ?」と私は驚く。越乃寒梅といえば、泣く子も黙るブランドだし、まさか純米
ではないとは思いもしなかった。しかし、確かに「特撰」だったなあ・・・。
そうか、越乃寒梅といえども、やはり吟醸酒や純米酒を選ぶ必要があるわけか。

日本酒としては当たり前の話だろうなあ、きっと。

で、その日、O店長が持ってきたのが湊屋藤助。
製造は新潟県魚沼の白瀧酒造
・・・うまい。
「俺もう、純米じゃないと体に合わない」と彼はのたまう。
私もそうらしい。「上善如水」と同じ会社らしい。

う~ん、やっぱり場数を踏まないとお酒の道は難しい。

それにしても「ドルバッキー氏」はなんで「ドルバッキー」なんだっけ?
何度聞いても忘れてしまう。

なんぼなんでもかかりすぎ。

ウィルスバスターの検索に2時間30分かかった。

2007-01-03

引き出物。

引き出物。

某美男・美女のところから。茶葉のきめこまかさがさすが。
昨日、あけました。
大変おいしうございます。
こんな引き出物をもらえる結婚披露パーティーにはどんどんお呼ばれされたい。

2007-01-02

しかし。

観覧車って構造がおもしろいよね。
見てて飽きない。
Kanransya02

雨の日に。

みるもりさんと近所の遊園地へ行ってみる。
無料入場券が余っているため。
しかし使用できるのは平日のみ。
そんなやくざな無料券、なかなか使えんわな。

乗ったのは観覧車だけ。
あとは、小屋で凍えてるアライグマや、サービス精神旺盛なレッサーパンダ、
交尾中におじゃましてしまったかわうそなぞを観覧。
その後、園内のマクドナルドで軽食。雨でしかも正月二日目なのに意外に
マクドナルドは混雑。子どもたちが狭い店内をうろつき、コーヒーを倒されそうで
落ち着かない中での食事。ピタマックはいまいちだったらしい。私はいつもの
ビッグマック。

Kanransya

先日の紅白のお話。

なんか観ちゃいました。
お目当てはボニーピンク、スガシカオ、半井小絵、ほしのあき。
結果としては細川たかし、DREAMS COME TRUEがおもしろかったかな。
細川たかしはあっさりまちがえたことを言っちゃったあたりになんだか
癒された。
ドリカムはべたな気もしたけど、それでも素直に演出に泣いてしまった。
「愛」とか「家族」がテーマだそうで、「これがそうなんかよ」とつっこみたい
ネタも多々あったが、そんな中で素直に泣けた気がする。
あとシーモもがんばってた気が。
まあ、そんなこんなで。

しかし、シーモはいつからシーモネーターから改名したんだろう?
シーモネーターのまんまじゃあ、紅白呼んではくれなかっただろうなあ・・・。

・・・改名は2005年3月か。
SEAMO☆オフィシャルサイト

正月早々マニアックな話。

平賀譲氏を知ってますか?
大日本帝国海軍で「造船の神様」と呼ばれたほどの天才技術者です。
とはいえ私は軍事マニアではないので、特に彼自身に興味があったわけでも
ないのですが、吉岡平の『無責任艦長タイラー』(富士見ファンタジア文庫)で、
アニメオタクでどうしようもない性格をしているけど、戦艦の天才設計士
ヒラガーって人が居て、それの元ネタたる彼にふと興味が惹かれたんですな。
その後ごく一時、「提督の決断」というパソコンゲーム、この延長線上で軍艦の
プラモデル「ウォーターライン」シリーズにはまり、説明書に幾度か出た平賀氏
の名前に再度、触れ、さらに大塚英志・森美夏による『木島日記』(角川書店)
にて、平賀譲氏本人を見かけたという次第です。

まあ、そこで彼への興味は止まってたんだけど、つい先日、ふと大塚・森両氏
による一連の作品『北神伝綺』『木島日記』と読み進める内に、ふと平賀氏の
ことを知りたくなり。
その結果、どうなったかといえば、wikipediaでひとしきり貴重な年末の時間を
つぶしてしまった。まあ、それだけのお話です。

平賀譲
-wikipedia
山本五十六-wikipedia
黒島亀人-wikipedia・・・山本五十六の参謀で、特攻を発案した方。
長門-wikipedia
陸奥-wikipedia
大和-wikipedia
武蔵-wikipedia
信濃-wikipedia

年末のしょうもないこと。

おいしい干物を食べたくなった。

12月30日。どうしてもおいしい干物がここ数日食べたかったのだが、
呑みやら何やらでなかなか実施できず、ついつい年の瀬のこの日まで
実現できなかった。
この日、近所の比較的ひらけた駅周辺の比較的値段のはるスーパー
2軒をはしご。しかし、塩鮭以外の干物がほとんどない。
我々はおいしい鯵のひらきのような、ベーシックだけど、心に残るものが
食べたかったのだ。

しかし、ない。
あとは豪華な刺身や鍋物のセットが多数をしめる。

結局、その日は買えずじまい。おのれ、年の瀬。我々の喜びを奪いおって。

2007-01-01

あけましておめでとうございます。

昨年はどうも「1」のつく日に投稿をお休みすることが多かったみたいですね。
今年もしょっぱなからそういう風にするのもどうかと思いまして、ぎりぎりですが。

本年もみなさま、どうぞよろしくお願いします。
昨年後半は携帯からの投稿に頼りっぱなしで、本当に刹那的な文章が
多かった気もします。たまにはパソコンから、考えて打つ文章も入れて
いきたいなあ、というのがブログに関する目標でしょうか。
それに体力不足で、最近ご無沙汰の初めの頃によくやってた携帯から
やたらと長い文章の投稿も再開したいな・・と。

何はともあれ、どうぞみなさま今年もよろしくお願い申し上げます。

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

最近のトラックバック