2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

メインサイト

« 五反田くんとギャツビー。 | トップページ | 夫婦二人で。 »

2006-12-08

奇妙な飲み屋の話

一昨日、大阪へシンポジウムを聞きに行った私はまれに見るほど退屈かつ新味に
欠ける3時間を過ごし、市内で働くみるもりさんと淀屋橋で合流した。

どこか適当な食事場所を探していると、優秀な経営者で知られる大手の居酒屋
チェーンの隣になかなかに趣のある飲み屋を見つけた。
入るとレジにマネージャーらしきおぢさんが電話でお客さんと応対中。待つよう手で
制され、しばし待つ。しばらくして席に案内されるが、どうもなんだか横柄である。
なんだか接客に不慣れな感じである。

他の店員もなんだかぎこちない。持ち難そうな器を持ち難そうに運んでいる。
机でぶちまかれたり、酒を倒されそうな気がしてひやひやした。
私語もかなり多い。
先ほどのおぢさんは席の近くでじっとこちらを見ている。皿を下げるときもうむを
言わせない雰囲気である。

なんだか変な雰囲気なので店員さんに最近できたのかと聞くと開店したのは夏頃との
ことであった。そろそろみんな慣れてくる頃だと思うのだが、雰囲気は先週できた
ばかりのように感じられた。

メニューを見ると隣の居酒屋チェーンの系列のようだった。この手のチェーンは教育を
しっかりするものだと思っていたが。

お店のしつらえ、味、メニューの豊富さと値段の安さはなかなかでした。
あれで店員さんの雰囲気がよければなあ。
その晩はずっと気持ち悪かったのだが、目の前で炭火で焼く下仁田葱が待ちきれず
半生で食べたせいか、店員さんの雰囲気のせいか。

あのおぢさん、せめて相手に対してうさん臭そうに見る目付きだけでもなんとかして
ほしかった。
よほどうさん臭かったんだろうか?

« 五反田くんとギャツビー。 | トップページ | 夫婦二人で。 »

コメント

やはり店員の雰囲気というのは重要ですねぇ。
特に飛び込みで入った場合。

以前新しい店を開発しよう、
と友人と入った店。

店員やる気ねーだろ、という店。
味も悪かったし。
案の定ソッコーで潰れていましたが。

意気込んでいったわけでもないですが、やはりこういう
のは残念ですね。
多少は味が難があってもなにより店員さんの雰囲気は
大事だなあ・・・とつくづく思います。

Remarkable issues here. I’m very happy to see your post. Thank you so much and I am having a look ahead to touch you. Will you kindly drop me a e-mail?

Nice post. I learn something on completely different blogs everyday. It can at all times be stimulating to read content material from different writers and practice slightly something from their blog.

Enjoy this entry, couldn’t concur much more!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105683/12977634

この記事へのトラックバック一覧です: 奇妙な飲み屋の話:

« 五反田くんとギャツビー。 | トップページ | 夫婦二人で。 »

最近のトラックバック