2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

メインサイト

« 本日のびっくりその2。 | トップページ | そうそうもう1点。 »

2006-11-16

昔の話をほじくってみる。

FiroswiさんのPO-SO-RIで、いじめの話を読んで、コメントを書こうと思ったのだが、
あまりに本文とかけ離れてしまったので、ここで書くことにした。

昔、私が通っていた小学校が荒れていた頃、暴力少年たちのグループがいくつか
あった。

手当たり次第に暴力をふるっていたので、「俺になんかしてきたら絶対
殴り返してやる」と心に決めてて、実際、些細なことで殴りあいになった。
途上、周りから鼻血が出てると指摘されて、「ちょっと待って」といって顔を洗って
から、「さ、やり直そう」といったら相手はやる気がなくなっていた。
私たちは友だちになった。

しかし、彼らはより陰湿に体育倉庫裏で別の特定の方に暴力を振るうようになった。
1度、仲良くなってしまうと、なんだか反抗もする気になれず、すごく複雑な心境で
見ることになった。最初のような殴り合いの衝動はもう失せていた。

明らかに私は卑怯者だった。

今のいじめは明らかに違うのだろう。しかしなんだか、ふと思い出されたので、ともかく
ここに書くことにする。

今のいじめのことで言いたいことはとりあえず、1つ。
見本となる教育者は自殺しちゃいけない。ねえ、校長先生のみなさん。

« 本日のびっくりその2。 | トップページ | そうそうもう1点。 »

コメント

僕は暴れん坊だったけど、いじめはしなかった。いやホントに。
超問題児だったけど、売られたケンカ以外しなかったし。

でも一回、10人くらいに袋叩きにあったなww。縛り上げられて。
でもね、その10人ともその後すぐに仲良くなっ・・・
るわけないですわなww。一人ずつ徹底的にぶちのめしましたw。

でもきっと、そうやってストレス発散してたんだと思うんですよ。
それも一種のコミニュケーション。腹には何も、残らなかったですけどね。

たしかに卑怯かもしれません。
しかし、その卑怯を胸張って批判できる人ってのは、
少ないんじゃないだろうか。
だってそれを止めようとしたら、
次のいじめのターゲットロックオンするのがわかっているんだから。
いじめのおそろしい所は、
いじめてる人間が一瞬にしていじめられる側になるところ。
その逆もある。
だからみんな関わりあいたがらないし、
いじめに加担してしまう。
いじめられたくないから。

そんな実体の無い、見えない「恐怖」があるから、
なかなかいじめって無くならないんだよなぁ…

Firoswiさま。
人それぞれの人生、性格も人それぞれだとは
思うんですが、Firoswiさんやたこすけさんの
昔話をお聞きしてると、すごいなあ・・・と思う
んですよね。もちろん、当時の知り合いはみんな
音信不通です。原因はこれじゃないんですが、
どうも私の交わりは淡きこと水の如しって感じ
ですね・・・。しかしすごいなあ。

たこすけさま。
稚拙な腹の探り合いなんですよね。
だから、誰も何もできないし、下手に動くと
自分がターゲットになってしまう・・・。
一種の社会勉強といってしまえばそれまで
なんですが・・・。

You made some decent points there. I checked on the net to find out more about the issue and found most individuals will go along with your views on this web site.

Very good post.Really thank you! Awesome.

Good post. I am a normal visitor of your website and appreciate you taking the time to maintain the excellent site. I will be a regular visitor for a really long time.

I simply wanted to construct a quick word so as to say thanks to you for all the remarkable recommendations you are placing at this website. My long internet research has at the end of the day been rewarded with brilliant details to talk about with my visitors. I would declare that many of us readers actually are rather endowed to live in a notable place with so many awesome professionals with insightful things. I feel pretty fortunate to have discovered your web page and look forward to so many more brilliant minutes reading here. Thanks a lot again for everything.

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105683/12705183

この記事へのトラックバック一覧です: 昔の話をほじくってみる。:

» ●死なせない為に。 [● PO-SO-RI ●]
.  子供たちの自殺が後を絶たない。  14や15で人生を終えてしまうなんて、何と悲しい事であろうか。  酸いも甘いも、全てこれからじゃないか、と心底思う。  きっとまじめすぎてしまうのだろう。  例え些細な事だったとしても、重く受け止め、受け流すことなくお腹にためてしまう。  それのはけ口がなくて、どんどんどんどんお腹に溜まってちゃって、いつか、パンクしてしまう。  それを「そんな事で・・・」なんて言うのは意味が無いし、  「気にするな、忘れちゃうんだ!..... [続きを読む]

« 本日のびっくりその2。 | トップページ | そうそうもう1点。 »

最近のトラックバック