2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

メインサイト

« ふりがなが読めたんです。 | トップページ | 帝国の逆襲。 »

2006-09-09

まるでSF。

P.K.ディックの『高い城の男』を読んでいるような気にさせられる。
この本は、第二次世界大戦で日本に負けたアメリカを舞台とする。
アメリカで、日本にアメリカが負けたという荒唐無稽な物語を描く
謎の作家を主軸に物語りは展開する。
次第に、日本は本当にアメリカに勝ったのか・・・それとも?といった
混乱が生まれ始め・・・。

ノーム・チョムスキー『覇権か、生存か-アメリカの世界戦略と人類の未来』
集英社新書

現在、読んでいるのはこの本。
起こってきた事象は明らかに符合する。そして今現在の起きている事象も
確かに一致していく。しかし、マスメディアで提示される現実とは明らかに
発生原因や背景がずれている。これはどういうことなのか。
私は一体、どんな世界に住んでいるのか。それがだんだんわからなくなる。
そんな本を読んでいるさなか、また素敵なニュースが発信されている。

<米報告書>イラク旧政権とアルカイダの協力関係否定

(毎日新聞) - 9月9日12時24分更新

なんとなく調べてしまったサダム・フセイン氏のプロフィールで面白かった話。

サッダーム・フセイン-wikipedia
フセインは日本の明治天皇を特に信奉しており、自分の私室にも明治天皇の
肖像画を掲げていた。また、当時イスラム諸国ではテレビは貴重品で、イラク
国内で も殆ど手に入らなかった。それはフセイン元大統領も同じのようで、フ
セインは1991年時でも『日本はアメリカを敵視している』と思い込み、湾岸戦争
勃発 時の際は『日本がイラクと手を結ぶ』と本気で考えていたらしい。結果、終
戦時に日本が欧米諸国に追随していた事を知り、酷く落胆したと言われてい
る。

« ふりがなが読めたんです。 | トップページ | 帝国の逆襲。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105683/11819667

この記事へのトラックバック一覧です: まるでSF。:

« ふりがなが読めたんです。 | トップページ | 帝国の逆襲。 »

最近のトラックバック