2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

メインサイト

« パーキングエリアにて。 | トップページ | 朝から大泉洋。 »

2006-08-20

カポーティと村上春樹

読売新聞8/19 緩話急題-文化部・尾崎真理子
トルーマン・カポーティの『冷血』と村上春樹の『アンダーグラウンド』を重ね、
世田谷一家殺人事件から、1959年の米・カンザス州での農場経営者一家
惨殺事件、地下鉄サリン事件へと話は続く。
『冷血』は1959年の事件に際して隣人、刑事、犯人2人の話を聞き、死刑執行
を見届けて完成させたそうである。カポーティはこの作品以降、長編を一冊も
書けなくなったそうだ。
地下鉄サリン事件の関係者にインタビューを試み続け、『アンダーグラウンド』
と『約束された場所で』を書き上げた村上春樹を小島信夫氏は「カポーティが
乗り移ったような顔」と評したそうだ。彼はそれを乗り越え、その後も作品を
書き続けている。
・・・という風な流れの内容である。

いろいろと思うところがあるが、どうもこの件、陳腐な言葉しか出てこない。
とりあえず、この尾崎さんのコラムには大いに感銘を受けた、ということで。

« パーキングエリアにて。 | トップページ | 朝から大泉洋。 »

コメント

whoah this blog is great i really like reading your posts. Stay up the good paintings! You already know, lots of people are hunting round for this information, you can aid them greatly.

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105683/11520201

この記事へのトラックバック一覧です: カポーティと村上春樹:

« パーキングエリアにて。 | トップページ | 朝から大泉洋。 »

最近のトラックバック