2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

メインサイト

« 10秒チャージ。 | トップページ | 脱クールビズ。 »

2006-08-30

『世界共和国へ―資本=ネーション=国家を超えて』

柄谷行人・岩波新書
滋賀に住んでいた頃に書店で見つけ、気になっていた本。

評論家というものに興味はあったのだが、授業で小林英雄の初期評論集に挫折して以来、全く縁がなかった。しかし、柄谷行人はかねて読みたいと思っていた。
おあつらえむきに新書だし、先日買ってみた。
この本をなぜ出したのか。青臭いことを言うが、危機感だと思う。そして彼は評論家であり、できることは、筆を持つことだ。だから彼は筆をとった。
読んでいて、ときどき虚しくなった。なんだか地に足のつかない言葉に感じられたからだ。しかし彼は彼の精一杯の力で筆をとった気がした。
果たして。彼はあとがきでこう書いた。

「普通の読者が読んで理解できるものにしたいと望んでいた。
というのも、私の考えていることは、アカデミックであるよりも、
緊急かつ切実な問題にかかわっているからだ。」

国のありよう、国家のありよう、経済、そして世界帝国と世界経済と世界共和国。
マルクス、ヘーゲル、プルードン、そしてカント。
平明な言葉で読みやすくも興味深い内容だった。
難しいことを難しく。
簡単なことを簡単に。
当たり前のことだ。
簡単なことを難しくいうのは大した才能ではない。
しかし、難しいことを簡単にできるのは大した能力だし、それができてこその
専門家だと思う。

そういう意味で柄谷行人は優れた人だと思う。

« 10秒チャージ。 | トップページ | 脱クールビズ。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105683/11687591

この記事へのトラックバック一覧です: 『世界共和国へ―資本=ネーション=国家を超えて』:

« 10秒チャージ。 | トップページ | 脱クールビズ。 »

最近のトラックバック