2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

メインサイト

« 改めて考えさせられたのは | トップページ | 日本の空の下、オムレツと歌が流れる »

2006-06-07

車内で。

『遠野物語』柳田國男・角川文庫を読みふける若者を見て、なんとなくうれしくなった。

« 改めて考えさせられたのは | トップページ | 日本の空の下、オムレツと歌が流れる »

コメント

僕もこないだツルゲーネフの「若きウェルテルの悩み」を読んでる青年を見て、
「おお、コヤツやるな・・・」と思いましたですねぇ・・・ww。

orz・・・ゲーテでした・・・。

う~む、それもなかなかやりますね。
ゲーテは『ファウスト』は読みましたけど、
『ウェルテル』はまだ・・・。ましてやツルゲーネフ
なんて、さわったこともないです。
私が読んでたらきっとカバーだけで中身は別です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105683/10425748

この記事へのトラックバック一覧です: 車内で。:

« 改めて考えさせられたのは | トップページ | 日本の空の下、オムレツと歌が流れる »

最近のトラックバック