2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

メインサイト

« 引越し業者。 | トップページ | そして僕らは途方に暮れる。 »

2006-06-25

登美彦氏は『ふたりはいつも』をお読みになる。

たぬきの話をお書きになる。
小説NONに寄稿されている。
『ハチミツとクローバー』もお読みになった。

作家というのも大変なお仕事である。

そう日々、思うsheepはまだ『四畳半神話体系』も読めていない。読まなきゃ。

「この門をくぐる者はすべての高望みを捨てよ」(仮)

« 引越し業者。 | トップページ | そして僕らは途方に暮れる。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105683/10667572

この記事へのトラックバック一覧です: 登美彦氏は『ふたりはいつも』をお読みになる。:

« 引越し業者。 | トップページ | そして僕らは途方に暮れる。 »

最近のトラックバック