2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

メインサイト

« ほっとけない人たちと町。 | トップページ | Lmagazine。 »

2006-06-27

町のこと。

奈良や京都には住処としての魅力を感じない。
閉鎖された空間と歴史。
奈良には死んだ文化、京都は死にかけた文化に取り憑かれている気が
してならない。
学生の頃、大変お世話になった先生のゼミで、こんな講義を受けた。
「例えばsheepくんが死んだとする。33年までは死者として扱われる。
33年後、君は仏になる」いきなり名指しで殺されたインパクトが強すぎて
あまり中身を覚えていないが、確かこんな話である。

奈良は仏になった町で、京都はまだ仏になることのできていない町な
気がする。腐敗臭と生臭さを感じる気がする。

ダンセイニがこれらの町を見たらどう感じるだろう?
奈良は、既に死んでいる。
京都は、狂気に侵されている。
もちろん、私の主観だが。
小津安二郎の映画に出てくる老夫婦のような印象(観たことはない)を
受ける町が私は好きだ。
住むには良いが暮らすには少し不向きな不便さのある町が。
滋賀も長浜あたりは少しそんな趣きがある。草津や栗東にはまだ狂気には
侵されていない若さを感じる。
あくまでどれも主観だが。
これらの感覚を要素に置き換えるのは簡単である。

観光地か生活地か、ビジネス街かと、その規模。
交通の利便性。
歴史の深さ。
自然への手の入れ具合。自然と共存あるいは共栄できているか、
従属しているか、させているか、ないのか。
売り物は過去か、未来か、現在か、ないのか。
取り残されているか、忘れ去られているか、求められているか、
注目されたことがないか。

これらのことが感覚に働きかけ、私は町を感じている気がする。

そんないい加減な発想で奈良や京都を罵倒するのは失礼だとは思うけど、
やっぱり京都や奈良には住みたくないなあ。

« ほっとけない人たちと町。 | トップページ | Lmagazine。 »

コメント

まぁワタクシは京都にあまり行った事がないのでわかりませんが、
暑くて眠れないのはイヤですので京都はイヤかも。
沖縄よりも暑いトコっていう噂だし。

僕は・・・観光客が押し寄せるような街は嫌かもですねぇ。
自分の街を物珍しそうに眺められるってのは、何か微妙かと。

奈良は地域によって住みやすさに雲泥の差があります。
個人的な感触では近鉄沿線よりもJR大和路線沿線のほうがのどかで観光地ナイズされてなく住みやすいと思います。
斑鳩とかなら観光地でも駅は快速が止まるわりに質素で古い商店街が残り、土地も平らで地域が子供を大切にしてくれるようです。
同じ中和でも事件のあった街を含む磯城郡や桜井市あたりは自治体の財政が慢性的に厳しいのか町もあまり魅力的ではありません。奈良県のイタさを最も露呈している地域かも。
奈良県とは言っても私の住んでいたのは学園前というところで、奈良でも所謂「セレブ層」が住むらしく(ウチの実家のようなスラム街もありますが)、駅ひとつとっても奈良よりも神戸にテイストを似せ、実際観光地もなければ古い地元民もいないニュータウンです。「奈良府民」と揶揄される人たちの地域で実際北摂や宝塚あたりから来た人間が大半です。
奈良に限らず兵庫の三田や西神、滋賀でもあるでしょうが、ニュータウンは基本的にお勧めしません。生活臭を否定した気分が悪くなるような町並みが多すぎます。まだ京都や奈良の市街地に住むほうがずっとましです。
そういえば少年犯罪の元祖「酒鬼薔薇」は西神の子でしたっけ。

私が今のところ以外で住むなら日生(ひなせ)のような瀬戸内の田舎がいいです。ポカポカで。

ちなみに奈良は旧市街を歩いても観光客に呑まれることはほとんどないですよ。むしろ滋賀のほうが集客は多いのでは?観光都市とか言っといてこれでいいのか奈良(-_-;)

たこすけさま。
京都は、うちの大学周辺だけでいいますと、
北海道から来た学生が、寒いといい、沖縄から
来た学生が暑いといってるらしいです。
まあ、市内とはいえ、とても市内とはいえない
地帯ですけど。底冷えと蒸し暑さは尋常じゃない
です。

Firoswiさま。
京都に住んでいた時期は、夏や、紅葉、花見の
時期は観光客が人口のほとんどをしめているように
見えました。
物珍しそうに見られるのは、自分も流入者でした
ので、違和感なかったですけど、ともかく電車や
道の混雑振りは異常です。職場である今も、
はっきりいって、観光シーズンの混雑には慣れ
ないです。

Bergaさま。
なるほど、地域性よりかは新興住宅地かどうか
も問題ですね。私はマンション暮らしが多いので、
あまりいわゆる新興住宅街に住むよりも、マンション
内部で済んじゃうような関係に慣れっこでした。
前は京都に住んでましたので、滋賀の観光客という
ものは、よほどの名所にでも行かないとお目には
かかれない気もしますが、奈良。
私は奈良に大手企業がいる印象がないのですが、
観光客も少ないとなると・・・何で、県は飯を食うの
でしょうか・・・。

奈良には大企業の工場は幾つかありますが、企業そのものはこれといってありません。近鉄の社長が住んでいるのでそれの関連施設はちらほらありますが。
ということで、間違いなく県内では食えません。食えないので大人は大阪に出稼ぎに行き(といっても30分で出られますが)、子供は外の大きな会社に就職できるように小さい頃から受験勉強に駆り立てられます。時給が安すぎて割に合わないのでバイト率も低いですね。
ひたすら勉強して耐え忍ぶか、ドロップアウトして京都か大阪へ出奔するか。

事件の背景が少し見えてきましたでしょうか。

なるほど。

しかし、なんというか。どこでも起こりえたということが
すごく想像できます。あの事件。

Well I really enjoyed studying it. This tip procured by you is very constructive for accurate planning.

Excellent post however , I was wanting to know if you could write a litte more on this subject? I’d be very grateful if you could elaborate a little bit more. Bless you!

What’s up, this weekend is good for me, since this occasion i am reading this enormous educational article here at my house.

Really loved your blog post. Thank you Once again. Excellent.

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105683/10701879

この記事へのトラックバック一覧です: 町のこと。:

« ほっとけない人たちと町。 | トップページ | Lmagazine。 »

最近のトラックバック