2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

メインサイト

« 地元学シンポジウム2006 みんなのくらし語り | トップページ | 京都駅の売店で。 »

2006-05-18

銀のエンゼル/鈴井貴之

う〜ん…
なんだかぼやけた映画だった。
鈴井さん自身、ある種ぼやけた人だと思うし、主演の小日向文世もなんだか
ぼやけた人だし。

ローソンという舞台だけが妙に目立って、あとはなんだかみんな煮え切らない。

一人、大泉洋だけが気を吐く、と。

途中、大泉洋が小日向さんを発奮させるシーンがあるが、なんだかあれは
まるで水曜どうでしょうの鈴井・大泉ペアの様な感じがしたが、単にそれは
大泉洋だからかもしれない。
奇妙な客ばかりのローソンだとか、主演が小日向さんだとか、山口もえの
まじめな姿ははじめて見たけどなかなか良かっただとか、西島秀俊は
かっこよかったとか、なかなかにいい感じではあったが、やはりぼやけてたなあ。

大泉洋だけを見るとman-holeの役の方が私は好きだ。

« 地元学シンポジウム2006 みんなのくらし語り | トップページ | 京都駅の売店で。 »

コメント

ついつい鈴井&大泉コンビでものを考えてしまうんでしょうね。
刷り込みというかインパクト強すぎですし。

個人的には藤村Dの「いやいやいやいや~」が好きですが。

「じゃじゃじゃ、じゃあ!」とかね。藤村Dって、なんで
あんななんでしょう!

鈴井さんにしてみりゃどうでしょうの呪いみたいなもの
なんでしょうけど、オリコン1位をとっちゃうシリーズです
からねえ!クリエイター・鈴井貴之には本当にもうしわけ
ないんですけど・・・ね。つい見ちゃいますそうやって。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105683/10123095

この記事へのトラックバック一覧です: 銀のエンゼル/鈴井貴之:

« 地元学シンポジウム2006 みんなのくらし語り | トップページ | 京都駅の売店で。 »

最近のトラックバック