2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

メインサイト

« CSRに関するメモ。 | トップページ | たしかに、愛車まなみ号。 »

2006-05-24

ブラックバスを食べるか否か。

中谷豪さんの鯵、環境民俗学ヲ嗜ムを読んでて考えた。
この間、下関見聞録のたこすけさんにお会いした際、氏は
海に大変近いので、川魚をお食べになられたことがほとんどない、
とお聞きした。
かつて京都には鯖街道があった。北陸地方で捕った鯖をはるばる
京都まで売りに来た道である。京都の人間にとって、海の魚という
ものは大変めずらしいものであっただろうし、自然、魚といえば川魚が
主となる。
逆に海の魚を普通に食べられる現代であれば無理して淡水魚を食べる
必要もない。生で食べるには寄生虫の心配が出てくるし、特有の臭みも
ある。私は鮎が好きで年に1、2回は食べておかないとさびしいものが
あるが、それとて別にどうしても食べたいものでもない。選り好みしなければ
海の魚の方が安いし、手軽に食べられる。その海水魚すら、手間の問題
から家庭料理では敬遠されがちである。
また、鮎の塩焼きは季節のものである。鰻もまた、食文化に定着した。
わかさぎや鯉のあらいや、鮒鮨も文化として成立できている。
しかし、食材があふれてる現代社会で、新たに一手間必要な食材が
果たして受け入れられるかというとはなはだ疑問だ。
では私はブラックバスが店頭にあったら買うか、と聞かれたら、一度買って
みたいと思う。
オリーブオイル、にんにく、しょうが、トマト缶、茸と一緒に圧力鍋で蒸し煮した
らうまそうだ。まあ何度も買うかはわからないが、いくつか料理を試してみたい。

ということで。

どんとこいブラックバス。

ブラックバスが食文化の範疇にいたなら・・・

ブラックバス-Wikipedia

« CSRに関するメモ。 | トップページ | たしかに、愛車まなみ号。 »

コメント

ん~~と、確か西大○のジャスコかどっかで売ってたんじゃなかろうか?
記憶が確かならね。
意外と食べやすいらしく、O市では給食にも出たとか聞いた気もする。
たしか、フライだったかな?

○市ってどこだろう?O津市かなあ?
サイズによるけど、フライでタルタルソース
つけて食べるとうまそうよね。それはそれで。
余ってるんだし、売ってくれんかなあ。
余ってるから経済として成り立たないのか。

まぁスズキの仲間なので、
魚肉は本当は淡白なんでしょうが、
やはり川の匂いが付くというか…
しかしフライとかにしたら案外イケるかも。

鯖街道のお話は、
一緒に飲んだときに楽しく聞かせていただきました。

いや~、
ワタクシのトコは海産物が豊富で、よかったなぁ。

私もブラックバス食べたことはないので、クセがどの
程度あるのかどうかが気になるところです。
鯖街道のお話はついつい出しちゃうんですよね。
京都の地形の説明に便利なので。
またぜひそんな与太話を呑みながらさせて下さい。

私も海辺に一度は住んでみたいです。
おいしい魚を毎日食べた~い。

塩焼きも上手かったですよ。

お!さすがは豪さん。そうですか、塩焼きも・・・。
オオクチバスの方ですか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105683/10221639

この記事へのトラックバック一覧です: ブラックバスを食べるか否か。:

« CSRに関するメモ。 | トップページ | たしかに、愛車まなみ号。 »

最近のトラックバック