2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

メインサイト

« 画期的ではあるけれど。 | トップページ | サントリー「それから」は大西ユカリだったのか。 »

2006-05-12

案の定というか。

発展途上国が先進国を手本として、同じだけの利益を確保したいという
思いはとてもうなずける。
小耳に挟んだ話では、日本の企業が中国に最新鋭の環境技術を売り込もう
としたら、中国側は、日本の公害脱却の成功の秘訣を知りたがったという
話があった。
温暖化防止は先進国の義務のような感じだが、いかに中国・インド・ブラジル
のような21世紀現在の世界の主役たちを取り込んでいくか、真剣に考えて
いる・・・のだろうか?

<CO2排出量>中国33%、インド57%急増 世銀まとめ
(毎日新聞) - 5月11日12時25分更新

« 画期的ではあるけれど。 | トップページ | サントリー「それから」は大西ユカリだったのか。 »

コメント

中国もインドも、
人口が半端じゃないから、
便利さの享受には、
大量のエネルギー消費が伴うだろうし…

でも、1人1人は同じ人間なわけで。
厄介な問題ですよね・・・。
逆にインドや中国が今の欧米のように
いわゆる「先進国」だったら、今の地球は
もっとひどい環境破壊が進んでたでしょうね。
財政的にも技術的にも豊かな国(日本も含め)
が、支援して、できる限り早くこの両国のフォロー
をちゃんとしなければならないですね(と人事の
ように)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105683/10031637

この記事へのトラックバック一覧です: 案の定というか。:

» CO2排出量、中国33%、インド57%急増 [鯵、環境民俗学ヲ嗜ム]
だからこそ、南の国々のCO2排出量の増大を認めるわけがないだろうし、それを抑制する手段を講じるよう圧力をかけるのではないだろうか。 [続きを読む]

« 画期的ではあるけれど。 | トップページ | サントリー「それから」は大西ユカリだったのか。 »

最近のトラックバック